1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

28 2018

西日本で唯一のネイバーフッド 「スターバックスコーヒー 中山手通2丁目店」へ行ってきました。

約3年振りにスタバについて書きますw

スタバには一風変わった店舗が存在します。
その中の1つに「Neighborhood and Coffee(ネイバーフッド・アンド・コーヒ)」があります。

以前東京へ旅行した際「inspired by STARBUCKS」へ寄りましたが、それが上記の名称に変わったのだそうです。


東京には複数店舗がありますが、東京以外では現時点で神奈川県(横浜)と兵庫県に1店舗ずつあるだけ
店舗数は少ないものの、自分が日帰りで行ける範囲にも出店しているのを知り、足を運ぶことにしました。
それが今回ご紹介する「スターバックスコーヒー 中山手通2丁目店」です。

starbucks_100.jpg
サイレンロゴがなければスタバであることに気付かないかも…



ネイバーフッドでしか味わえないオリジナルメニューがいくつもあってお酒も提供されている珍しい店舗です。


「スターバックスコーヒー 中山手通2丁目店」の最寄駅は三宮
そこから10分ほど歩きます。

starbucks_101.jpg



途中北野異人館や生田神社があったりと観光名所を過ぎ、NHK神戸放送局のすぐ側に位置しています。

starbucks_102.jpg
NHK神戸放送局



スタバ店舗の基調となっている緑色がないので見逃してしまいそうですが、サイレンロゴが目印となっています。

starbucks_103.jpg



メニューはスタバで提供されているものとは異なっており、ここでしか味わえないものもありますし、フラペチーノはこちらのメニューには載っていませんでした。

starbucks_104.jpg


この日自分がオーダーしたのは、フードはスタバでも提供されている「パストラミビーフ&アボカドサンドイッチ」ですが、ドリンクは「バナナ チョコレート & アイスクリーム」というオリジナルメニューです。
実はフードもオリジナルメニューを選びたかったのですが、ドリンク含めて初めて見るメニューが多くて考える時間が長引いてサッサと決めてしまいました(汗)

合わせてネイバーフッドデザインのスタバカードも入手できました。

starbucks_105.jpg



バナナを1本丸ごと使ったという「バナナ チョコレート & アイスクリーム」はバナナの濃厚さとチョコレートのほろ苦さが絶妙で、リピートしたくなる美味しさでした!


自分が座った席の横は隔離されたスペースになっており、最初は喫煙場かなと思っていたのですが、ここはペット同伴ができるスペースです。

壁をよく見るとリードフックもありました。

starbucks_106.jpg



後で改めて外観を見て気付いたのですが、ペット同伴の方にはちゃんと専用の入り口が設けられていました。
”ペット同伴”と言っていますが、「DOG'S ENTRANCE」となっているので犬以外でも使用可能かは不明ですが…。

starbucks_107.jpg



”隣人”を意味するネイバーフッドのお店は地域に密着した店舗ということで、おそらくあえて繁華街から離れたところにあるのでしょう。

また、近隣にお住まいの方に向けてイベントが定期的に行われています
コーヒーに関するものから全く関係のないものまで幅広く開催されているみたいで、ボードにもイベントカレンダーが貼られていました。

先述の通り、ペット同伴が可能だったり店舗が周りの景観に調和しているのも地域密着の一環でしょうね。

このボードの横にはグッズが販売されていて、スタバカード以外にもネイバーフッドオリジナルグッズが用意されています。
ただ、どれもマグカップ系ばかりで、タンブラーが欲しい自分はスタバカードだけに留めました。

starbucks_108.jpg



「inspired」から名称変更したこと、そして西日本にも出店されたのはつい最近知ったばかりでした。

東京でしか手に入らないということで自分はいつも決済時にinspiredのスタバカードを使っていました。
その時の店員さんの反応はほとんどが「見たことのないカードです」と返ってくるくらいのレアな店舗なのですが、それがようやく近郊にもできて嬉しいです。

大阪からだと遠出にはなってしまいますが、そうは言っても日帰りで行ける距離なので今後もたまに寄ってみたいなと思わせられた店舗でした。
大阪市内にも進出する日は来るのでしょうか…。


ちなみにネイバーフッドのスタバカードは表面がザラザラしているので決済時のスキミングでも傷が付きにくそうです。

starbucks_109.jpg
関連記事
スポンサーサイト

スタバ

0 Comments

Leave a comment