1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

28 2017

初プレイでも楽しめます「スプラトゥーン2」購入レビュー

Proコントローラー購入時にお伝えした通り、発売日に「スプラトゥーン2」と「ガール」のamiiboを手に入れました。
ヨドバシでは朝8時から販売を開始する異例の対応で、予約なしでもソフトやamiiboが用意されていました。

前作のWii U版は国内で約150万本と、マリオカートやスマブラを抜いて断トツの売り上げを記録しました。
国内でのWii U本体が約320万台とのことなのも、この数字のスゴさを物語っています。

しかし、ソフトが発売された2015年頃からゲーム熱が冷めていた自分にとっては今回がシリーズ初プレイとなります。

splatoon_001.jpg



人気タイトルだけに経験者との力の差が気になっていましたが、1週間で戦い方はかなり分かってきたつもりです。

話題になっているから買ってみた、初めてだったら勝てないだろうから買うのを躊躇してる、という方も多いのではないでしょうか。
今回はそういった方にもスプラトゥーンの楽しさを感じて頂きたいので、初心者の自分が辿ってきた軌跡と併せてレビューします。
大事なのは、これは敵を倒すゲームではなく塗るゲームだということと臨機応変さだと思います。





Nintendo Switchはダウンロード版もアリ

スプラトゥーンの話の前にちょっとゲームソフトの買い方について。
昨今はパッケージ版とダウンロード版の2バージョン販売されるケースも一般的となりました。

そして自分は基本的にパッケージ版を選んできました。
最大の理由がゲームのデータ容量
本体内蔵ストレージがあまり大きくないWii UやNintendo Switchでは何タイトルも保管しておくのは難しいです。

しかし、Nintendo Switchの設定を色々見ていると、ソフトのメニューの中に”データの整理”という項目がありました。
これはセーブデータだけを残すもので、再びそのゲームがしたくなった時にはeショップからダウンロードし直せば良いわけです。

switch_058.jpg



さらにスプラトゥーンでは、パッケージを手元に残しておきたい人のためにマイニンテンドーストアにて空のパッケージとダウンロードコードがセットになったゲームカードフリー版なるものまで登場しました。

splatoon_003.jpg



そしてダウンロードができるのは発売日の0時どころか、前日の22時頃から提供されてたなんて例もあったそうです。
スプラトゥーン2に関しては前日の21時からダウンロードが可能になり、22時にはもう遊んでいるフレンドさんが何名かいました。

Nintendo Switchは、カードスロットにカバーがあったり結構奥まで入れる必要があったりで面倒に感じてた自分。
ひょっとするとこれからはダウンロード版の方が良いのか?と予約をした後に考えるようになりました。


とは言っても、何タイトルも同時並行で攻略する方、中古ショップでソフトを購入/売却する方、ソフトの貸し借りをする方、ゲームカードも手元に残したい方、ネット環境が限られている方などパッケージ版が向いている人も多くいるでしょう

今後どちらのソフトを買おうか悩んでいるところです。


ジャイロに慣れよう

長い前置きはこの辺にして「スプラトゥーン2」のパッケージを開けます。
ジャケット裏側(パッケージ中面)にもイラストがあって、リバーシブルとしても使えそうです。

splatoon_002.jpg



ゲームを起動。
まずは実際に操作して動かし方を学ぶところから始まります。
一部の操作はオプションで変更できますが、ここでは初期設定のまま進むしかありません

splatoon_004.jpg



操作方法で好みが分かれそうなのが視点操作だと思います。
初期設定ではコントローラーを傾けるジャイロ(左右はRスティックでも可)で操作するのですが、全てRスティックで行う方法にも変更できます
しかし自分はジャイロをオススメします。

視点操作は変更できてもボタンの役割は変更できません
なので、ジャンプをしようとBボタンを右手親指で押すとRスティックは実質使えなくなってしまいます。
一旦視点を切り替えてからジャンプして…と悠長なことはスピードが重要のスプラトゥーンでは避けたいところです。


自分も初めは3D酔いするからとジャイロを敬遠していたのですが、今ではすっかり慣れてしまい、むしろRスティックでの操作が煩わしく感じてしまいます。

急いで傾けるのではなく基本はゆっくり動かします
感度が調整できるので、ついついオーバーに傾けてしまう人はマイナスに、もっと動かしたい人はプラスに補正するなどしながらジャイロ操作に慣れて下さい。

splatoon_005.jpg



ちなみにスプラトゥーンはジャンプがBボタンですが、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」ではXボタンなので、最初はしょっちゅう押し間違えてマップを表示させちゃってました(汗)


まずはランク4

スプラトゥーンのメインはネット対戦です。
対戦すると経験値が増えランクが上がっていきます。

このランクが4になるとギア(服装)が購入できるようになりますので、まずはそこまで繰り返し戦ってみて下さい。

splatoon_006.jpg



ギアは戦闘が有利になる様々な効果があります。またバトルの経験値で空きスロットにランダムで効果が追加されます。
まだどのブキにどのギアが効果的なのか分からなくても、とりあえず付けて(着せて?)おきましょう。

splatoon_007.jpg



初めての人にとっては負け続けたり、勝ってもポイント低くて手応えがなかったりの険しい道のりになるかもしれませんが、まずは先のジャイロにも慣れるために練習してみて下さい

参考までに、自分の場合は4勝4敗の全8戦でランク4に上がり、7戦はチーム内で一番低いポイントでした(汗)
時間にして40分ってとこでしょうか。


急がば回れ

ランクが上がるとブキのバリエーションも増えるので引き続き対戦したいところかもしれませんが、その前にプレイしておくのをオススメするのが1人用プレイの「ヒーローモード」です。

ここではブキの使い方が学べます
単にインクを発射していれば良いというレベルを脱せると思います。
ランク4を目指す前にプレイしていても構いませんが、まだ使えないブキの操作を先に習得しても後で忘れちゃうかもしれないので、個人的にはランク4後にやるのが良いタイミングかなと。
この段階で必ずしもエンディングまで行く必要はありません。あくまでブキの使い方の学習なので全部で5つあるエリアの内2まででも構いませんし、3か4くらいまで来れたら十分でしょう。


ヒーローモード開始時は何をしたら良いのか分からないかもしれません。(自分がそうだったってだけですがw)
最初にいるのはコース選択の場所です。
透明になった釜があるので怪しいと思ったところをインクで塗ってみて下さい
まずは探索して、そして各コースをクリアしていく作りになっています。

splatoon_008.jpg



コースは、宙に浮いた箱庭ステージをいくつか渡っていくという「マリオギャラクシー」を彷彿とさせるものでした。
他には”タコゾネス”という敵と対戦したり、各エリアの最後にはボスもいます。

splatoon_009.jpg



まずはローラーがオススメ(でも早めの卒業を)

スプラトゥーンはブキのバリエーションが豊富です。
しかし初心者はどれを使えば良いのでしょうか。
自分としてはローラー系をオススメします。
まぁ自分が発売目の試射会/前夜祭で手応えがあったってだけなんですがw

もしくは最初に使った「わかばシューター」を使いこなすのも良いでしょう。
ただし相手を倒そうと思うと照準を合わせる必要があるので、そういうのが苦手な人はローラーの方が扱いやすいかなと思います。


ローラーは接近戦に特化したブキ。そしてインクを広く塗れます
相手を一撃で倒せるので、成功した時は快感です。

splatoon_010.jpg



しかし慣れたプレイヤーも当然その辺は熟知してますので、相手がローラーだと距離を取って攻撃してきます
こうなると一気に不利になります。

対戦では相手にただ突進して倒され続けるローラー使いをよく見かけます。これはチームの足を引っ張るだけ。

ですからローラーを極めようと思わないのであれば、ゆくゆくはご自身の戦闘スタイルに合った別のブキを探してみて下さい


ピンチはチャンス

何度もバトルをしていて感じたのは、スプラトゥーンは戦略性の幅がものすごく広いです。
ブキが違うと戦い方は変わりますし、相手の出方も予測する必要があります。
どうやったら勝てるのかまだまだ模索している最中ではありますが、しかし山ほど負け続けた中で分かってきたこともあります。

自分も当初は勘違いをしていたのですが、このゲームは相手を倒すことが重要なのではありません
レギュラーマッチのルールであるナワバリバトルでは最終的にどれだけ多く塗っているか、この一点のみが評価されます。

相手を倒すと一定時間操作不能後スタート地点に戻せますし、倒されると自分がそうなるのですが、これはあくまで付随的なもの。
もちろん倒されないことも大事ですし可能ならば相手は倒した方が優位に立てますが、要は優先度が違うということです。

個人的な見解ですが、塗ること>自分が倒されないようにすること>相手を倒すことの順に大事かなと感じています。

ですからまだ操作に慣れない人は無理して前線で戦おうとせず、例えば仲間を後方からボムなど投げて支援したり、はたまた相手陣営にこっそり忍び込んで領地を拡大するのも良いかもしれません。

結果画面では各自が塗ったポイントも表示されるので、自分がどれくらい塗れたのか目安になると思います。
倒しても倒されてもポイントが増減することはありません。ひたすら塗りましょう。
(注意:勝敗は最終的に塗った面積であり、各自のポイントの合計ではありません。)

splatoon_015.jpg



バトル中、かなり押された状態だと「ピンチ!」の文字が表示されます。
しかし諦めるのはまだ早いです。
相手チームにたくさん塗られているということは、これから自分たちがこれから塗り変えられる場所がたくさんあるということなのです。
これまでにも、中盤まではほとんど相手チームの色だったのに最終的には勝てた試合が何度もありました。(逆もまた然り)

splatoon_011.jpg



Xボタンを押すと全体のマップが表示されます。
戦況を見極めるのに大事ですので、倒された後のインターバルやインク補充などでこまめにチェックしたいところです。
マップも利用しつつ臨機応変に動けるようになったらもう上級者でしょうね。

Wii Uの頃はゲームパッドにマップを映してたようですが、1画面しかないNintendo Switchではマリオカートみたいに右下辺りにでも常時小さく表示しておいて欲しいところではあります。

splatoon_012.jpg



…とまぁ偉そうなことを言ってきましたが、自分もまだまだ初心者で連敗が続くこともしょっちゅうです。
是非皆さんなりの必勝法を探してみて下さい


amiiboはあくまでオマケ

スプラトゥーン2に合わせて3体のamiiboも同時発売されたので、とりあえず「ガール(ネオンピンク)」だけ入手しました。
残る「ボーイ」と「イカ」は今後のハマり具合を見て決めます。さらに、前作”1”のamiiboもあるわけで…。
自分にとってはゼルダシリーズ以外のamiiboはこれが初めてです。

splatoon_013.jpg



主な利用シーンはカスタマイズした内容を保存できること。
amiibo1体につきブキやギアの組み合わせを1つ記録ができて、対戦前などで瞬時に呼び出すことが可能です。
そんなのくらいソフト内にセーブデータ持たせりゃ良いのにと思うんですが、amiiboに付加価値を持たせるためのものでしょう。

ただ、1つしか保存できないのは不便です。
ブキによって付けたい効果は異なります。
これも必要な数だけamiiboを買ってねということでしょうか…。

ちなみにスプラトゥーン以外のamiiboは使えないので自分はガールの1体、つまり1パターンだけ保存できることになります。


あとはバトルを繰り返すと各amiiboごとに限定のギア(服装)がもらえます
ネオンピンクガールは学生服なデザインでした。

しかしこのギア、レア度は全て2のようで、ギアパワーが追加できるスロットが3つあるレア度3のギアよりも付けられるギアパワーが1つ少なくなっています。
どうやらスロットを増やす方法もあるらしいのですが、簡単にいくつもとはいかないみたいです。
強さを求めるならレア度3で揃えるのが得策でしょうから、amiibo限定ギアはあくまで見た目を楽しむものという感じがします。

splatoon_014.jpg



ー ー ー ー ー

長くなりましたが、仲間と協力するモード「サーモンラン」スマホアプリから対戦成績を見たりギアを注文できる「イカリング2」などこれでもあえて説明を端折ったくらいスプラトゥーン2は内容盛りだくさんです。

話題になっているから買った自分も今ではすっかりハマっています。
音楽もイカしているんでついつい時間を忘れて遊んでいます。


マリオカートやスマブラとは異なり、チーム戦が基本のゲームなのでボロ負けし続けるということはないはず
コツが掴めてくれば初心者でも十分楽しめると思います。自分がまさにそうでしたから。

この面白さは長々と説明するよりやってみると分かりやすいでしょう。
そう、「習うより慣れろ」です。

splatoon_016.jpg



どうやらまだSwitch本体が入手困難な状態が続いているみたいですが、対戦ゲームを楽しみたい方は本体ごと買っても良いくらいの奥深さがありますよ。

ということで、これからまた対戦に行ってきます。
皆様も良きイカライフを。
関連記事
スポンサーサイト



スプラトゥーン NintendoSwitch

0 Comments

Leave a comment