1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

15 2011

続・「すれちがい伝説」攻略法(勇者の攻撃編)

8月11日よりニンテンドー3DSが値下げ!
1万円安くなった事でこれを期に購入された方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

3DSには内蔵ソフトが幾つかあります。
その中の1つ「すれちがいMii広場」は登録したMiiをすれちがい通信で交流させられるものですが、オマケ要素として「ピース集めの旅」「すれちがい伝説」なるものがあります。

3ds_126.jpg


「すれちがい伝説」を攻略していくと、交流させるMiiに様々な帽子を被せる事が出来ます。
"攻略"には必ずコツがあるわけで、以前攻略法をまとめた(リンクはこちら)のですが、あれから通算5周クリアし(帽子のコンプリート自体は2周で完了すると思います)、その後発見した事もありますので、今回再び攻略法を紹介させて頂きます。

前回と内容が重複している箇所もありますが、ほぼ「完全版」とも言える様に中身を充実させてみました。
是非とも参考にして頂ければと思います。

今回は基礎知識として、こちら側(勇者)の攻撃手段について紹介します。
(以下、ネタバレを含みます。)
攻撃の威力は各勇者のレベルによって異なり、レベルはMiiがすれちがった回数で決まります。
例えば初めてすれちがったMiiはレベル1ですが、3回すれちがったMiiのレベルは3になります。
調査したした限りではレベルは7が上限です。

3ds_130.jpg


続いて攻撃方法を。
各勇者は「剣」と「まほう」の2種類から選択します。

3ds_147.jpg


また、「あとで」によって列の最後尾に回す事も出来ます。
これは同じ勇者でも何度も後回し可能です。
意外と攻撃する順番が大事なので上手に使いましょう。


「剣」は自分のレベルと同じ数値のダメージを与える事が出来ます。
基本的に勇者はこの方法で戦います。
攻撃回数は3回。
攻撃を外す場合もあれば、まれに3倍のダメージを与える場合もあります。

3ds_150.jpg



「まほう」はMii作成時に設定した「好きな色」が反映され、各色によって効果が異なります。
選択出来る色は全部で12種類
ここからは各魔法の効果を詳しく見ていきます。

3ds_125.jpg


は炎と水の攻撃魔法
剣との違いは、攻撃回数は1回だけですがダメージはレベルの数値の2倍で、更に複数の敵に有効です。

3ds_136.jpg


剣での攻撃が難しい敵も存在しますので、貴重な攻撃魔法も備えた赤と青の勇者はは万能選手でしょう。
以前自分のMii広場を対象に行なった国勢調査(リンクはこちら)を参考にすると、好きな色を赤(102人/500)や青(82人/500)にしている人は結構多いと思います。


オレンジピンクはどちらもステータスアップの魔法です。

オレンジ勇者たちのやる気をアップさせます。

3ds_141.jpg


使用すると背景がオレンジ色に。

3ds_142.jpg


この状態になると、剣での攻撃回数が1回増えます。

3ds_143.jpg


魔法攻撃には影響がありませんが、剣で攻撃する勇者が多ければ、その前にこの魔法を使っておきましょう。

ピンク勇者たちを興奮させます。

3ds_144.jpg


使用すると今度は背景がピンク色に。

3ds_145.jpg


この状態になると、命中率は下がりますが、当たれば3倍のダメージを与えます。

この魔法の有効な使い道は、例えば鎧(防御力1)の敵に対してレベル1の勇者は剣でのダメージを与える事が出来ません。
どうせ当たってもダメージが0なので、ピンクの魔法でダメージ2(ダメージ3-防御力1)を狙うといった感じです。

3ds_146.jpg


注意が必要なのは、このオレンジとピンクの魔法は重ねる事が出来ません。
常に後に出した魔法の効果に変わります。


黄緑水色は相手を凍らせたり眠らせたりする魔法。

3ds_139.jpg


この2つの魔法は見た目が異なるだけで、根本的な違いは見られませんでした。

3ds_138.jpg


相手がこの状態になると、次に剣で攻撃する勇者は、この状態が解けるまで攻撃し続けられます。
2体に魔法をかけた場合は、片方を攻撃して魔法が解けてももう一方は効果が継続したままです。

