1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

14 2014

Wii U「ゼルダ無双 TREASURE BOX」購入レポート

本日8月14日に発売された「ゼルダ無双」
任天堂の看板タイトル「ゼルダの伝説」とコーエーテクモの無双シリーズとのコラボ作品です。

開発・販売はコーエーテクモなので、Wii Uタイトル初のサードパーティソフト購入となりました。
まぁゼルダが絡んでいますが(汗)

本作には様々な特典が用意された「TREASURE BOX(トレジャーボックス)」と「プレミアムBOX」も販売されています。
無双シリーズほぼプレイした事はありませんが、ゼルダファンの自分はTREASURE BOXを予約していました。

zelda_110.jpg


ちなみにTREASURE BOXはコーエーテクモ直販サイトGAMECITYとAmazonでのみ購入が可能な数量限定商品
更にGAMECITYで購入するとポストカード5枚セットも付属しています。
TREASURE BOXに関してはどうやら現在はもう販売が終了しているみたいです。

事前にGAMECITYで予約していたら、なんと発売日前日の昨日に届きました
箱を見ると13日指定で届けられていました。
まさか公式がフライングで届けてくるとはっ。

zelda_111.jpg


というわけで、昨日から攻略しながら休憩の合間に書いた購入レポートをお届けしますw


まずはTREASURE BOXのセット内容からご紹介。

公式設定資料集
本作オリジナルキャラ"ラナ"が使う魔道書のデザインがモチーフとなっています。

zelda_114.jpg


トライフォース型置き時計
金色の部分はかなりキラキラしていて傷や指紋が気になりそうで、加えて時計表示の液晶は安っぽいです…

zelda_115.jpg


大きさは手のひらサイズです。

裏で時刻とアラームをセット。
アラーム音は3つから選べ、どれもゼルダのBGMです。

zelda_116.jpg


以上の2つは一般販売されているプレミアムBOXでも同梱されています。
ここからはTREASURE BOXでのみ手に入るアイテムです。

作中にリンクがまとっている勇者のマフラー
使うのはもったいないし、保管するには場所取りそうです(汗)

zelda_113.jpg


宝箱型小物入れ
作中に登場するものと同じデザインになっています。

zelda_117.jpg


明るさに反応して、宝箱を開けるあのBGM(通称ごまだれ)が鳴ります。
音量が大きいのと開けるたびに鳴るので、実用性は低くどちらかと言うとお遊び的な感じですね。

zelda_118.jpg


今度はパッケージの開封。
初回封入特典としてリンクのコスチューム3種がダウンロード出来るコードが入っています。

zelda_119.jpg


その他に、取説シートとクラブニンテンドー/GAMECITYのポイント用紙があります。

ちなみにTREASURE BOXにはゼルダとガノンドロフのコスチュームコードも同封されています。
プレミアムBOXにもゼルダのコードは入っており、これらは後日追加コンテンツとして有料で提供されるそうです。

zelda_120.jpg




続いてソフトを起動。
タイトル画面でおなじみのゼルダのBGMが流れ、期待値が上がります。
ここはスクリーンショット撮れませんでした…

zelda_122.jpg


まずはオリジナルストーリー「レジェンドモード」からスタート。
最初のステージを攻略すると残りのモードが解禁しました。

zelda_123.jpg


ローディング時間は長めなのですが、そこを利用して説明が入ったりしているので待たされている感覚が少ない様に上手く工夫されています。

zelda_124.jpg


宝箱を開けてアイテムを手に入れるおなじみのシーンは、開発側も絶対に外せないところだったようです。
(以前に先行体験会へ行った時にメーカー説明員さんから聞いた話より)

zelda_125.jpg


テレビでプレイする場合、ゲームパッド側には味方キャラとミッションが確認出来ます。
ゲームパッドのみでもプレイ出来ますが、タッチパネルには非対応でした。

zelda_126.jpg


敵キャラにはキングドドンゴ等、こちらにも歴代ゼルダキャラが登場します。
ちなみにキングドドンゴは息を吸い込んだタイミングでバクダンを食べさせると攻撃のチャンスが得られるのが「時のオカリナ」同様というのもファンならニヤリとする演出。

zelda_127.jpg


攻略が終わると結果画面へ。
大体10~20分で攻略完了しています。

難易度は毎回3段階から選べるのですが、自分には普通のレベルでちょうど良いかもしれません。
ただ単にミッションで指定された場所へ行き敵をなぎ倒していくだけでなく、時には自分の本拠地防衛の為に戻ったりと、適度に臨機応変な対応が求められます

zelda_128.jpg


シナリオを進めていくと「時のオカリナ」「トワイライトプリンセス」「スカイウォードソード」がベースの3つのルートを選ぶ場面に突き当たります。
キャラもこれら歴代3Dゼルダをベースにしたものがふんだんに盛り込まれており、3Dゼルダファンの自分にとっても嬉しい限りです。

zelda_129.jpg




「アドベンチャーモード」はオールドファンに向けたレトロな作りが印象的。

zelda_130.jpg


各条件をクリアして隣接するマップを開放していきます。
戦闘に入ると「レジェンドモード」と同一のバトル画面になります。

タイムや被ダメージによって得られる結果が良いとより多くのマップが開放されるので何度も挑戦したくなります。

こちらは比較的短時間でクリア出来るので、サクッとプレイしたい時に向いていると思います。

zelda_131.jpg




先に紹介したダウンロードコードでコスチュームを早速入手しました。
まだゼルダとガノンはプレイアブルとして解禁してないので、まずはリンクだけ。
eショップからコードを入力するだけで完了です。

zelda_132.jpg


キャラ選択画面でXボタンを押すと切り換えが可能。
ここで気付いたのですが、物語序盤に着ていた訓練兵の服もありました。

zelda_133.jpg


例えばスカイロフトのステージで「スカイウォードソード」のコスチュームを着ると、もうまるで「スカイウォードソード」のワンシーンかの様ですw

zelda_134.jpg




序盤をプレイした限りだと、やり込み要素も多く、ゲーム性も面白く、そして何よりファンなら思わず嬉しくなってしまう演出もふんだんで完成度は高そうです。
記念すべきお祭りタイトルだったのでTREASURE BOXを購入してたのも良かったです。

今年のお盆休みは大きな用事がないのでこれを攻略して過ごそうと思います。
ではまたゲームに戻りますw

zelda_121.jpg
関連記事
スポンサーサイト



WiiU ゼルダ 購入レポート

0 Comments

Leave a comment