1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

07 2011

「すれちがいMii」国勢調査

すれちがいMii広場の来場者数が500人になりました!

3ds_083_15.jpg
自分を合わせてトータル501人。


これを記念して(?)、気になっていた事を調査してみました。
それは、「Miiはどの色が多くて、どの帽子が多いのか」です。

色は、Mii作成時に設定する好きな色で「すれちがい伝説」では色ごとに異なる魔法を使って攻略していきます。
帽子は、その「すれちがい伝説」で手に入れる事の出来るアイテムです。

3ds_087_15.jpg
自分は「黒」で、帽子は「かぶらない」です。


ちなみに、どうやって調査したかと言うと…

3ds_084_15.jpg
手書きです!


あまり役に立たないかもしれませんが、ムダに頑張ってみました(汗)。
始めに男女比から。

 男:381人
 女:119人


ゲームという性質上、やはり男性の方が多かったです。
ただし、これはあくまでMiiの性別ですから、ユーザーの性別とは必ずしも一致しているわけではありません。

次に複数回すれちがった人数です。

 2回:25人
 3回:5人
 4回:1人


2回だけでも5%、4回になると0.2%という割合でした。
複数回すれちがうコツは同じ時間に同じ場所にいると確率が高くなると思います。
自分は土日の昼間に梅田へ行く事が多いので、複数すれちがった方もそこで出会っている場合が多いはずです。


それでは各Miiの設定している色を多い順に見ていきましょう!

  1位:赤(102人)
  2位:青(82人)
  3位:橙(46人)
  4位:黒(45人)
  5位:水(44人)
  6位:白(38人)
  7位:緑(36人)
  8位:桃(33人)
  9位:紫(25人)
  10位:黄(21人)
  11位:黄緑(18人)
  12位:茶(10人)


一番多かったのは「赤」でした。
男女共に人気だったのがトップになった要因でしょう。
「マリオ」の帽子とセットにしている人も多かったです。

2位の「青」は男性から人気でした。
「水」も男性から人気だったので票が別れてしまったかもしれませんね。

赤と青がツートップで、他の色と大差をつけています。

一番不人気だったのが「茶」。
ちなみに「茶」と「黒」の区別がつきにくくてカウントするのが大変でした(汗)。

3ds_088_15.jpg
左が茶色で、右が黒色。
並べて分かる程度ですね…。


続いて、かぶっている帽子を見ていきましょう!

  1位:かぶらない(169人)
  2位:マリオ(89人)
  3位:ネコ(56人)
  4位:いぬ(31人)
  5位:カービィ(30人)
  6位:リンク(26人)
  7位:赤ピクミン(23人)
  8位:サムス(17人)
  9位:王さま(13人)
  10位:ルイージ(10人)
  11位:クッパ(9人)
  12位:さいご(8人)
  13位:ウサギ(5人)
  14位(同率):キノピオ/メトロイド(4人)
  16位(同率):黄ピクミン/青ピクミン(3人)


一番多かったのが「かぶらない」で、全体の約3分の1を占めています。
3DS発売当初はまだすれちがい通信も頻繁に行われていなかったので手に入る帽子も限られていたのも作用しているでしょう。
最近では帽子を被ったMiiが増えている傾向にあります。

3ds_086_15.jpg
3DS発売日翌日から始めたので、最初の頃はこんな感じでした。


2位は「マリオ」。
序盤で手に入る事も要因でしょうが、やっぱりマリオは強いです。

3ds_085_15.jpg
マリオの帽子は簡単に手に入ります。


3位と4位は名だたる任天堂の名物キャラを抑えて「ネコ」と「いぬ」でした。
3DS唯一の任天堂ローンチタイトル「nintendogs+cats」の影響なのでしょうか。
「ネコ」は特に女性人気が高かったです。

10位の「ルイージ」はマリオの約10分の1というのは高いと捉えるか低いと捉えるか…。
少ない気もしますが、クッパと同程度なんですよね。

「王さま」と「さいご」の帽子は「すれちがい伝説」を1周または2周クリアしなければ手に入らずハードルが高いのですが、手に入れた方には人気なのかそれほど少数というわけでもありませんでした。

最下位は同率で「黄ピクミン」と「青ピクミン」。
「赤ピクミン」を含め、色が違うだけで同じカテゴリーなのが票が伸びなかった要因かもしれません。


ゴールデンウィークももうすぐ終わりですが、皆さんはこの連休中にどれくらいのMiiとすれちがえたでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment