1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

14 2011

ニンテンドー3DS予約しようかな

発売まで1ヶ月少しにまで迫ってきたニンテンドー3DS。
幕張メッセでの体験会も終了し、色々と情報が明らかに。

幾つかのタイトルでは発売日もアナウンスされました。

3DSのローンチタイトルは以下の8タイトル。

・「Winning Eleven 3DSoccer」(KONAMI)/5800円(税込)
・「Combat of Giants: Dinosaurs 3D」(ユービーアイソフト)/5040円(税込)
・「スーパーストリートファイターIV 3D EDITION」(カプコン)/4800円(税込)
・「戦国無双 Chronicles」(コーエーテクモゲームス)/6090円(税込)
・「とびだす!パズルボブル 3D」(スクウェア・エニックス)/4980円(税込)
・「nintendogs+cats」(任天堂)/4800円(税込)
・「リッジレーサー 3D」(バンダイナムコゲームス)/6090円(税込)
・「レイトン教授と奇跡の仮面」(レベルファイブ)/5980円(税込)

ちなみにニンテンドーDSの時は12タイトル、Wiiの時は16タイトルでした。

3月には16タイトルが予定されている様です。

なかなか粒揃いではありますが、任天堂から近日発売が予定されているのはローンチの「nintendogs+cats」と3月予定の「スティールダイバー」の2タイトルのみ。
体験会でも多くの注目が集まった「パルテナの鏡」や「時のオカリナ」はもう少し後の様です。

任天堂は過去にローンチタイトルとして「マリオ64DS」や「トワイライトプリンセス(Wii)」等ビッグタイトルを含む数本をリリースしていた事を考えると少々物足りなくも感じます。

しかしこの配分はなかなか絶妙なのかもしれませんね。

DSが発売された当初は想像以上の大ヒットで、ハードが品薄状態。
この大盛況ぶりはDSLite発売まで長きに渡り続きました。

それだけ大ヒットしたDSの後継機なわけですから、当然需要は大きいでしょう。
そこにビッグタイトルを持ってきてしまうと…。
ローンチタイトル発表で発売日購入を見送った方もいらっしゃるのではと思います。

それでも当分は手に入りにくい状態が続く気がしますが。
3月までに150万台を出荷とのニュースもありましたが、これって多いのか少ないのか。

大手量販店では来週20日から予約開始するところが幾つかある様です。
自分も予約しようか悩んでいます。
iPhone4みたいにその日で予約終了されたらイヤだなぁ。

大阪では明後日に開催される「次世代ワールドホビーフェア」で3DSを体験できるそうなのですが、3DSオンリーのイベントじゃないから展示台数も少なそうだし、その割に人が多くて物凄く並ぶことになりそうだから諦めようと思います。
裸眼3DはSH-03Cとか003SHで体感したからいいかな。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment