1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

12 2018

多機能かつ収納力抜群なカメラバッグ Peak Design「EVERYDAY BACKPACK 20L」購入レビュー

1ヶ月ほど前に買っていたのにずっと先送りにしていたカメラバッグをようやくレビューしますw

自分はこれまでカメラバッグというものを買ったことはなく、ちょっと出かける時は普段使っているトートバッグに入れていました。
しかしNEX-5Rからα7 IIIへ替え、サイズも重量も増したことでこれまでの運用では難しくなってきたので前々から検討していました。

そして悩みに悩んで決めたのが、ストラップを購入したのと同じメーカーでもあるピークデザインから発売されているバックパックタイプのものです。
もっとお手頃価格のカメラバッグはたくさんあるのですが、見た目と機能性を重視しました。

camera_091.jpg
エブリデイバックパック







実はカメラバッグ購入を考えだした当初は取り出しが容易な斜め掛けタイプのバッグを検討していました。

しかしフルサイズカメラはレンズも大きいですし将来的には三脚を入れて持ち運ぶ可能性もあるので、だったら両肩で背負える方が肩への負担も軽減されると本製品を選びました。

カラーはヘリテージタン、まぁ平たく言うとブラウンですね。
他にはブラック、チャコール、アッシュの合計4色展開
カメラバッグは黒系統が人気みたいですが、ヘリテージタンはその中で個性が出せそうなのとライトな見た目のカラーです。

容量は20Lと30Lがラインナップされており、自分は20Lを選びました。
なるべく軽量なレンズを選びたい自分には20Lで十分です。

camera_124.jpg



バッグの外側に簡単な説明が書かれたシートが巻かれていました。
全て英語で書かれていますが写真やイラスト中心なので大体の内容は分かるかと思います。

camera_092.jpg



背負ってみるとこんな感じ。
身長158cmの小柄な自分には20Lでも存在感のある大きさです(汗)

camera_113.jpg



ではバッグを開けてみましょう。

安価なカメラバッグだとマジックテープで留められているものもありますが、「エブリデイバックパック」は銀色の部分が磁石でくっ付いています

camera_093.jpg



バッグを開ける際はまず取っ手部分を起こしてから引っ張ります
この機構のおかげで勝手に開いてしまう心配が減ります

camera_094.jpg



留める場所は4ヶ所あるので荷物量によって合わせられます。
本製品の容量20Lというのは一番上の留め具を使った場合
一番下で留めると約12Lだそうです。

camera_095.jpg



バッグを開けると小さな収納スペースがあり、ここにはすっかりおなじみとなったPeak Designステッカーが入っていました。

camera_096.jpg



上部に入れた荷物は上からでも取り出せますが、下に入れたものはサイドのファスナーを開けることになります。

camera_097.jpg



バッグの生地は耐水性があり、外側のファスナーは全て止水処理が施されているので少々の雨であれば中の物が濡れる心配もなさそうです。

camera_103.jpg



サイドの部分を両方開けて横から見るとこんな感じです。

camera_099.jpg



このサイドの部分内側にもファスナーがあって小物が収納できます
ただし、ここが膨らみすぎると閉めることができなくなるので入れられるものは限られます。

camera_098.jpg



仕切りは3枚入っていて、位置は自由に動かせることができます。
さらに、その仕切りの折り方を変えることで収納スペースの部屋数を増やすことも可能
これが他社製カメラバッグと比べて収納力に優れている点なのです。

camera_100.jpg



バッグ側には縫い目があるのでそれに合わせると真っ直ぐ付けられますが、それでも意外と難しかったです。
仕切りの折り方を変えるだけであれば、いちいち剥がすことなくそのままで動かせるので、最初に位置を決めたらあまり外したくはないですね(汗)

しかしあまりにもフレキシブルすぎて自分はまだどう構成しようか決めきれていません…。

camera_101.jpg



で、そもそもなぜ横から開けるのかと言うと、バッグを肩にかけたまま中の荷物が取り出せるからなのです。
わざわざバッグを下ろさなくて良いので便利だと思います。

camera_114.jpg



両サイドの部分には取っ手もあるので、ここを持つこともできます。

camera_115.jpg



サイドのファスナーから中の物が取れるとなると、誰かに気付かず開けられてしまう恐れも考えられます。
その点も考慮されていて、サイドのファスナーを使わない場合はファスナーにある輪っかをバッグ側の輪っかに巻いておくことでロックが可能です。

camera_102.jpg



ファスナーは上からだけでなく下からも開けられるよう2つ付いているので、自分は下側だけロックしておくことにしておきました。

camera_104.jpg



サイドにはポケットがあるので、例えばペットボトルを入れておくことができます。
三脚はコンパクトなものであればバッグの中に入れられますが、この部分に挿しておくことも可能です。
その際は固定用ベルトが活躍します。

