1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

11 2018

日本限定の青いアンカー 「リミテッドカラー アンカーリンクス ブルー」購入レビュー

スリングバックバックパックキャプチャーなどなど今年に入ってから自分がカメラアクセサリーを次々と購入しているピークデザイン製品ですが、同社を初めて知ったきっかけはストラップが手軽に付け外しできる「アンカー」の存在からでした。
そしてα7 IIIではソニー純正のストラップは使わず、「スライド ライト」を愛用しています

そんなアンカーの限定カラーモデルが登場しました。
日本で同社製品を取り扱っている銀一株式会社60周年を記念してロゴカラーのブルーが採用されています。

今月1日から日本限定で販売
限定モノに弱い自分も飛び付いて翌日早々に入手しましたw

camera_161.jpg
赤から青に







こちらの商品、限定モノではありますが定価は通常のものと変わりません。(税込2,916円)
銀一オンラインショップでは既に品切れということもあってか、ネットでは販売価格が高騰しているところもあるのでご注意ください。

しかし多少は異なる場合はあって、自分が購入したヨドバシでも通常版は税込2,890円、リミテッドカラーは税込2,910円と20円だけ差がありました。

ちなみに通常版の型番は「AL-4」で、リミテッドカラーの型番は「AL-4-G」。
”G”は銀一を示しているのでしょうか。


パッケージ裏面の説明には銀一60周年に関する記述が書かれています。

camera_162.jpg



ピークデザイン製品の多くはパッケージをこのように開けて製品が確認できる作りになっています。
ただし、こちらから商品を取り出すことはできません。

camera_163.jpg



底から開けていくわけですが、中の台紙には簡単な取り扱い説明があるのもピークデザイン製品の特徴です。

camera_164.jpg


アンカーは最新バージョンである第4世代”V4”が4つ付属しています。

アンカーに加えて、ハウジングも2つ同梱されています。
ピークデザインの「スライド」シリーズは長さ調整がしやすくオススメですが、このハウジングを使えばメーカー純正のものやお気に入りのストラップを使用することが可能です。

個人的には「スライド ライト」を使っているのでハウジングは不要なのですが、アンカー単品での販売はないのでこちらを選ばざるを得ませんでした。

その他には毎度おなじみのピークデザインステッカーも入っています。

camera_165.jpg



今回ブルーのアンカーリンクスを購入したのは限定モノだからという以外にも理由があります。
現在最も使用しているレンズがカールツァイス「Batis2/25」なので、カールツァイスの青いロゴに合わせたかったのです。

それに「スライド ライト(カラー:アッシュ)」にも青がアクセントとして使われているので、こちらとも相性が良さそうです。

camera_166.jpg



自分はこれからは基本的にはこの青いアンカーを使っていくつもりですが、気分によって変えようと思っています。
カラーバリエーションが増えると面白そうなんですけどね…。
関連記事
スポンサーサイト

カメラ グッズ レビュー

0 Comments

Leave a comment