1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

05 2011

ドコモスマートフォン2011夏モデルの内蔵ストレージ一覧

昨日と今日の2日間、阪急梅田駅のBIGMAN広場前にて、ドコモ夏モデル新機種の体験イベントが行われていました。

ここでは、フィーチャーフォンも各1台ずつながらもあったり、現在梅田のスマートフォンラウンジでもまだ展示されていないP-07CF-12Cも展示されていました。

docomo_2011_summer_022.jpg


arcを使用してから、Android端末の新モデルが出ると気になってしまうのが内蔵ストレージの容量です。
公式に発表されているスペックがありますが、アプリを入れられる容量(ユーザー領域)はまた異なるのです。

このブログでは何度か触れましたが、arcはROM容量が1GBとなっていますが、ユーザー領域は380MB
更に削除不可能なプリインアプリを差し引くと280MBしかありません(泣)。

xperiaarcss036_50.jpg


OS2.2以降はSDカードへ移動が可能となりましたが、対応しているアプリが少ないのと、移動したアプリはウィジェットが使えないので、やりくりに困ります。


夏モデルの端末の容量はどうなっているのか、先日の内覧会や今回のイベントで調べてきました。

調査したのは「内蔵ストレージ(一部名称が異なる機種も)」と、ついでに「RAM」も。
対象機種は夏モデルのAndroid端末の内、「AQUOS PHONE f(SH-13C)」を除く7機種です。
尚、端末にはGoogleアカウントが登録されていなかったので、使用容量はプリインアプリによるもので、こちらも参考にして頂ければと思います。

後は、おまけとして"容量"繋がりでバッテリー容量も併記しておきます。

全機種OSが2.3なのですが、2.3からの追加要素であるアプリケーション管理画面で画面下部に使用容量/空き容量が簡単に確認出来るのは便利です。
AQUOS PHONE(SH-12C)

以前のレビューでも触れた通り、ROM容量が1GB以上あるのはありがたいですね。

バッテリー容量は1,240mAh
シャープ製端末って大抵バッテリー容量は少ない印象があります。

sh-12c_011s.jpg sh-12c_012s.jpg


Xperia acro(SO-02C)

arcをベースに作られているので、容量もほぼ同等。
しかし国内仕様を追加したのに、初めから占められている容量が100MBで、arcとあまり変わらないのは優秀かも。特にワンセグだけで6MB使っていますからね。

バッテリー容量もこれまたarc同様で1,500mAh

docomo_2011_summer_so02c_012.jpg


docomo_2011_summer_so02c_013.jpg


GALAXY S Ⅱ(SC-02C)

「GALAXY S」と同様にこちらも容量は最大クラス
アプリを沢山ダウンロードしたいor既にアプリがいっぱいで機種変したい方にとっては、筆頭の選択肢です。

バッテリー容量は1,650mAh
「GALAXY S」の1,500mAhからアップし、7機種の中で一番容量が大きいです。

docomo_2011_summer_sc02c_013.jpg


docomo_2011_summer_sc02c_014.jpg


Optimus bright(L-07C)

こちらも1GB超えの優秀な端末。
ただ、過去のイベントを見る限り、注目度は低かったです…。

バッテリー容量は1,500mAh

docomo_2011_summer_l07c_007.jpg


docomo_2011_summer_l07c_008.jpg


MEDIAS WP(N-06C)

「MEDIAS(N-04C)」の内蔵ストレージは約400MBですが、こちらも同等ですね。

バッテリー容量も1,230mAhと同様でした。
7機種の中で一番小さい容量ですが、端末の薄さを考えると仕方ないでしょうね。

docomo_2011_summer_n06c_010.jpg


docomo_2011_summer_n06c_011.jpg


P-07C

端末名は無いものの、内覧会での各メーカーのプレゼンで担当の方が型番とセットで「マイ・ファースト・スマートフォン」と連呼していたのが印象的だった、パナソニック初のAndroid端末ですが、7機種の中で一番容量が少なかったです。
この機種は発売までまだ日があるのですが、この辺は改良される事ってないですよねぇ…。

バッテリー容量は1,400mAh
端末サイズが大きいだけにもう少しあってもなぁってのが素直な感想です。

docomo_2011_summer_p07c_010.jpg


docomo_2011_summer_p07c_011.jpg


F-12C

"F"としては初となる"富士通東芝"製のAndroid端末。
内覧会で触った時にメーカーの方から「まだ開発途中」と言われたので、もしかすると7機種の中では最も発売が遅いかもしれないです。

バッテリー容量は1,460mAh

docomo_2011_summer_f12c_007.jpg


docomo_2011_summer_f12c_008.jpg


-----

ちなみに本日、先述のイベントに参加した目的はF-12Cの写真を撮りに行くためでした。
内覧会でこの機種だけ撮影し忘れていたんです。
よりによって、発売まで遠いからラウンジにすら展示されていない機種のを撮り忘れるとは…。
しかし、イベントのおかげでアップする事が出来ました!
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment