1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

31 2014

マイゲームアワード2014

明日から2015年がスタート。
2011年元日に開始した当ブログは4周年を迎え、明日からは5年目へ突入します。

そんな今回は、大晦日恒例(?)の「マイゲームアワード」
今年1年自分が購入したゲームの中から良かったもの5つとイマイチだったもの1つを選出します。

game_032.jpg


今年は比較的少なめの年となりました。
ゲームに割く時間が短くなってきたのも要因でしょうか。

<それぞれに購入レポート時のリンクを貼っています>

本体
Newニンテンドー3DS LL 大乱闘スマッシュブラザーズエディション

ニンテンドー3DS
星のカービィ トリプルデラックス
ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス
デデデ大王のデデデでデンZ & カービィファイターズZ
ヨッシー New アイランド
大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS

Wii U
Dr.LUIGI & 細菌撲滅
ドンキーコング トロピカルフリーズ
ファミコンリミックス2
マリオカート8
ゼルダ無双 TREASURE BOX
進め!キノピオ隊長
大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U GCコントローラ接続タップ セット

クラブニンテンドー特典
クラブニンテンドーピクロス+

少なくはなりましたが、今年もゲーム機本体を購入。
初めて販売された2011年から結局4年連続で3DS本体を買っています(汗)


<マイゲームアワードリンク>
2010年 2011年 2012年 2013年



5位「ドンキーコング トロピカルフリーズ」

donkey_009.jpg


まずは5位から。
SFC「スーパードンキーコング」を彷彿させる硬派なアクションが入賞です。
間口が広いマリオシリーズ等も楽しいですが、歯ごたえのあるのもやりがいが出ます

決して易しくないゲームですが、本作では難易度が選べますし、バルーンやお助けアイテムが豊富にあるのでゲームオーバーにはなりにくいと思います。

ローディング時間が気になる時もありますが、前作「リターンズ」を超える出来だと思います。

donkey_015.jpg



4位「星のカービィ トリプルデラックス」

kirby_051.jpg


続いては3DSのカービィシリーズ最新作。
ゲームモードが豊富で、"いつもの"ストーリーモードに加え手軽に遊べるミニゲームや手ごわいやり込み要素もあります。
SFC「スーパーデラックス」とタイトルも構成も似ていますが、テンポも良くて完成度が高いです。

kirby_060.jpg


個人的には「星のカービィ64」と「星のカービィWii」も好きでしたが、本作もトップクラスの作品だと思います。
ここ最近のカービィシリーズは当たりが多いです。


銀賞「大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS / Wii U」

smashbros_025.jpg

smashbros_037.jpg


ここからはトップ3。
入賞は5つまでなので3DS版とWii U版まとめました。
もはや説明不要の大人気ビッグタイトルです。

何だかんだで発売から今日までどちらも毎日起動しています。
その中でも、自分はWii U版よりも3DS版の方が好きです。

Wii U版は画質がキレイでボリューム満載なのは素晴らしいのですが、キーコンフィングをしている場合、毎回登録した名前を呼び出すのが面倒です。
3DS版は変更したカラーまで覚えてくれるのが便利でした。

smashbros_047.jpg


また、Wii U版オリジナルの「ワールドスマッシュ」はあまりプレイしていません
ボードゲーム風で最初は楽しそうに感じたのですが、戦略性は低いですし、対戦で使うキャラがランダムだったりで、自分としては面白さには繋がりませんでした。

3DS版の方が手軽に遊べるという利点がありますが、そのアドバンテージを差し引いてもWii U版の方が見劣りがしてしまします。
Wii版「X」がGC版「DX」よりもボリューム満載だったのに個人的にはイマイチだった頃を思い出しました。

というわけで、面白いのですが気になる点もあるという事でこの順位にしました。


銅賞「マリオカート8」

mario_186.jpg


発売を楽しみに待っていたWii Uのマリオカート、期待を裏切りませんでした
3DS「マリオカート7」の完成度が高かったですが、本作はそれをも越えたのではないでしょうか。

当初は細かな点で気になるところもありましたが、後日のアップデートで対応してその不満点も解消

そして追加コンテンツでさらに楽しさが増しました
別のゲームのリンクまで登場して良いの?って気もしなくはないですがw

mario_252.jpg


十分トップクラスの完成度なのですが、今年はもっと期待値を上回った作品が登場したので惜しくも2位としました。


大賞「ゼルダ無双」

zelda_121.jpg


今年一番良かったソフトは「マリオカート」でもなく「スマブラ」でもなく「ゼルダ無双」に決定しました!

"ゼルダ"ファンにはニヤリとする演出とボリュームの多さ、しかも追加コンテンツ配信でまだまだ面白さが広がっている最中です。
後日発売されたamiiboにも積極的に採用と、一応サードパーティソフトながら抜かりはありません。

手軽に遊べる部類ではないので、実は自分はまだまだ攻略しきれていないのですがそれでも大賞をあげても良いと思える内容でした。

zelda_170.jpg



ラズベリー賞「ヨッシー New アイランド」

mario_214.jpg


一方、今年の期待値を下回ったソフトはこちらにしました。

最大の要因はジャイロ機能を使ったステージ
コースの途中で始まるので、外ではプレイしづらいし、クリアしないとまた最初からやり直しさせられるのはとにかく残念
それもあってテンポが良くないなぁと感じた次第です。
関連記事
スポンサーサイト



ゲーム

0 Comments

Leave a comment