1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

25 2018

気軽に持ち出せるカメラバッグ Peak Design「EVERYDAY SLING 10L」購入レビュー

先月「エブリデイバックパック 20L」を買ったばかりですが、荷物量が少なくちょっとしたお出かけにもα7 IIIを持って行けるようにと早々に2つ目のカメラバッグを購入しました。

同じくピークデザインから発売されている「エブリデイスリング 10L」です。
カラーは差し色が全くないブラックを選びました。
「エブリデイバックパック」はブラウン系を買いましたが「エブリデイスリング」にはラインナップになかったので最近追加された新色にしました。

camera_142.jpg



「エブリデイバックパック」ほど多機能ではありませんが、フレキシブルな仕切りで収納力の高さは健在
コンパクトさも合間って、より普段使いとして持ち歩きたくなるバッグです。





「エブリデイバックパック」同様に説明シートがバッグに巻かれていました。
このシート、中は共通と思われますが表紙に写っているバッグは購入したものと同じカラーに揃えられているというのに気付きました。
こういう細かなこだわりは好きですw

camera_143.jpg



こちらも「エブリデイバックパック」と同じく生地には耐水性、ファスナーには止水処理が施されています。
多少の雨であれば気にせず使えそうです。

camera_144.jpg



外側は真っ黒ですがバッグを開けると内側はベージュ系の色が採用されているので、中に入れている物が確認しやすいと思います。

camera_145.jpg



ピークデザイン製バッグおなじみのフレキシブルな仕切りは2枚付属しています。
これを使えば単純に3つに分けるだけでなく、そこからさらに上下に分けることも可能
仕切りはマジックテープで付け替えられるので中のスペースを余すところなく使えます。

camera_146.jpg



「エブリデイスリング 10L」はどれほどの収納力があるのか、手持ちのカメラ関連グッズを入れてみました。

Batis 2/25を付けたα7 IIIの上に、若干強引ながらミニ三脚を置けました。
仕切りを折りたたんでSEL50M28も下に入っています。
どちらのレンズも比較的コンパクトなので2本入れることがでしました。

あとはストラップとブロアーを別のスペースに入れています。
これだけ入れば個人的には十分な量です。

camera_147.jpg



手前部分にはタブレットが入るポケットがあって10.5インチiPad Proも収納できました。
いざとなれば出先で写真の確認やRAW現像ができるので購入前に気にしていたポイントでした。

ちなみに13インチMacBook Proは横幅は問題なく入ったのですが、高さがはみ出てファスナーはギリギリ閉められるといった状態でした。

camera_148.jpg



バッグを開けたところの上部は小物入れスペースとなっています。
こちらもおなじみピークデザインステッカーがあったのですが、本製品は比較的最近に新色として追加されたのに1世代古いタイプのロゴが書かれた大きめサイズのものでした。

camera_149.jpg



このバッグにはもう1つ収納スペースとして前面にポケットもあります。

camera_150.jpg



通常この部分は奥行きがあまりありませんがベルトを緩めることでエリアを広げられます
ベルトを緩めると三脚を外に巻いておくことにも可能になっています。

ただしここのベルトは余った部分をゴムで巻くのであまり素早く調節できなかったので、自分は”いざとなったら使う”くらいの利用になりそうです…。

camera_151.jpg



ファスナーにある輪っかをもう一方のファスナーに通すとどちらも開けられないようロックができます。
簡単に取り外しできないので、長時間バッグを開けることがない場合に使ってみると良いかもしれませんね。

camera_152.jpg



続いて「エブリデイスリング 10L」を背負ってみます。

小柄な自分にとっては非常にコンパクトとまではいかないものの、ちょっとしたお出かけでも負担のないサイズです。
肩の部分のクッションは「エブリデイバックパック」ほど厚みはありません。
まぁ荷物量を考えるとそこまでのクッション性は求めるものではないかもしれません。

camera_153.jpg



中を開ける時はバッグを前に持ってきます。
大きく開くので背負ったままでも中の物が取り出しやすいです。

camera_154.jpg



背負った状態で中を開けるにはファスナーが内側を通っているので、やや窮屈に感じました。
一方で意図せず他人に開けられる心配はなさそうですから一長一短ですね。

camera_155.jpg



ショルダーベルトとは別に取っ手もあります。
持ち歩きに使える他に、ここにキャリーバッグを通すこともできます。

camera_156.jpg



ショルダーベルトの微調整は留め具をスライドさせるのは最早ピークデザインおなじみの機構。
この留め具は1ヶ所だけしかないので、左肩から斜め掛けで使用するのが基本となりそうです。

camera_157.jpg



両端の付け根部分でも調整が可能なので、肩のクッション部分をちょうど肩の位置に来るように合わせるにはこちらも使えます。

camera_158.jpg



バッグの横には同社製品「キャプチャー」を付けられるようになっています。
ただし取り付け部分はあまり厚みがないので、重量のあるカメラだと耐久性が心配でした。

camera_159.jpg



ー ー ー ー ー

先日のキャンプのために「エブリデイバックパック 20L」を先に購入しましたが、実は前々から欲しかったのは近所を散歩する際に使えるバッグでした。

とは言っても、「エブリデイバックパック」を手に入れたことで、こちらはよりコンパクトなものを選べるようになりました。
もっとコンパクトな「エブリデイスリング 5L」というタイプもありましたが、iPad Proや替えのレンズも考えると本製品が最良の選択肢と判断し、そう感じた瞬間にもう買ってしまいましたw

これでこれからは重量のあるレンズも手軽に持ち出せそうです。
広角ズームや標準ズームレンズも将来的には手に入れたいんですよね。


「エブリデイバックパック 20L」と並べるとコンパクトさは一目瞭然。
どちらもそこそこのお値段がする買い物ではありましたが、性質の異なるバッグを2つ手に入れたことで目的や荷物量によってバッグを選べるようになりました。

camera_160.jpg
関連記事
スポンサーサイト

カメラ グッズ レビュー

0 Comments

Leave a comment