1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

10 2015

梅田蔦屋書店の有料ラウンジにてスタバ新メニューを賞味しました。

大阪・梅田にあるルクア1100(イーレ)の9階に今年5月にオープンした蔦屋書店
ここにはスタバが併設されており、通常の座席やカウンターの他に有料の「ガーデンラウンジ」も用意されています。

先日スタバの期間限定メニューを賞味するために利用してみたので、今回は「蔦屋書店のラウンジ利用」と「スタバの新メニュー」のレポート2本立てをお送りします。

starbucks_092.jpg



ガーデンラウンジの利用について

このラウンジは蔦屋書店に併設されているスタバかLe Garage(ル・ガラージュ)というカフェの利用が前提となっていますので、まずはスタバにてオーダーしたものを持って入口へ向かいます。
後で触れますが、ラウンジではTカード割引がある事もあってか、こちらのスタバではTポイントが貯められます

このラウンジ、オープン当初は無料で開放されていたのですが、人気のためか8月から有料になりました。
料金については、初めは2時間2,000円だったみたいですが、さすがに高かったのかその後1時間1,000円(延長は30分500円)に加え、早朝・深夜の利用は無料になりました。
また、Tカードがあると料金が半額になる割引も導入されました。

starbucks_093.jpg


店員さんに聞いてみるとTカードはその場で無料にて作れるので、基本的には全員Tカード割引の恩恵が受けられます。

今回は一緒にいた友人がTカードを持っていたので一緒に割引を受けられたのですが、今後の事も考え自分もTカードを作る事にしました。

店員さんに利用する旨を伝えると、座席は自由に選べました。
席に着いてしばらくすると店員さんがやって来てシステムを説明。

「ここの場所使ってます」という番号の書かれた緑の紙と、「料金払いました」という離席する際には持ち歩く白い紙の2枚を渡されます。
白い紙の裏には利用開始時刻が記入されていました。

そしてまずは基本料金の500円(Tカード割引)×人数分を支払います。
Tカードを加入する際にはここで申込用紙に記入もします。
少々時間がかかるので利用開始時刻を5分遅らせてくれました。

starbucks_094.jpg


料金を支払うと店員さんが一旦受付に戻りレシートと先ほど加入したTカードを貰います。
Tカードは蔦屋書店オリジナルデザインで、なかなかオシャレな感じがします。

starbucks_095.jpg


で、ここからは1時間まったりとティータイム。
Wi-Fiも完備されています。

starbucks_096.jpg


スタバの新メニューと復興支援カードについて

スタバで10月1日から販売されている期間限定メニュー「フルーツクラッシュ&ティー」「フルーツクラッシュ&クリームフラペチーノ」をオーダーしました。

どちらもアップルやストロベリーの果肉があってとってもフルーティー
特にホットティーに果肉があるのは珍しいですね。
でも自分ははっきりとした甘みがあるフラペの方が好みでした。

starbucks_097.jpg


ちなみに先月から11月4日までは震災復興支援スタバカードで決済するとその内の1%が東北の復興支援寄付金に充てられます
今年で4年目を迎え、過去に販売された復興支援スタバカードも対象となっております。
自分は一昨年昨年と、この時期になると復興支援スタバカードに残高を移行して使用しています。

残念ながらこの日ここのスタバでは復興支援スタバカードは在庫切れとなっていましたので、後日別の店舗で手に入れました。復興支援カードは発行する際、チャージ額の内の100円が寄付金となります。
一緒に、こちらも期間限定の「フィローネ きのこ&モッツァレラ ポーク」もオーダーしました。
スタバのフード、特にホットのものは安定の美味しさです。

starbucks_098.jpg




さて、ガーデンラウンジでは時間になると最初に渡された緑と白の2枚の紙を持って受付へ。
延長が発生した場合はここで追加料金を支払う事になると思いますが、自分たちは1時間で退席しました。


一般の座席もある中で有料のラウンジを利用するのは敷居が高く感じられますが、その分すぐに座れてゆっくりと過ごせます。
また退席する際も、次に座りたい人がやって来る無言の圧力を感じる事もありませんw

このガーデンラウンジの他に、窓から大阪駅や時空(とき)の広場が眺められる「4thラウンジ」という場所も同じ料金設定であります。
こちらの方はWi-Fiに加え、電源が完備されている席もあります。

starbucks_099.jpg


蔦屋書店は豊富な本の数だけでなく、こういったカフェや更にはアップル製品まで取り扱っていて面白い店舗になっています。
お近くに立ち寄られた際には一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

スタバ

0 Comments

Leave a comment