1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

23 2011

「実際の仕様とは異なる場合があります。」

本日は「GALAXY S Ⅱ(SC-02C)」の発売日。そして明日は「MEDIAS WP(N-06C)」や、auの「Xperia acro(IS11S)」等が発売されます。
各キャリアの夏モデル端末が続々とリリースされていますね。

さて、「GALAXY S Ⅱ」「MEDIAS WP」「Xperia acro」の3機種について以前ハード面での話題を書きましたが、その続報を。

「GALAXY S Ⅱ」ですが、ドコモスマートフォンラウンジ梅田にて展示されていたデモ機の背面はやはりグローバル版でした。

splounge016.jpg
背面がザラザラしています。
個人的にはこっちの方が好みでした。


docomo_2011_summer_sc02c_008.jpg
ドコモから販売されているものは背面がツルツルした感じ。
GALAXY S(SC-02B)の質感に似ています。


そして、「MEDIAS WP」前面のホームやメニューのアイコン周りの処理が異なっていて、スマートフォンラウンジ梅田に展示されているのが仕様変更"後"のものかと思っていたのですが、実際はおそらく仕様変更"前"のものだったのでしょう。
カタログや最近置かれたデモ機では、内覧会と同じ仕様のものでした。

docomo_2011_summer_n06c_008.jpg docomo_2011_summer_n06c_009.jpg
左が内覧会で、右がスマートフォンラウンジで撮影したもの。
時系列的にスマートフォンラウンジのが仕様変更"後"と思っていました(汗)。


そしてそして、「Xperia acro」microUSBの差込口の基板の位置が展示されているデモ機によって異なっていたのも、スマートフォンラウンジ梅田で展示しているものが仕様変更"前"のものみたいです。

xperiaacro_007.jpg
実際は上の写真の様に、arcとは反対側に基板があるみたいです。
わざわざ変更したのは機能追加による配線の関係でしょうかね。


つまり、スマートフォンラウンジ梅田で展示されているデモ機はハード面においても仕様変更の可能性があるものが展示されているわけです。
スマートフォンラウンジは発売前のスマートフォンを体験できる場で、あくまで"デモ機"ですから、こういったことも十分起こりえます。

それでも、デモ機ってF-12Cのロック画面が変更されていた様に、ソフト面での仕様変更はあるだろうけど、ハード面ではそんなに大きく変わらないだろうと勝手に思い込んでいた自分は少し驚きでした。特に今回は3機種もあったわけですから。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment