1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

28 2018

テンキー付きMagic Keyboardが反り返ってる問題発生

昨年iMacを購入し、大画面ディスプレイ、綺麗なフォント、iPhoneとの連携など毎日快適に使っているのですが、先日ふとMagic Keyboardを見てみると、いつの間にか両端が浮いている格好で曲がっていました

imac_100.jpg
直線を書くと端が少し浮いているのが分かるかと思います



ぴったりと貼り付けたキーボードカバーが原因かなとも思っていたのですが、調べてみるとどうやら多数報告が上がっている事案のようです…。


この反り返り問題はテンキー付きのMagic Keyboardで発生しているみたいです。

👉参照先


ワイヤレスで充電式のMagic Keyboard。テンキー付きが登場したのは、自分も購入した2017年モデルからとまだ日が浅いです。
これまでよりも横に長くなったのに、クッションの役割であるパッドが四隅にしかないからではないかと言われています。

imac_102.jpg



反り返りの程度は個体差があるでしょうが、今のところ自分のは見た目には曲がっていますがグラついているわけではなく、タッチタイピングをしている限りでは全く問題ありません
なので経過を見ている状態です。

imac_101.jpg



AppleCare+にも加入しており付属品も保証対象のようですが、仮に交換してもらえたとしても改良品が出ているわけではないのでまた反り返るでしょうし結局は様子を見るしかなさそうです…。

このキーボードは決して安いわけではなく、1万5千円ほどするだけに作り込みの甘さが残念でなりません。

短い記事になりましたが、今後もMacの良いところだけでなく、実際に使っていく中で出てきた不満もお伝えできればと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

Mac

0 Comments

Leave a comment