3ds_140.jpg


魔法(赤/青)は変わらず1回で、たとえ攻撃しても相手の状態は変わりません。
あくまで剣での攻撃限定の魔法です。

つまり後の勇者が赤/青ばかりで、魔法しか使わないのであれば、この魔法は意味がありません。
この魔法の後に攻撃する勇者は攻撃力(レベル)の高い勇者だとより効果的です。

この2つの魔法は重ねる(凍らせてかつ眠らせる)事は出来ません。


は直後にいる勇者のレベルを上げる魔法。

3ds_148.jpg


ですから、この魔法を使用する際にはかならず直後にいる勇者を確認して下さい。
オレンジや黄緑の様な補助魔法を使う勇者のレベルを上げても何の効果もありません。
剣でも魔法でも構いませんが、必ず攻撃をする勇者のレベルを上げましょう。

順番はすれちがった順番通りで、冒険を始める時にも下の写真の様に順番が確認出来ます。
後ろの勇者が分からない場合は「あとで」コマンドを上手く利用しましょう。

3ds_127.jpg


上がる数値はその勇者のレベルの2倍。
レベル1なら2ですが、レベル3なら6までアップするわけで、レベルアップさせる勇者はなるべくレベルの高い勇者にした方がより効果的です。
しかし、レベルの上限が7ですから、レベル4でも6でも7止まりなのは要注意。
ですので、レベル3か4の勇者に使うのが効果的だと思います。

3ds_149.jpg


注意点として、一時的なレベルアップはその時のみ有効。
一度順番を後ろに戻したりすると効果が切れてしまいます。
レベルを上げたらその時に攻撃してしまいましょう。


は敵に毒を与える魔法。

3ds_133.jpg


自分の攻撃のターンだけでなく、その後の勇者の攻撃の後にもずっと1のダメージを与え続けます。

3ds_134.jpg


1人だけだとダメージは1だけですが、勇者が10人いて先頭でこの魔法を使えば10のダメージを与えられるので、必ず勇者を10人連れてかつ最初は紫に攻撃させる事をオススメします。

すれちがい通信の人数が10人に満たない場合でもタイトル画面の「勇者をやとう」でゲームコイン2枚で犬の勇者を1人雇えるので、これを利用して下さい。
ちなみにゲームコインは300枚が上限です。

3ds_137.jpg


何人も要らないですが、1人居てくれるとありがたい存在です。


は明かりを灯す魔法。

3ds_131.jpg

基本的には何の効果もありません…。

3ds_132.jpg


黄色はそれぞれ砂嵐や辺りを暗くして命中率を下げる魔法。
命中率が下がると敵の攻撃を交わして更に攻撃出来る可能性があります。
ただし、攻撃するこちらの命中率も悪くなるのであまり有効な手段とは思えません。

3ds_135.jpg


ちなみに、背景の色が変わるオレンジやピンクの魔法を使うとこの状態は元に戻ります。
加えて黒の場合は白の魔法でも戻ります。
この魔法に関しては効果的な使い道を見出せませんでした。
もしかしてハズレ魔法?


先述のMii国勢調査(リンクはこちら)では一番少なかったの魔法はウサギの勇者を呼び出します。

3ds_128.jpg


使い方としては、その勇者では太刀打ち出来ない場合(例:攻撃魔法のみ有効の敵)にウサギ勇者を呼び、対処出来る勇者(この場合だと赤or青)が出ればラッキーとするのが効果的でしょう。

レベルもランダムですし、ややギャンブル要素を含んだ魔法です。
正直あまり使い道はないかもしれません…。
ちなみにウサギ勇者も茶色なら、そのウサギ勇者も更に次のウサギ勇者を呼べます。

3ds_129.jpg


- - - - -


以上が勇者の攻撃に関する基礎知識です。
攻撃する順番や魔法を上手く工夫するとかなり効率良くダメージを与えられます。

ところが、これを知っているだけでは全てのゴーストに対応出来ません。
一部例外なパターンなんかも存在します。
次回は実践編として、敵(ゴースト)への対処法を見ていきたいと思います。

リンク:《続・「すれちがい伝説」攻略法(敵との戦闘編)》
関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

おいllgぃ  

kぐlkglぐy

2012/02/11 (Sat) 17:51 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/04/10 (Tue) 15:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment