1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

16 2014

「進め!キノピオ隊長」購入レポート

マリオカート8の追加コンテンツ第1弾が配信された11月13日。
同日に発売されたのが「進め!キノピオ隊長」です。

Wii「スーパーマリオギャラクシー」で初登場したキノピオ探検隊。
Wii U「スーパーマリオ3Dワールド」では箱庭ステージを駆け回ったキノピオ隊長が単体のゲームとして独立しました。

13,14日はマリオカート8に夢中だったので、ソフトは発売日当日に買っていたのに2日遅れてようやくプレイ開始しましたw

mario_261.jpg


これまでパーティーゲーム系にしか登場してこなかったキノピコも遂に冒険へ旅立ちます

mario_263.jpg



パッケージ内容はいたってシンプル。

mario_262.jpg


ゲームを起動すると早速ステージが登場します。
"箱庭ステージ"はゲームパッドを傾けるか、右スティックで操作する事で見回す事が出来ます。

mario_264.jpg


キノピコの案内に従って頂上のパワースターを取るとウィンゴがスターを奪います。
そして一緒にキノピコも連れ去られてしまうところでオープニング。

mario_265.jpg


各ステージは絵本の様な構成になっています。
クリアすると徐々に先のステージが現れていきます。

mario_266.jpg


箱庭ステージでは3つのスーパーダイヤが隠されています。
キノピオ隊長は荷物が多いのでジャンプ出来ないのが本作の特徴です。

mario_267.jpg


敵はカブを投げたり上から飛び降りて踏む事で攻撃しますが、それらの手段がない場合は逃げますw
1度ダメージを受けるとちびキノピオ隊長になっちゃいます。

mario_268.jpg


道中では仲間に遭遇する事も。
寝ているキノピオに近付いたら隊長も寝ちゃいましたw

mario_269.jpg


パワースターを取ればステージクリアとなります。

mario_270.jpg


3つのスーパーダイヤの他に各ステージごとで異なるミッションもあるのでやり込みたい人は是非コンプリートを目指して下さい。

mario_271.jpg


各ステージはギミックも満載。
序盤で出てきたものを少しご紹介します。

こちらはゲームパッドでタッチすると動く"タッチストーン"で出来たステージです。

mario_272.jpg


「マリオ3Dワールド」でも登場したダブルチェリー。
これで分身して仕掛けを解きます。

mario_273.jpg


ゲームパッドでハンドルを回すと通路が動きます。

mario_274.jpg


カブを投げて進むシューティングの様なステージもあります。
(下の写真はテレビ画面とゲームパッド画面を合わせています。)

mario_275.jpg


…とまぁ仕掛けがたっぷり。
巨大なボスも現れます。

mario_276.jpg


更に、「マリオ3Dワールド」のセーブデータがあると、おまけステージが解禁
一部の「マリオ3Dワールド」のステージで遊べます。

ただし、ジャンプは出来ないしダッシュも満足に出来ない(Aボタン押しっぱなしで多少速くなりますが)ので、広いステージを駆け巡るのはちょっともどかしくも感じました。
ブロックはゲームパッドで直接タッチする事で壊していきます。

mario_277.jpg


ゴール地点にはグリーンスターが置かれていました。

mario_278.jpg


価格が3,700円(税別)と他のパッケージソフトと比べると割安なのでボリュームもそれなりかとは思いますが、ゲームパッドならではの遊びが積極的に取り入れられていますので、「Wii U買ったけどソフト何買おう」の選択肢に入れて良いかもしれません。

ただ、箱庭をぐるぐる見渡していると結構目が疲れました。
ズームアップ/ダウンも2段階しかないので、操作性は改良の余地があるのかなといったところ。
あと、こういったステージを3DSの立体視で見るとどうなんだろうなんて思ったりもしました。

パズル要素の強いアクションゲームなので、スマブラとマリオカートの合間に少しずつ進めていきたいところです。

mario_279.jpg
関連記事
スポンサーサイト



マリオ WiiU

0 Comments

Leave a comment