1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

12 2011

「Xperia acro(SO-02C/IS11S)」の謎

最近ブログ用にarcで写真を撮りまくっているのですが、沢山あり過ぎて整理出来ません(泣)。
写真管理アプリを探さないといけませんね…。

でもって、先月に行った内覧会の写真を改めて見ていたら"ある事"が気になりました。
まずは以前にアップしたXperia acro(SO-02C)の2つの写真を見て下さい。

docomo_2011_summer_so02c_005.jpg docomo_2011_summer_so02c_008.jpg

何かに気付かないでしょうか…。

L字状ケーブルの挿し方が異なっているんです!

今回はこの謎を少し掘り下げてみます。
これに気付いたのが内覧会終了後だったので検証出来なかったのですが、最近になってスマートフォンラウンジが梅田にオープンし、BIGMAN前広場でスマートフォンイベントに参加し、そしてソニーストアではドコモ版(SO-02C)だけではなくau版(IS11S)も先行展示されていたので見に行ってきました。

上記の現象が起こる要因として考えられるのは「acroに付属するmicroUSBケーブルのL字型の形が異なる」か「acroの差込口の形状が異なる」かの2点だと思われます。

arcの場合は写真の様に、ケーブルと接触する基板(?)が端末の背面側に存在します。

xperiaarc_089_40.jpg
ややピンぼけしてますが、差込口の真ん中からやや下(背面側)に基板があります。


xperiaarc_029_40.jpg
ケーブルを挿すとこうなります。
反対には挿せません。


で、acroはどうなっているか見てみたら、スマートフォンラウンジ全ての端末(3台)とBIGMAN前広場で自分が触れた端末(3台の内2台)がarcと同じ形状でした。

xperiaacro_004.jpg
スマートフォンラウンジ梅田で撮影。


xperiaacro_003.jpg
BIGMAN前広場で行われたイベントで撮影。


まぁ、arcをベースにしているんだから同じだよね、と思っていたら事態が急展開。
ソニーストアに展示されていたacroで、基板が液晶側にある端末を確認しました。

xperiaacro_007.jpg
ソニーストア大阪で撮影。


xperiaacro_001.jpg
au版(IS11S)も逆になっています。


xperiaacro_002.jpg
つまり、arcに同梱されているケーブルを挿そうとすると、こっち向きになっちゃいます。


それだけではなく、ソニーストアで展示されている端末に挿しているmicroUSBケーブルも2種類存在するのを確認しました。

xperiaacro_005.jpg
ちなみにarc同梱と同じ形状は下側(親指で持っている)の方です。


更にややこしいのは、IS11Sに関しては展示されている3台共この形状(arcと逆)になっていましたが、SO-02Cはアクアのみこの形状だったんです。

xperiaacro_006.jpg
先程のケーブルを挿したところ。
SO-02Cに関しては、ホワイトとブラックはarcと同じ形状でした。
まさか色別で異なるなんて事は無さそうだし、どっちが仕様なんでしょう。


つまりIS11Sはarcと逆なのが仕様かもしれません(arcと同じ形状の端末を見ていない)。
しかし、SO-02Cは同じのもあれば逆のもある混沌とした状態…。

フツーに考えればarcをベースに作っているのだから、わざわざ逆にする必要はないはずです。
それをわざわざ逆にしているのだから、逆なのがacroの仕様かもしれません。
しかし、逆にした理由がよく分からないだけに腑に落ちません。
arcと同じ形状のものも存在するのだから、"設計上"という理由は当てはまらない様な…。

ケーブルもacroに同梱されるのはどちらなのか…。
arcの様に上へ伸びているのなら良いのですが。
下に伸びるとワンセグアンテナが引き出しにくいし、音量キーは押しにくいですからね。

真相は分かりませんが、少なくとも同じ機種なのに形状が異なる端末があり、ケーブルも2種類あったのは事実です。

結局、この謎についてはまだ謎のまま。お手上げです…。
真相はacroが発売すれば分かるはずなので、それまで待ちたいと思います。

(追記:「実際の仕様とは異なる場合があります。」
関連記事
スポンサーサイト



4 Comments

ミリュウ  

初めまして!ツイッターから来ました^^
展示されてるacroの実機の中には、開発モデルのものと、正規モデルのものがあるそうです。
開発モデルのものは、バージョン2.3.2を採用していて、モデル番号がbavtb22882、
正規モデルはバージョン2.3.3を採用していて、モデル番号SO-02Cとなっているそうです。
ちなみに、その紹介をなされてたブログの写真を見ると、正規モデルはコードが上、開発モデルは下になってました。
おそらく配線の関係で開発途中で変更が入ったものだと思います。
きっと発売されるモデルは、逆になるのではないかと思ってます。来るのが楽しみですね。

2011/06/13 (Mon) 00:08 | EDIT | REPLY |   

RSS media  

初めまして。Twitterからです。
arcはおサイフ非対応
acroはおサイフ対応
この辺りで違いが出たのではないでしょうか。
おサイフ機能のための仕組みが背面に追加されたため、基盤が画面側に配置されたと考えると自然です。

2011/06/13 (Mon) 15:16 | EDIT | REPLY |   

管理人・ヒロナ  

>ミリュウ さん
詳細な情報ありがとうございます!
バージョンも見ておけば良かったですね…。
やはり「acroは逆に配置されていて、その為にケーブルもacro用のが必要になった」と考えるのが一番説明がつきそうですね。

2011/06/13 (Mon) 21:43 | EDIT | REPLY |   

管理人・ヒロナ  

>RSS media さん
コメントありがとうございます。
確かに今まで触ってきたデモ機はワンセグは機能していましたが、おサイフに関しては未確認だったので、その可能性もありそうです。
メーカーの方々の試行錯誤が伺える一面かもしれませんね。

2011/06/13 (Mon) 21:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment