1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

26 2014

3DS「ヨッシー New アイランド」購入レポート

24日に発売された「ヨッシー New アイランド」を発売日に早速購入しました。

mario_214.jpg


振り返れば2月の「ドンキーコング トロピカルフリーズ」以来、かなり久しぶりに店舗でパッケージソフトを買いました。
(前回の「ペルソナQ」、前々回の「マリオカート8」は共にネット通販)

SFC「ヨッシーアイランド」エンディングの名シーンには続きがあってそれがなんと…

mario_216.jpg



初めて自分のお金で買ったゲームがSFCの「ヨッシーアイランド」でした。
当時カクカクしたドットゲームの中で、柔らかい画のタッチが好みで、内容も面白く今でも大好きな作品です。

ちなみに現在の自分の環境では、GBAへの移植作「スーパーマリオアドバンス3」のバーチャルコンソールをダウンロードしています(アンバサダー特典)。

mario_219.jpg



さて、話を「New」に戻します。
パッケージ内容ですが、クラブニンテンドーのシリアルナンバー用紙と電子説明書の案内用紙のみという必要最小限に抑えられていました。

mario_215.jpg


物語はSFC「ヨッシーアイランド」の続きから始まります。
ヨッシー達の活躍でベビィマリオとベビィルイージを取り戻せたコウノトリさん。

mario_217.jpg


赤ちゃんを届けてめでたしめでたし。…と思いきや、実は届け先を間違えていたというのが本作で明らかに。
あの感動のシーンからまさかのこんな展開になるなんて(泣)

物語のきっかけとは言えあの頃の感動を加味すると何だか複雑な心境です。
映画とかでもこういうのありますよね…。

mario_218.jpg


で、またまたカメック達に襲われ、ベビィルイージはさらわれ、ベビィマリオは落っこちてしまいます。
その落っこちた先は「たまごじま」。
ここもヨッシー達が住む島で、ベビィルイージを救出する旅が再び始まります。

本作はいつの間に通信に対応。
そして、漢字表示にも出来ます。

mario_221.jpg


物語の続きだけあって、SFC「ヨッシーアイランド」と共通点が多く見受けられます
1つのワールドにステージは8つ。4番目と8番目はボスステージというのも全く同じですね。

mario_223.jpg


SFC版はスターと赤コインとスペシャルフラワーの数で100点を目指していました。

mario_220.jpg


本作ではそれぞれ一度でも全て獲得すればOK
例えば、1度目で赤コイン20枚とスペシャルフラワー5つを全て取ったとすれば、2度目はスターだけを30集めればコンプリートとなります。
ですので、やり込む際の難易度はそれほど高くないでしょう。

mario_224.jpg


コンプリートすると印が付きます。

mario_225.jpg


本作では新たに「メガタマゴ」というでっかいタマゴが登場。
投げると土管も蹴散らす程の威力で、壊したものの量によっては最大3UPまで出来るチャンス。
「Newスーパーマリオブラザーズ」の巨大キノコを思い出しましたw

mario_226.jpg


他に本作の特徴としては、ジャイロ機能を多く採用しています。
乗り物に変身したり、双眼鏡で周りを見渡す時は本体を傾けて操作します。
これはプレイする場所を選びそうです(汗)

mario_227.jpg


ゲームモードは、2人で遊ぶミニゲームも用意されています。
自分には一緒に遊ぶ相手がいませんが…

mario_222.jpg


柔らかな画のタッチと可愛いヨッシー。そして難易度がそう高くない事もあって、誰もが楽しめる作品になっていると思います。

「ヨッシー New アイランド」が発売された前日の23日には「デデデ大王のデデデでデンZ」と「カービィファイターズZ」を購入したのもあって、やりたいゲームが渋滞しております(汗)
関連記事
スポンサーサイト



3DS マリオ

0 Comments

Leave a comment