1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

06 2018

iPhoneのバッテリーを交換 & 保護ガラスを買い替え

2015年11月以来、かなり久々なiPhoneについての話題です。

iPhone 6以降の機種でバッテリーが低下するとパフォーマンスを遅くしているという仕様が波紋を広げ、AppleCare+の保障外であっても2018年末まではバッテリー交換にかかる費用が通常8,800円(税別)が3,200円(税別)と大幅に割引されています。

元々は強制シャットダウンを防ぐために搭載されたものらしく、その後iOSのバージョンアップで機能をオフにすることもできるようになりましたが、iPhone 6sを使って約2年半、バッテリーがかなり低下していたので自分も安くなっているうちに交換してもらうことにしました。

iphone_038.jpg



さらに、先日保護ガラスに傷が入ってしまったので、こちらも買い替えることにしました。


バッテリー交換の予約はiOSアプリ「Appleサポート」から申し込みました。

割引サービス開始直後は申し込みが殺到して、当日中の交換は不可能な状況が続いていましたが、ようやく在庫を確保できるようになったみたいです。
とは言っても、予約できる日と時間は結構限られていて、直近の土日で空いていたのがApple心斎橋しかありませんでしたが、ヨドバシ梅田にあるクイックガレージなどApple製品サポート店舗でも受け付けています。


Apple心斎橋に到着してGenius Barがある2Fへ上ると相変わらずの人の多さ。
受付で名前を伝えて待つこと30分弱、ようやく名前を呼ばれます。

内容を確認すると、実はiPhone 6s初期出荷分についてはバッテリーの不具合があって無償で交換できると教わりました。

言われてみると、当時は液晶保護ガラスを剥がされるのが嫌で見送っていたのを思い出しました。
しかし今となってはその保護ガラスに傷が入ってしまったことで迷いなく申し込める状況にw

goods_029.jpg



バッテリー交換にかかる時間はなんと約3時間かかると言われました。
でもまぁ当日中に返ってくるなら良しとお願いすることに。
端末を渡す際に、バックアップは取っているかというのと「iPhoneを探す」がオフになっているかを確認させられます。
あらかじめ設定しておくと手続きがスムーズです。
この時に保護ガラスが剥がれるかもしれませんと念押しされました。

修理内容の用紙を受け取って一旦帰宅。

iphone_039.jpg



そして日が暮れてから再度Apple心斎橋へ。
先ほどの用紙の他に身分証明書が必要となります。

iphone_040.jpg



今度は待ち時間も短く、修理内容を確認して「iPhoneを探す」を再びオンにして受け取りのサインをしたら手続き完了です。
返ってきたiPhoneの「設定」にあるバッテリー状態を確認すると、修理前には79%にまで低下していた最大容量がまた100%に戻りました!

iphone_041.jpg



そしてよく見ると、どうやらやはり保護ガラスが剥がされたようで、液晶面に気泡が入って汚くなってしまいました。
元々傷もあったので、買い替えることにしました。

今となってはiPhone 6s用はなかなかなくて、8や7といった4.7インチiPhone共通仕様のものがほとんど
8や7用のでも液晶面に変更ないから代用できるかなと思ってたのですが、通話用スピーカー上にあるセンサーの位置が違うので要注意です。

その中から、これまで使っていたクリスタルアーマー同様に3Dラウンド加工されており、かつ傷に強そうなものとしてこちらを購入しました。





クリスタルアーマーを購入した当時は価格が6,000円もしたのに驚きましたが、今回は4,000円弱と少しお安く手に入れました。
それでもそこそこのお値段がするのは3Dラウンド加工が要因で、これがあると他のメーカーも大体同じくらいでした。

iphone_042.jpg



クリスタルアーマーを剥がすとバッテリー交換時に分解した際に付着したであろう端の方に細かい粉を発見。
バッテリー交換を申し込む時は保護フィルムは剥がしてから預けるのが良いかもしれませんね。

ということでディスプレイを付属のクリーニングクロスとアルコールクロスでよ〜く拭いてから新しい保護ガラスを貼り付けます。
ガラスパネルはフィルムとは違って曲がりにくいですが、上からそっと乗せるとジワーッと貼り付いてくれます。

先ほど触れたセンサー部の処理ですが、この保護ガラスは横に広く空けられています。

iphone_043.jpg



ガラスの厚さは0.4mm。
これまで使っていたクリスタルアーマーは0.48mmと書かれていたのでスペック上はわずかながら薄くなっているはずですが、ホームボタン周辺が凹んでいないせいで、ここは以前より押しにくくなってしまいました

iphone_044.jpg



ガラスパネルはフィルムよりも厚みは増しますが指の滑りが良くて見た目も綺麗です。
さらに3Dラウンド加工だとパッと見は保護ガラスを貼っていることすら気付かないほどの一体感なので見た目重視の方にはオススメです。

3Dラウンド加工パネルの欠点としては、端まで覆う分カバーやケースによっては付けられないものもあるかと思います。


そしてさらに、カバーについても2年以上使っているとかなり傷んでいます。
今使っているプーさんのケースがかなりお気に入りなので1年半ほど前に実はもう1つ買っていましたw

iphone_045.jpg


バッテリー、保護ガラス、ケースが新しくなり気分一新のiPhone 6s。
あとどれくらい使い続けるのか分かりませんが…。
関連記事
スポンサーサイト

iPhone

0 Comments

Leave a comment