1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

22 2015

Xperia Z5の外観をチェック 〜Xperiaアンバサダーレビュー〜

※Xperiaアンバサダープログラムのモニター企画でXperia Z5の試作機をお借りしています。

先日参加したXperiaアンバサダーミーティング
そこでソフトバンク版のXperia Z5をお借りしました。

今回はXperia Z5の外観レビューです。

xperia_082.jpg


カラーはグラファイトブラック。
歴代Zシリーズの黒は指紋が目立ちましたが、Z5の背面は磨りガラスになっており指紋は一切目立ちません

ソフトバンク版はグローバル端末と同じ外観でキャリアロゴが一切ないのが良いですね。


防水端末ながら上側面のイヤホン端子はキャップレス

また、四隅の部分は塗装が剥がれにくい様にするため素材が異なるのですが、Z5はどのカラーもサイドの色味とあまり違いがありません
Z4ではつぎはぎ感があったので、これはZ5で改良された点です。

xperia_084.jpg


下側面中央にあるmicroUSB端子もキャップレス防水機能を備えながら使い勝手を犠牲にしていないところは大変評価出来ます
ただし、使用する際には十分に水気を取っておく必要があるのは要注意です。

その横にはストラップホールも設けられています。

xperia_085.jpg


左側面にはSIMカードとmicroSDカードスロットがあり、こちらが唯一のキャップとなっています。
両カードをトレイに乗せる方式です。

xperia_086.jpg


前面上部にはソニーロゴと左隅に通知LEDが。
以前使っていたXperia Z(SO-02E)はこの部分にドコモとXiのロゴがあったあったのですが、やっぱりソニーロゴの方が良いです。

端末の上下にある通話時や動画鑑賞の際に使用するスピーカーはよく見ると広く設けられています。

xperia_087.jpg


背面のカメラには出っ張りがありません。これはiPhone6シリーズと比べて良い点と言えるでしょう。

一方で、端末を置いた時に傷が付かない様になのか、背面のパネルよりもサイドの部分が出っ張っています
これが端末を持った時に引っかかりを感じて少し痛いです。
前面も同じ作りになっていて、これは端末を置いた際に傷が付かない様にする工夫だと思われます。

後で保護フィルムを貼ると段差は少なくなるでしょうが、この点がファーストインプレッションで一番気になった点です。

xperia_088.jpg


左側面の下側にはZ5から新たにXPEIRAロゴが刻印されています。
あまり目立たないところではありますが、これはカッコイイと思います。

xperia_089.jpg


右側面にある電源ボタンには新たに指紋認証機能が加わり形状が変更になりました。

これまで採用されていた金属ボタンの方が良かったという声もありますが、手軽に指紋認証が出来る場所として電源ボタン部分に割り当てられました。
自分もその考えには大いに同意出来るのですが、しかし質感が落ちてしまったのも事実だと思います

xperia_090.jpg


同じく右側面には音量とカメラボタンもあります。
Z4の電源ボタンは出っ張っていて意図せず押してしまう事があったのですが、Z5の電源ボタンは出っ張っていません。

xperia_091.jpg


電源ボタンの大きさは親指に合わせたという事で絶妙なサイズだと思いますが、音量ボタンの位置はもう少し電源ボタンに近い方が良かったと感じました

xperia_092.jpg



自分が最近まで使っていたXPERIA端末はXperia Z(SO-02E)にまでさかのぼるのですが、ミーティングの中でZ5は初代Zと同じ人がプロダクトマネージャーだったのでZ3やZ4と違って角ばっているという経緯を知ったので、両端末を並べてみました。

縦は長くなりましたが、横幅はほぼそのままで液晶サイズが5.0インチから5.2インチにアップしています。

xperia_093.jpg


そして重量は146gから154gになりましたが、暑さは7.9mmから7.3mmに薄くなりました。
数字上では重くなりましたが持ってみて違いはあまり感じられませんでした。

Z3やZ4と比べると角ばりましたが、こうして初代Zと比べるとわずかながら丸みを帯びています。

xperia_094.jpg


ー ー ー ー ー

以上、Xperia Z5の外観レビューでした。

全体的にはそつなくまとまっています
特に軽量化によって、iPhone6sが重く感じる様になってしまいました(汗)


しかし、自分にはどうしても気になる点があります。

冒頭でも触れた通り、Z5の背面パネルは磨りガラスに変更されました。
ホワイトに採用されているシルバーな背面は質感も良さそうだったのですが、他のカラーは質感が落ちてしまった印象です。
かと言って、Z5 Premiumが高級感があるかというと、正直そうでもなさそうです。
Z5シリーズ共通の電源ボタン変更もレビューで触れた通りです。

xperia_076.jpg


Z4では四隅の部分のちぐはぐ感が気になり、今回Z5では背面パネルや電源ボタンが変更され、最近のXperiaはデザインの点でいまひとつな感じがするのです
Z5を持った際に引っかかりを感じて痛いのも使用上の工夫かもしれませんが、デザインとしての完成度は落ちています。
これまで自分はほとんど興味がなかったGalaxyが、S6/S6 edgeになって見た目が良くなったと感じた相対的な要因もあるかもしれませんが。

自分がXperiaに一番期待しているのはデザインの良さ・質感の良さです。
初代Xperia Zが発表された時は、当時のスマートフォンの中では高級感みたいなものがあった様に思います。
だったからこそ、Xperia AXからわずか3ヶ月で機種変更しました。
まぁAXは電源フリーズ問題があって嫌気が差したという事もありますが、それでもメーカーを変えなかったのは間違いなく初代Zが魅力的だったからです。

毎日持ち歩くもの、だったらなおさら見た目にはこだわりたいという考えあって、プロモーションの言葉を借りるなら「だから私は、Xperia。」だったわけですが、最近のXperiaにはそれがあまり感じられなくなってしまいました。

先月Xperia Z5を触った後にiPhone6sに機種変更したのはそういった考えもあったのです。

xperia_095.jpg


意見が長くなりましたが、それでもまだトータルで考えて他のスマートフォンと比較すると自分の中ではXperiaは魅力的な端末です。
最近は薄型軽量化やカメラに注力されていますが、今後はデザイン・質感にも更に力を入れて頂ければと思う次第です。


ちなみに、お借りしたセット内容としてはACアダプタとケーブルも入っていたのですが、ソニー・エリクソン時代のものでしたw

xperia_083.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Xperia

0 Comments

Leave a comment