camera_111.jpg



サイド部分の機能としては、こちらは片側だけですがアンカーが取り付けられるようになっており、第2世代”V2”のアンカーが1つ付属しています。

自分はとりあえず六角レンチを付けておくことにしました。

camera_109.jpg



バッグの収納スペースとしてはもう1つ、上部からファスナーで開けるところがあります。
ここはノートPCやタブレットを入れるスペースとなっています。
仕切りで区切られた片方は底が浅いのでタブレット用、もう片方は深いのでノートPC用だと思われます。
加えて小物を入れるスペースもあります。

camera_105.jpg



ショルダーベルトは左右に動かすことができるよう付けられているので肩幅に合わせやすくなっています
また、厚みがあってクッション性もあるショルダーベルトのおかげで荷物が重くなっても肩への負担は軽減されそうです。

camera_106.jpg



背中と接する部分は凹凸があり、出っ張っている箇所はさらにメッシュ状になっていて背中と接する部分を極力減らし汗を逃せられるよう工夫されています。

camera_107.jpg



背中の部分はキャリーバッグを通せるようにもなっています。

camera_108.jpg



ショルダーベルトの長さを調節するには同社製ストラップ「スライド」シリーズ同様に留め具を上下させるだけで、背負ったままでも手軽に変えられます

camera_116.jpg



山登りなどでもっとしっかり固定したい場合は腰に巻くウエストベルトを引っ張り出します。
このウエストベルトは少々取り出しにくいのが難点でした。

camera_112.jpg



胸に留めるチェストストラップも別途付属しているので、これらを使ってバッグを体に固定できます。

camera_117.jpg



バッグの底にもヒモが収納されており、中に入らない大きな荷物を巻き付けておくこともできます
先日のキャンプでは寝袋を巻いて移動していました。

camera_110.jpg



…とまぁ機能を挙げていくだけでも結構な文量になってしまうほどです。


続いてどれくらいの収納力があるのか検証のため、とりあえず手持ちのグッズをあれこれ入れてみました。

真ん中の部屋は仕切りを分けていて片側からはレンズが出せるようにしました。
先述の通りサイドのポケットは厚みがあるものは入れられませんが、レンズペンやAirPodsくらいなら問題ありませんでした。

camera_120.jpg



こちらは反対側。
レンズを入れていた真ん中の部屋はこちら側からだとブロアーとストラップを出し入れできるようにしています。
こちらのサイドポケットは大きめなのでモバイルバッテリーを入れています。

camera_121.jpg



そして上部には10.5インチのiPad Proと13インチのMacBook Proを収納できました。
どうやら12.9インチiPad Proと15インチMacBook Proの組み合わせでも可能なようです。

camera_122.jpg



入れていたものを全部並べると以下の通り。
留め具は下から2番目のところを使いましたし、もっと工夫すればまだまだ入りそうです。
ただしこの状態でもかなりの重量なので現実的ではないかもしれませんがw

camera_123.jpg



機能性と収納力に優れており、”いかにもカメラバッグ”な見た目ではないので普段使いにも利用できそうで満足度は高いのですが、それでも残念な点がないわけではありません。

容量いっぱいまで荷物がある時は一番上の留め具を使うわけですが、そうすると見た目があまりよろしくないだけでなく、きちんと畳んでおかないと上側が開いてしまいます

camera_118.jpg



せっかく耐水性のある生地や止水処理されたファスナーがあっても上が開いてしまっていては意味がありません…。

camera_119.jpg



あとは、普段使いもできると書きましたがバッグ自体の重さが1kgほどあるので、荷物が少ない場合にはあまり向かないかもしれません。
この重さは耐久性も考えてのことでしょうから仕方ありませんが。

他社製バッグパックと比べても値段が高いというのもありますが、それに値するだけの機能性があるのはご覧いただいた通りです。


一方で、他のピークデザイン製品との相性も考えられているのも長所に挙げられるでしょう。
以前ご紹介した通り「キャプチャー」はショルダーベルトの幅とぴったりでした。
こうなってくると色々買い揃えたくなりもします(汗)

camera_079.jpg



遠出や旅行の際だけでなく「エブリデイ」の名の通り日常にも一緒に持ち歩きたいバッグ
現在お持ちのものからアップグレードさせたい方だけでなく、自分のように初めての購入ながら多少高価であってもとにかく文句なしのものを1つ買っておきたいという方にもオススメなカメラバッグです。
関連記事
スポンサーサイト

カメラ グッズ レビュー

0 Comments

Leave a comment