1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

25 2018

α7 IIIお気に入り5つのポイントとUHS-II対応SDカード購入

2013年6月にNEX-5Rを購入してから早5年弱。
そして先日、自分にとっては初めてのフルサイズセンサー搭載のカメラα7 IIIを2台目の一眼ボディとして購入しました。

α7シリーズのボディはデザインが自分好みですし、特に先代のα7 IIはボディ内に手ぶれ補正を搭載してグリップも深くなり魅力がグッと深まりました。

ソニーの動向を見ているとAPS-Cよりフルサイズに力を入れているし、ゆくゆくは自分も移行することになるかなと思ってはいたものの、α7 IIでさえ細かな点が気になって二の足を踏んでいました。

そんな自分がα7 IIIを購入する決め手となったお気に入りポイントを5つご紹介いたします。

a7m3_010.jpg




1.サイレント撮影

実は、先代モデルα7 II購入を見送った一番の理由がこれでした。

コソコソ隠れて盗撮するつもりじゃなくても、シャッター音が鳴ると注目されてしまうから撮影を躊躇してしまうシーンって少なくありません
2世代前のα7Sや、APS-Cセンサーのα6500には搭載されていたので、一時はそれらを購入候補で検討していたくらいですw

特にα7 IIIは、フルサイズセンサーに加え、そのセンサーが裏面照射型だったりISO感度が常用でも上限が51200だったりと暗所に強いので、夜間などではなおさらこの機能が活きると思います。

一部機能に制限はあるみたいですが、今のところ不便に感じた場面はありません。


ちなみに、ファンクションキーに設定しておけばコントロールホイールを回すだけでON/OFFの切り替えが可能で、操作音設定もここに登録しているんですが、完全に音を消そうとする場合、サイレント撮影は"ON"にして操作音は"OFF"ってのが一瞬ながら分かりずらいです…。

a7m3_044.jpg



2.大容量バッテリー対応

一眼レフと比べてミラーレスの短所の1つにバッテリーの持ちがあります。
ファインダーで見る部分は鏡を反射させているのでバッテリーを消費しない一眼レフとは異なり、ミラーレス機は何をするにしてもバッテリーを消費します。

ですので、これは仕様上致し方ないことだと半ば諦めていたのですが、α9から新型のバッテリーになり従来のものより2倍の容量があります。
色々なレビューを見ていても、通称”Zバッテリー”に対する評価が高かったので、この点も期待していました。

a7m3_017.jpg



NEX-5Rを使っていた時はバッテリー残量が50%を切ると不安でしたが、α7 IIIではそこからでも結構持ってくれます。
α7 III発売直後にはバッテリーチャージャーが品薄状態で入手できませんでしたが、ようやく解消されつつあるので購入を予定しているところです。


3.マルチセレクター搭載

これもα9やα7R IIIで搭載済みの機能ですが、当初はそれほど期待していませんでした。
ところが、ソニーストアで先行展示された実機を触って、メニューの横移動が楽だったことで印象がガラリと変わりましたw

a7m3_014.jpg


現在はマルチセレクターでフォーカス移動し、押し込むとフォーカスが中央に戻る設定にしています。


4.進化したAFと連写性能

AFに関しては、先に発売されたα9は位相差が693点ながらコントラストは25点。
α7R IIIはコントラストが425点ながら位相差は399点という状況でした。

α7 IIIはそれらのいいとこ取りとなっており、位相差693点+コントラスト425点
後から発売されたことで、この点に関しては上位機種を上回るスペックです。
広範囲を数多くのフォーカスエリアでマークしているので、シャッターチャンスを逃す事態を防げそうです。

a7m3_045.jpg



連写に関しては約5コマ/秒がこれまでのα7シリーズの共通仕様でした。
自分はあまり連写しないのですが、それでも5コマ/秒は物足りない感じがしていました。

以前、伊丹空港で撮影した時に連写を使いましたが、動く被写体は10コマ/秒でも厳しかったのを覚えています。

photo_008a.jpg
飛行機がブレてます…



α9は20コマ/秒とスポーツ撮影にも使えるスペックですが、自分にとっては10コマ/秒あれば最低条件をクリアしたといったところです。
αでは、AFや連写はこれまでAPS-Cの方が優れていましたが、ようやくフルサイズもそれに追いついてきました。


5.デュアルスロット対応

自分はSDカードを2枚入れておくほど大量の写真を保存することはないのですが、マルチセレクター同様、実際に使って評価が上がったのがこの点です。

両方とも同時に保存することもできるので、例えば片方はバックアップとしておくことで、もう片方では不要なファイルを削除しやすくなります。
また、JPEG/RAWとファイルの種類で分けておくとRAW現像する際に楽かもしれません。

a7m3_015.jpg



ということで、これまではNEX-5R用のもの1枚だけで使っていましたが先日、UHS-II対応のSDカードを買ってしまいました
自分にとってはオーバースペックな気もしないではないですが、高額なカメラとレンズを買った後だからでしょう、2万円くらいの出費が誤差くらいにしか感じなかったので欲張って128GBです(汗)
メーカーは無難(?)にサンディスクにしました。

a7m3_046.jpg






NEX-5R用のSDカードを購入した際も、「64GB、しかもCLASS10って必要かなぁ」と疑問に思いながら買ったのを思い出しました。
どうやら自分は、中学生の制服を買う時みたいに”今より少しサイズが大きいの”を求める傾向がありますねw

UHS-II対応SDカードは接点が多いのが特徴的です。

a7m3_047.jpg



今のところ自分は、UHS-II対応のスロット1にはRAWを、スロット2にはJPEGを保存するよう設定
動画もスロット1に記録するようにしており、処理に時間がかかるものはUHS-IIに仕事させるようにしていますw

a7m3_048.jpg



それにしても、UHS-"II"に対応しているのがスロット”1”だったり、スロット1の差込口はスロット2より下なのに画面表示はスロット1の方が上だったりと、ちぐはぐな感じが気になります…。

a7m3_049.jpg



ー ー ー ー ー

以上、簡単ながらα7 IIからα7 IIIへ進化した中で気に入っているところをまとめました。

α7 IIIはボディだけで20万円を超えますから、値が落ちてきたことでα7 IIも今なお魅力的なカメラではありますが、上記の点を重宝している現状を考えると、お高い出費でしたがやはりα7 IIIを待って正解だったかなと感じています。

新しいカメラとレンズを手に入れたことで最近またちょくちょくお出かけするようになりました。
先日は鶴見緑地へ行ってきました。

zeiss_034.jpg


これまでは使ったことのなかったRAW現像など新たな試みにもトライしながら少しずつ腕を上げていきたいと思います。


※動画でも紹介しています。
関連記事
スポンサーサイト

α7III

0 Comments

Leave a comment