1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

28 2011

「Xperia arc」レビュー ~内蔵メモリ編~

ここ最近はXperia arcの環境構築に掛かりっ切りです。
豊富なアプリに加え、ウィジェットもあるのでホーム画面のカスタマイズに夢中です。
楽し過ぎてついつい時間を忘れてしまいます(汗)。

xperiaarc_055_30.jpg


そんなXperia arcですが、購入前から少し心配だったのが内蔵メモリ(特にROM)の容量です。

xperiaarc_059_30.jpg
アプリケーション設定画面

内蔵ROMは、Xperia arcの公式サイト等では1GBとアナウンスされています。

xperiaarc_054_600.jpg


ところが、その1GB全部をユーザーが使用出来るわけではありません。
OS等に占めている容量を差し引くと、実際にユーザーがあれこれ操作出来るのは約380MBです。
更にプリインストールのアプリが100MB程ありますので、残りは約280MB
OS2.2以降はアプリのデータをSDカードに保存出来るものもあるのですが、それでも少ない気がしますね。

xperiaarc_046_30.jpg
ROMの使用及び空き容量の表示は、画面下部にバーで表示されています。
他のAndroid端末では発見出来なかったので、OS2.3からの仕様なのかもしれません。
一目見て管理がし易いので便利です。


ちなみにSDカードへの保存ですが、自分が試した限りでは、アプリをダウンロードした際に自動的にSDカードへ保存するものもあれば、本体に保存されるけれども手動でSDカードに移せるものもあります。
移動可能なアプリは積極的にSDへ移して、内蔵ROMの負担を減らすと良いですね。

xperiaarc_057_30.jpg
「SDカードに移動」(写真赤枠部)を選択するとSDへ保存されます。
一度移動させても「携帯端末へ移動」で元に戻せます。


xperiaarc_058_30.jpg
中には移動不可のアプリもあります。


xperiaarc_056_30.jpg
「SDカード上」のタブでは移動可能なアプリが一覧表示されています。
移動させたアプリにはチェックマークが付きます。


一方、RAMの容量はは512MB
こちらはアプリケーション設定の「実行中のサービス」で確認出来ます。

xperiaarc_061_30.jpg
RAMも使用及び空き容量がバーで表示されています。


xperiaarc_062_30.jpg
「停止」(写真赤枠部)で機能を停止する事も出来ます。
これに関してはタスク管理アプリの方が使い勝手が良いかもしれませんね。


まだ購入したばかりで、アプリもそんなに数多くダウンロードしているわけでもないのですが、この先容量については調整の必要に迫られるかもしれません。
この辺りはGALAXYの方が優秀だと思います。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment