1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

01 2018

待望のゴールドカラー登場「iPhone XS」購入レビュー §1 開封/外観/アクセサリ編

自分にとって初めてのiPhoneとなるiPhone 6sを手に入れたのがもう3年ほど前のこと
そのiPhone 6sから「iPhone XS(テン・エス)」に機種変更しました。

iphone_046.jpg
発売日翌日に手に入れましたw



実はiPhone 6sから2年経った昨年に機種変更する予定だったのですが、iPhone Xにはゴールドがなく、iPhone 8はXの下位機種だったので1年我慢しましたw

今回は前編として、開封から外観チェック、そしてディスプレイ保護ガラスとケースをご紹介させていただきます。


手続きをしたのは機種変更では毎回お世話になっているヨドバシ梅田。
予約は店頭ではなくネットで受付ということだったので早速予約が開始された日の夜に予約しておきましたが、発売日翌日に行くと一部モデルは品切れだったものの当日手に入るモデルも結構ありました

待ち時間は40分ほどで、電話番号を受付の画面に入力しておくと順番が近付くとお知らせの自動音声がかかって来るので、その間にアクセサリ類を物色していました。

順番が来ると手続きはスムーズ。
昔はあれこれ時間がかかっていましたが、機種と支払い方法を確認、注意事項を聞いてサイン、端末に傷がないかチェック…諸々でトータル1時間もかかっていなかったと思います。

過剰な行列、品切れで待たされる、手続きに時間がかかる…といったことがなく快適な手続きでした。

ちょっと残念だったのは、今回の支払いで知ったのですがヨドバシのポイント還元は1%だけになりました。
6sの頃、そして父親がiPhone 7を購入した時は5%だったのですが、iPadも1%でしたしアップル製品は販売店独自の割引の恩恵は益々薄くなりそうですね…。

iphone_047.jpg
<参考>9月30日時点での在庫状況



手続きを済ませて帰宅。
端末は一旦箱の中に仕舞われてしまったので改めて開封していきます。
iPhone 6sの時はそのまま使う場合は端末を手渡ししてくれたんですが、会計までに傷が入るといったトラブルを防止するためでしょうか。

箱を開けるとまず目に飛び込んでくるのが端末…ではなく”Designed by Apple in California”の文字。
最近のApple製品はこちらも主流になりつつありますね。

iphone_048.jpg



その紙パッケージの中には、ステッカーやSIMカードトレイを取り出すためのピン、そして取説が入っています。

iphone_049.jpg



紙パッケージの下に端末があって、その下に付属品となるイヤフォン(EarPods)と電源アダプタが出てきます。

iphone_050.jpg



イヤフォンはLightningコネクタタイプのものです。
また、XSには3.5mmヘッドフォンジャックアダプタが同梱されていません
昨今ではAirPodsのような左右独立型のBluetoothイヤフォンも登場していますし、全員に付属品としてセットしておくのは不要ということでしょう。

そのイヤフォンの下にLightningケーブルが入っています。

iphone_051.jpg



端末に巻かれているフィルムを剥がすと同時に保護フィルムを貼ってしまいます。
今回選んだのは、以前iPhone 6sをバッテリー交換した後に買った保護ガラスが傷に強かったので同じものにしました。

iphone_052.jpg






付属のクリーニングクロスやアルコールクロス、ホコリ取りシールで綺麗にして保護ガラスを貼り付けます。
ガラスフィルムは曲がりませんし、本製品には貼り付けを補助するツールなどもありませんので何度も微調整をしながらの作業です(汗)

iphone_053.jpg



画面の端まで覆うラウンド加工に、端末上部にある切り欠き(ノッチ)にもガラスで覆われているのでパッと見では保護フィルムを貼っていることすら分からないくらいの一体感です。

iphone_054.jpg



液晶を保護できたので端末の各部チェックへと移ります。

先述の通り、XSそしてXS Maxから登場した新色のゴールドを購入しました。
iPhone 6sのゴールドと比べると、色味の他にもアルミとガラスという素材の違いから印象が変わっています。

アルミのゴールドも決して悪くありませんが、ガラスもガラスで高級感があります
また、iPhone 6sはAppleマークが鏡面仕上げなので傷が入らないよう神経を使う必要があったのですが、XSは全面ガラスになりました。
割れないように注意を払う必要はありますが、細かい傷の心配は減りそうです。

そしてXSの背面はAppleマークと”iPhone”の文字だけ。他には一切ロゴや文字がないシンプルさ。6sのような白いアンテナ線(通称:Dライン)もなく実に綺麗な仕上がりです。

iphone_056.jpg



側面はステンレスが使われています。
この部分のゴールドは発表時にはキンキラでケバケバしく感じていましたが、実物を見ると高級感があります。
しかしながらこちら側は細かい傷が付きそうなのが気になります…。

カメラ部分の出っ張りは、広角/望遠用にレンズが2つ搭載されたことによってもう遠慮がなくなりました(汗)
7や8では緩やかに出っ張っていましたが、XSは6sなどと同様に段差に引っ掛かりがあります

iphone_055.jpg



6sよりも縦に長くやや幅広になりました。
前面はホームボタンがなったことですっきりとした見た目。

iphone_057.jpg



スピーカーの穴は少し増えた一方でイヤフォンジャックは廃止され、代わりにアンテナが配線されています。

iphone_058.jpg



保護フィルムと一緒にケースも用意しておく予定だったのですが、XS購入時には決めきれず後日Amazonで入手することになりました。
と言うのも6sで使用しているプーさんのケースがお気に入りで、XS用にはそれに近いデザインがないのです。

個人的な要望としては、せっかくゴールドカラーを選んでいるのでそれが分かるようにクリアなケースが欲しいのです。

iphone_045.jpg
同じのを買い直すくらいお気に入りですw



プーさんデザインで気に入ったのがなかったので、暫定的な意味も含めて無地のクリアなケースです。
ただし、背面部分はガラスが採用されているので見た目に美しく、側面はTPU素材でクッションになっているという逸品です。





商品が届いて開けてみるとビックリ、パッケージにはバーコードシールが貼っているだけの簡素なものでしたw
付属品などもありません。

iphone_059.jpg



こちらがケースを装着したところ。
ラウンド加工の保護ガラスを貼っていてもケース装着ができました
背面の綺麗さは保たれたまま、側面は少し膨らみました。

iphone_060.jpg



Xとほとんど似たデザインのXSですが、カメラ部分はXSの方が若干大きくなっています
ですので、純正ケースのようなジャストサイズのケースの場合はXS用と書かれたものを選ばなければいけません

本ケースは”XS/X用”で、XSに装着した場合は端末上部に僅かな隙間がありますが、干渉している箇所はありません。

iphone_061.jpg



ケースを装着してもカメラ部分は少しだけ出っ張っています。
しかし、四隅のTPU素材が膨らんでいる造りなので、カメラも背面のガラスも設置面に触れません
当然端末を置いたまま操作してもガタつきはありません。

iphone_062.jpg



側面のTPU素材も見ていきます。
サイドボタンの部分は膨らんでいて、さらに電源マークが刻印されています。

iphone_063.jpg



音量ボタンも同様に”+”と”-”がそれぞれ刻印されています。
一方でサウンドスイッチは穴が開けられています。
やや凹んだ場所になるのでケースがあると誤作動は防げると思います。

iphone_064.jpg



Lightning端子部分は少し広く穴が開けられていますが、ケーブルの種類によっては差し込めない可能性がありそうです。
スピーカー部分は左右対称に開けられています。
これはX用も兼ねているための処理で、XSで使うとやや不恰好な気もしません。

iphone_065.jpg



ー ー ー ー ー

さて、ここまではハード面での設定をお送りいたしました。
次回ではソフト面での設定と使用感をレビューします。

iphone_066.jpg
今回は”復元”で6s環境を引き継ぐことにしました
関連記事
スポンサーサイト

iPhone Apple レビュー

0 Comments

Leave a comment