1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

28 2015

限定版をゲット!「ファイアーエムブレムif Special Edition」購入レポート

自分の大好きなゲームシリーズの1つが「ファイアーエムブレム」。
その最新作「ファイアーエムブレムif」が25日に発売されました。
前作「覚醒」以来、実に3年振りの新作です。

本作はストーリーの異なる「白夜王国」と「暗夜王国」の2パッケージ販売となっているのですが、その両方が楽しめる「ファイアーエムブレムif Special Edition」が数量限定で用意されていました。

fireemblem_225.jpg


無事ゲット出来ましたので開封していきましょう!


スペシャルエディションのパッケージですが、後でご紹介するアートブックがあるため少し大きめになっています。

fireemblem_226.jpg


パッケージソフトよりも、New3DS LL本体のパッケージと同じくらいでした。

fireemblem_227.jpg


スペシャルエディションでは、
1.「白夜」「暗夜」両方が1つになったゲームカード
2.後日配信予定の”3つ目のルート”を無料でダウンロード出来る権利
3.アートブック
4.トレーディングカード「ファイアーエムブレム 0(サイファ)」限定カード

がセットになっています。

fireemblem_228.jpg


中を開けるとパッケージソフトとアートブックが出てきました。

fireemblem_229.jpg


パッケージソフトは、表が「白夜」、裏が「暗夜」の両面表紙になっていました。
アートブックも同様です。

fireemblem_230.jpg


本作ではシリーズ初のCERO Cとなっているのでパッケージカラーが黒色になっています。

fireemblem_231.jpg


アートブックは主要キャラクターや白夜王国/暗夜王国のイラストが掲載されていました。
あんまりじっくり見ていてネタバレがあるとイヤなので、後日改めて見たいと思いますw

fireemblem_232.jpg


そしてこちらがパッケージソフトの中身。

fireemblem_233.jpg


先述の通り、ゲームカードは「白夜」「暗夜」両方が追加購入なしで最初から楽しめる限定ものとなっています。

fireemblem_234.jpg


そしてこちらが「ファイアーエムブレム 0(サイファ)」の限定カード。
マルスとルキナの2枚が入っていました。
キラキラしていて一見でレアっぽいのが分かります。

fireemblem_235.jpg


ジャケットの裏面にもイラストが描かれており、リバーシブルで使える様になっていました。
よく見ると右下にはコザキユースケさんのサインも。

fireemblem_236.jpg



さて、それではゲームを起動しましょう。

fireemblem_237.jpg


まずは難易度選択。
シリーズプレイ経験のある自分はハードにしました。
本作ではプレイ中にも難易度を下げる事が出来るのでまずはハードから初めてみても良いのではないでしょうか。
ただし、途中で難易度を上げる事は出来ません。

fireemblem_238.jpg


次にモード選択。
最近ではカジュアルモードも定着しつつありますが、ファイアーエムブレムと言えばやはりここはクラシックでしょう!
失った仲間は戻って来ない。これによって仲間を大切にしようと思う良い緊張感が生まれるのです。

fireemblem_239.jpg


プレイスタイルが決まると、今度は本作の主人公となるマイユニット作成に移ります。

性別や髪型等を選択するのですが、本作では下画面に大体の指標があってそれに沿って決めていきます。
ちなみに髪型は後から変える事も出来ました。

fireemblem_240.jpg


名前を決めると、最後に長所/短所や素質を選びます。
長所/短所はステータスに影響、素質もクラスチェンジに影響するのですが、難易度がルナティックでない限りは好みで選んで構わないかなぁと。

これで準備完了です。

fireemblem_241.jpg



本作の最大の特徴が「白夜王国」「暗夜王国」のどちらに属するのか選ぶ点。
ダウンロード版とスペシャルエディションは6章の前に選択する場面があります。

ポケモンみたいにパッケージは違うけどストーリーは一緒というわけではなく、それぞれがちゃんと1本分のボリュームがあるとの事です。

ちなみにダウンロード版は一度選択してしまうと、そのセーブデータを消しても変更は不可能だそうです。
スペシャルエディションは両方収録されているので同時並行で進行も可です。

fireemblem_242.jpg


「白夜」は物語の途中でレベル上げの寄り道が出来、「暗夜」はそれが出来ないという違いがあります。
なので「白夜」の方が難易度が低い印象ではありますが、先の難易度やモード選択で調整も可能です。

雰囲気としては「暗夜」の方がこれまでのシリーズと似た西欧っぽさがあるのに対し、「白夜」は和風になっています。
物語は、暗夜王国=悪となっていて、白夜王国から対峙するか、暗夜王国の中から国を変えていくかといった違いがあるみたいです。

個人的には「暗夜」側に興味津々ながらも、「白夜」から進める方が王道なのかなと思いまずはそちらから攻略する事にしました。

白夜を選択したところでタイトル画面にも”白夜王国”と表示されました。

fireemblem_243.jpg


そして、「白夜王国」「暗夜王国」のどちらにも属さないという第3の選択が、7月に有料コンテンツとして2,000円で提供予定となっています。

fireemblem_245.jpg


スペシャルエディションは9,990円で販売されていました。
「白夜」「暗夜」「3つ目のルート」が入っていて、なおかつアートブックまであるのでお得なセットです。

しかしこのスペシャルエディション、「if」の発表と共に4月初旬に販売開始されるとすぐに予約受付を終了した店舗がほとんど。
後日追加生産も発表されましたが、それもすぐに売り切れとなりました。

今回自分は無事に手に入れる事が出来ましたが、もうちょっと販売数を増やしても良いんじゃないかと感じた次第です。
ファイアーエムブレムの限定ものと言えば「覚醒」の本体同梱版を入手するのに苦労したのも記憶に新しいです…


実は「if」オリジナルデザインのニンテンドープリペイドカードも手に入れていました。
3つ目のルート以外にも追加コンテンツが提供予定との事ですのでこちらはそれらに充てたいと思います。

それにしても有料コンテンツが多いなぁと(汗)
前作「覚醒」は結局全ての追加コンテンツだけでソフトの値段とほぼ同等にまで積み上がりましたが、果たして本作はどうなるか。

fireemblem_246.jpg



ところで、前作「覚醒」のプレイデータがあるとちょっとしたプレゼントが貰えます。
前作をプレイした皆さんはお忘れなく。

fireemblem_244.jpg


最近ゲームをする時間が減ってきているのですが、ファイアーエムブレムは別格!
とりあえずこの土日は寝る間も惜しんでどっぷりプレイしていましたw


※動画でも紹介しています。

関連記事
スポンサーサイト

3DS 購入レポート

0 Comments

Leave a comment