1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

04 2018

「美山町自然文化村キャンプ場」へ行ってきました。

先月の21日(土)と22日(日)にキャンプをしてきました。

学校行事の林間学校とかでは経験がありますがプライベートでは初めてです。

場所は京都府北部にある「美山町自然文化村」
先日カメラバッグを購入したのもキャンプに合わせてのことで、寝袋も買いました。
そんな2日間のレポートを写真中心にお送りします。

travel_169.jpg




10:40 園部駅集合

当日参加したのは7人。その内5人は園部駅で集まりました。

電車でのアクセスは、JR大阪駅からだとまずは京都線でJR京都駅へ。
新快速を使えば途中の停車駅は新大阪と高槻だけ。しかし30分ほど要します。

そこから嵯峨野線に乗り換えて終点の園部駅へ向かいました。
快速でも途中からは各駅停車になるので、こちらも30分ほどかかる結果に。

travel_147.jpg



でもまぁ電車での移動は乗ってるだけなので楽です。
当日の荷物は、キャリーケースにバックパックタイプのカメラバッグ、そして寝袋とかなりの量だったので徒歩での移動がキツかったです。(そして結果的にはこんなに荷物は必要なかったという…)

travel_148.jpg



12:00 夕食の買い出し そして全員集合

あとのお二方を待ちつつ、キャンプ場での夕食を買い揃えるためにスーパーに向かいます。
ここからは自分も同車させていただきました。

「マツモト」って聞いたことないんですが、どうやら京都府内で展開しているスーパーマーケットみたいです。

精肉店も併設されていたのでA5ランクの肉を少し買い、スーパーでは安めの肉をたくさん買うという作戦にw
野菜や飲み物もあってかなりの量となりました。

買い物を終えようかという頃合いでお二方とも合流し、これで全員が揃いました。

travel_149.jpg



13:00 昼食

キャンプ場のチェックインは15時から。
ですから昼食はその道中でということになります。

キャンプ場へ向かっていると「道の駅 スプリングスひよし」という場所があったので停車。

travel_150.jpg



食事の他に温泉やプールもある所です。

travel_151.jpg



ここで名物っぽく紹介されていた”日吉ダムカレー”をオーダー。
なんと全員ダムカレーを注文してましたw

ダムがある所にはダムカレーが全国的に展開されており、そのマップも付いてきました(汗)

travel_152.jpg



さらに外でアイスクリームを食べてクールダウン。
ちなみに写真右側に写っているのは足湯です。

travel_153.jpg



14:30 かやぶきの里へ寄り道

このまま真っ直ぐキャンプ場へ向かうとかなり早く着いてしまうので寄り道を。
「かやぶきの里」という場所があって、そこでは今となっては珍しく民家の屋根がかやぶきなんです。

travel_154.jpg



郵便ポストもノスタルジックな雰囲気です。

travel_155.jpg



無人販売所があるのも自分にとってはとても珍しい光景でした。

travel_157.jpg



趣があって長居をしたいところではありましたが、日中はものすごく暑くて早々に引き上げてしまいました…
戻ってみると車内もサウナ状態でした。

travel_156.jpg



15:10 チェックイン

キャンプ場に到着しチェックインの手続きを済ませ、この日キャンプをする区画へ向かいます。
今回自分たちは2区間を使用させていただきました。

travel_158.jpg



まずはテントを建てるわけですが、ここはキャンプ経験者にほとんどお任せで、自分はポールを抑えておくとかテーブル組み立てるとか細々したことしかできませんでした…。

猛暑の中での作業は大変で、近くにあった自販機で水分補給しながら進めます。

travel_159.jpg



テントが完成してしばし休憩。

ここのキャンプ場には温泉場があるのですが20時で受付終了なので少し早めの夕食へ。
食器と食材を並べて夕食タイムへ。

travel_160.jpg



17:30 夕食

スーパーで買ってきた肉を焼いてバーベキュー開始。
野菜や海鮮類もありましたがメインはやっぱりお肉。
ひたすらに食い尽くしていきますw

travel_161.jpg



バーベキューの次は焼きそばも。
しかし自分はテントを建ててた際にサイダーを2本も飲んでしまったこともあってお腹いっぱい><

travel_162.jpg



20:00 夜の撮影

19時を過ぎた辺りから2班に分かれて入浴へ。
昼間の汗を綺麗さっぱり流して外に出た頃には外はすっかり暗くなっていました。

昼間は暑くて仕方なかったですが、日が暮れると涼しいくらい快適でした。

日頃の生活だと街灯があるわけですが、ここでは持参しておいたライトがないと先が見えません。
無事テントへ戻って空を見上げると一面に広がる星が。
これも自分の日常では見られない貴重な時間です。

せっかくだからとテントの場所から少し離れて撮影をすることにしました。
α7 IIIはフルサイズセンサーを搭載しているおかげで夜景も手持ちで撮影できますが、星空となると三脚が必須でした。

後日チェックしてみると一番綺麗に撮れていたのは下の1枚くらいで、ほとんどピントが合っていませんでした(泣)

travel_164.jpg



そんな感じの撮影が続き、就寝する頃には0時をとっくに過ぎていました。
洗い場で歯を磨いてテントに戻ります。

travel_163.jpg



寝袋は当初レンタルとかできないかと考えていましたが、安いものだと2千円くらいからあると知り購入することにしました。
ある程度低い気温でも耐えられるようにと少し金額は増しましたが、それでも3千円ちょっとの出費で済みました。






6:00 起床

自分はみんなより遅く寝たこともあって、目を覚ますともう朝食の準備が進んでいました。

travel_165.jpg



近くの川辺からも撮影。
昼間はちびっ子たちが水浴びをしていた場所です。

travel_166.jpg



朝食は夕べの残りを使って、ゆで卵、トマト、焼きおにぎり、スクランブルエッグなどなど盛りだくさんで、日頃よりも豪華な食事となりましたw

travel_167.jpg



朝食を終えるといよいよ片付けへ。
また猛暑の中、汗だくになりながらの作業です(汗)

みんなが寝ていた場所を見ると、キャンプ経験者の方はさすがで簡易ベットがありました。
シートは何枚か敷いていたのですが、地べたに横になると寝心地が悪かったんですよね。

travel_168.jpg



13:00 昼食→解散

チェックアウトは14時までだったらしいのですが、昼さらに気温が上がる前に完全に片付けてしまったし近くに食事や休憩する場所もないので早めにチェックアウトしました。

お昼は前日に続き「道の駅 スプリングスひよし」へ。
今度は鶏天ぶっかけうどんをオーダー。

travel_170.jpg



お腹も満たされたところで解散。
自分は京都駅まで車で送っていただきました。

そこからは電車を乗り換えて帰路に着きました。
大量の荷物は行きよりも帰りの方がツラかったです。


ー ー ー ー ー

キャンプ自体に夢中で、帰宅して写真をチェックすると肝心な場面が抜けていたりで何だかサラッとした振り返りとなりましたが、初キャンプはとても楽しかったです!
それもこれも経験者の方がいてくださったからでただただ感謝ですm(_ _)m
道具もほとんど用意してもらっていたんですが、快適なキャンプをするにはかなりの荷物があるんだと思わされた次第です(汗)

久々にお会いする方ばかりで、和気あいあいとした時間が過ごせました。
慌ただしい毎日から少し解放された2日間でした。
関連記事
スポンサーサイト



旅行

0 Comments

Leave a comment