1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

14 2015

始めはがっかりしたけど中盤から盛り上がった「リズム天国 ザ・ベスト+」購入レポート

6月11日に3DS「リズム天国 ザ・ベスト+」が発売されました。

前作から約4年振りのシリーズ4作目となる本作。
初代のGBA版は当時DSが最新ハードだったため購入を見送ってしまいましたが、「スペースチャンネル5」の様なリズムゲームが大好き(「太鼓の達人」みたいな音ゲーは難易度が上がると下手)な自分は2作目以降は手に入れてきました。

rhythm_010.jpg



GBA版はボタン操作でしたが、DS版「リズム天国ゴールド」ではタッチペンで操作、Wii版「みんなのリズム天国」ではリモコンを片手で持っての操作でした。

個人的にはしっかり両手で持ってのボタン操作が好みなので、購入前から本作には大いに期待していました。
ちなみにタッチペンでの操作も可能になっています。

歴代のリズムゲームのいくつかが最新ハードで遊べるのもポイント高いです。

rhythm_011.jpg


毎度の事ながら自分は基本的にパッケージ版を購入していますが、取説はなくなりましたし、クラブニンテンドーのシリアルナンバー用紙もなくなりました。
こうなってくるとパッケージが大きく感じてきます。

rhythm_012.jpg



それではゲーム開始!

rhythm_013.jpg


今回は下画面にタイミングの度合いが表示されます。
自分はせっかちなので早めにボタンを押してしまいます(汗)

ちなみに下の写真の左右にいるのは以前スペシャルMiiとして保存していたチュートリアル徳井さんとフットボールアワー後藤さんです。

rhythm_014.jpg



本作ではちょっとしたストーリーモードに沿って進めていきます。

rhythm_015.jpg


まずはシリーズおなじみ「カラテ家」からスタート。

rhythm_016.jpg


基本的に、初代→ゴールド→みんな→初登場のゲームで1ステージが構成されています。
4つのゲームをクリアすれば次のステージに進めます。

rhythm_018.jpg


各リズムゲームをクリアすると成績によってコインが貰えます。

rhythm_017.jpg


ステージの途中では門番が待ち構えているところもあり、ここをクリアしないと先には進めません。
難易度が3段階あり、易しいものは先述のコインが多く必要になっている仕組みです。

rhythm_019.jpg


リズムゲームは先に進んでいくと徐々に難しくなっていくのですが、何度も失敗してどうしてもクリア出来ない場合はコインを払って進む事が出来ますので、初心者にも安心の設定になっています。

rhythm_020.jpg



で、序盤まで進めてみたところの感想は非常に残念なものでした。
というのも、歴代のリズムゲームでの曲が変わってしまっているのが多くあるからです。

曲込で楽しいリズムゲーム、思い入れの強いもの程曲が変わってしまうとがっかりです。
初めての人にはそこまで感じないかもしれませんが、シリーズプレイ経験のある自分としては特に「ちいさないきもの」「ピンポン」はオリジナルのままで遊びたかったのです。

こうなるとただただ”作業ゲー”に変わってしまい、道中繰り広げられる漫才みたいなギャグやりとりの様なものも退屈なだけになってしまいました。

初登場ゲームこそ良い意味での”バカゲー”(特に「通訳者」はバカバカしくて面白いです)でしたが、正直この時は購入を後悔したくらいです。

が、一旦ストーリーモードが終了した感じになったところでまだ続きがありました
そして大半が「かえってきた◯◯」として再登場。
この時に歴代のものと同じ曲が採用されていました。
これでようやく一安心です。

rhythm_021.jpg


これで印象はまぁまぁかなってところまで盛り返したのですが、更にその後にも新たな展開が待っておりボリュームはかなりの量となっています。

最終的に「ピンポン」等は3バージョン存在する事となるのですが、だったらやっぱり最初のは要らなかったかなと。
それか他のゲームで遊びたかったです。

多くのリズムゲームが収録されているので、色々なゲームをプレイしていくならばキッサ店にあるミュージアムからの方が選択しやすいかもしれません。

rhythm_023.jpg


ミュージアムでは音楽も聴けるのですが、少し残念なのは本体を閉じて聴く事は出来ませんでした。


おなじみ緊張感満載のパーフェクトキャンペーンも健在。
今回はチャレンジモードから出現する様になっており、間違えたら即終了というルールになっています。

ボリュームが多い分、それら全てをパーフェクトクリアしようと思うと大変です(汗)
少し寂しいのは、パーフェクトをクリアしてもキッサ店のマスターに褒めてもらえませんでした。
DS版ではこれがちょっとした嬉しさだったのですがw

rhythm_022.jpg



現在ストーリーモードを終えたところなのですが、感想は序盤の頃と全く変わって、シリーズ過去最高なのではと思っています。まさかここまで印象が変わるとはw
ボリュームは多少水増し感もありますが、それでもバリエーションは豊富です。
操作感もやっぱりボタン操作が良いなと思います。

「リズム天国」はヘッドホンで楽しみたいゲームです。
加えて本作では上画面が3D表示に対応しており、例えば「バドミントン」では奥行きのある画が楽しめます。


パーフェクトキャンペーンも残っていますし、ショップで買えるリズムゲームもまだまだ残っているのでこれからも長く楽しめそうです。
関連記事
スポンサーサイト

3DS 購入レポート

0 Comments

Leave a comment