1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

10 2017

ゼルダ無双からの改善点も 「ファイアーエムブレム無双」購入レビュー

10月も半ばに差しかかろうとしている今日この頃ですが、先月末に発売された「ファイアーエムブレム無双」を発売翌日に手に入れておりました

iPad Proの設定やらスプラトゥーンやら当然このファイアーエムブレム無双にも時間を取られてなかなか更新できない状況でしたが、ようやくです(汗)

fireemblem_260.jpg



任天堂コラボの無双作品といえばWii Uと3DSで発売された「ゼルダ無双」がありましたが、本作はそこで感じていた不満点も解消してテンポ良く一騎当千が楽しめる作品になっています。





過去2作の「ゼルダ無双」では限定版であるTREASURE BOXを購入してきました。
しかし限定グッズはブログと動画紹介で開封したきりで、それからずっと物置で眠っています…。



zelda_220.jpg
3DS「ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ」



「ファイアーエムブレム無双」でもプレミアムBOXとTREASURE BOXも発売されていますが、今回は必要最小限に絞ってパッケージ版を手に入れるだけに留めました


Nintendo Switch版の他に3DS版も用意されていますが、グラフィックや処理能力を考えても本体を持っているなら断然Switch版がおすすめです。
自分としては4本目、そして初の任天堂以外のソフトです。まぁキャラクターは任天堂作品ですがw


パッケージを開けると、ゲームカードの上に「my GAMECITY」のポイント用紙と「ファイアーエムブレム0(サイファ)」のPR用紙が入っていました。
ゲームカード以外が封入されているのを初めて見ました。
また、パッケージの中が真っ白なのも初めてですw

fireemblem_261.jpg



本作は、主に「ストーリーモード」と「ヒストリーモード」から構成されています。
(以下、3DS版とは仕様が異なる点があるかもしれません。)

fireemblem_262.jpg



「ストーリーモード」は本作オリジナルの物語に、歴代のファイアーエムブレム作品からキャラクターが合流していきます。
随所に流れるムービーがとても綺麗!

fireemblem_263.jpg



「ファイアーエムブレム」シリーズはこれまで15作品がリリースされています。
本作は13作”覚醒”/14作”if”が中心で、加えて11作”新・暗黒竜”と、比較的最近の作品に偏っています

そして”覚醒”は、”新・暗黒竜”のマルスたちがいたおよそ2,000年後が舞台で、マルスは英雄王として語り継がれ、チキは両作品に登場します。
"if"は、"覚醒"に登場した子世代のキャラが登場します。名前は異なりますが支援会話を見ると同一人物だと分かります。
ですから夢の共演感はあまり感じないのが残念です…

とは言うものの、元の作品を知っている人なら思わずニヤリとしてしまう場面もありました。
例えば下の画像。倒れた主人公のところにクロムとリズがやってくるシーンなのですが、これは”覚醒”でマイユニット(ルフレ)が彼らと初めて出会うムービーそっくりに作られています。

fireemblem_264.jpg



まずは「ストーリーモード」をクリアして操作方法を覚えながら「ヒストリーモード」のマップを解禁させていきます。


「ヒストリーモード」は各作品の名場面になぞらえながら、決められたお題をクリアしていきます。
ここで7作”烈火の剣”と最新作”エコーズ”も登場することになります。

fireemblem_265.jpg



ここではマップやキャラクターアイコン、そしてBGMやカーソル操作音まで元の作品を踏襲しています。
元の作品をプレイされたことのある方であれば懐かしさを感じることでしょう。


fireemblem_266.jpg



「ストーリー」「ヒストリー」どちらのモードも戦闘前に準備画面が用意されており、操作するキャラクターを最大4人まで選んだり初期位置を入れ替えたりできます。
ゼルダ無双ではマップと敵味方の位置を確認するくらいでしたが、この辺はファイアーエムブレムらしさを感じます。


fireemblem_267.jpg



ファイアーエムブレムらしい要素としては「剣は斧に強く槍に弱い」といった3すくみも採用されています。
他にも絆支援やダブルといった過去作で登場したシステムも無双のアクションで表現されています。

fireemblem_268.jpg



敵を倒すと素材が手に入り、それを使って仲間を強化することができるのはゼルダ無双でもありました。
本作では、経験値が多く入る「エリート」や「力+10」といったファイアーエムブレムで登場したスキルもここで登場しています。

fireemblem_269.jpg



やり込みモードという点ではゼルダ無双の「アドベンチャーモード」にあたると思いますが、ゼルダ無双のは面数が多い割に順番もあまり自由に選べなかったのが不満点でした。
そういう意味で本作では冗長さは改善されていると思いますが、人によってはボリューム不足と感じるかもしれませんね。

zelda_130.jpg
ゼルダ無双「アドベンチャーモード」
ステージクリア時の出来によって隣接のマスに行けるようになります



ゼルダ無双では巨大魔獣が登場しました。
ゼルダらしくはありますが、攻撃を通すには相手が特定のアクションを起こした時に弱点となるアイテムを使う必要があります。
そのため、待つ時間が発生してテンポが悪くなってしまうのも個人的には気になっていました。

ファイアーエムブレム無双ではラスボスこそ巨大ですが、あとはキャラクターと同じ大きさ。
隙が出るのを待つ場面は少なく、ガンガン攻めていけます

仲間のキャラクターに関しても移動したら呆然としてることが多かったのが、しっかりと敵を倒して砦を制圧してくれることもあります。

そして何より、敵がワラワラ出てきて、それをバッサバッサと斬りまくるのは気持ちいいですw

fireemblem_271.jpg



ー ー ー ー ー

ゼルダ無双と似たシステムも採用しながら、発売から3年経ったこともあって様々な進化点・改良点もあって楽しめております。

不満点というか、気になるところでいうと武器の隔たり具合でしょうか。
現在プレイアブルキャラクターが22人いるうちで剣を使うのが10人、槍使いは3人全員がペガサスナイト
槍ならアーマーナイトとかもあるのですが、主役級のキャラを揃えた結果だとは思いますがバリエーションには乏しいかなと。

追加コンテンツが登場することもすでに案内されており、追加キャラにも期待したいです。

fireemblem_270.jpg
提供自体はまだながら3つまとめての予約販売が提供されています



アクションRPGのゼルダとは異なり、シミュレーションRPGのファイアーエムブレムが無双シリーズってどうなんだろうと疑問視していたのですが、両方の要素を上手くまとめている作品ではないでしょうか
問題は、果たして今の自分にやり込めるだけの時間はあるのか…。今月末には「マリオオデッセイ」が控えてますし(汗)
関連記事
スポンサーサイト

ファイアーエムブレム NintendoSwitch

0 Comments

Leave a comment