1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

14 2014

パワーサポート「エアージャケットセット for MacBook Pro」購入レポート

先日MacBook Proを購入したわけですが、持ち運びを考えてカバーを買う事にしました。

自分が選んだのはパワーサポートから発売されているエアージャケット
パワーサポートはアップル製品アクセサリを多く取り扱っており、またエアージャケットは高品質でも知られています

mac_022.jpg


エアージャケットは現在iPad miniにも使っているのですが、今も満足して使用しております。

ipad_018.jpg


今回はこのMacBook Pro用のエアージャケットのレビューです。


パッケージには"2012"と書かれていますが、自分が購入したLate2013モデルにも対応しております。

上面と底面の2枚のカバーがあります。
カラーは、なるべく見た目を損なわない様にクリアを選びました。

mac_023.jpg


非常に薄く出来ていますが、表面には軽度な傷なら復元する加工が施されているのだとか。

mac_024.jpg


早速装着へ。
ジャストサイズで作られているので、着けるのも一苦労でした。
ヒンジ部から丁寧に着けていきます。
途中ゴミが入っているのに気付き一度外そうと試みたらなかなか取り外せず、着けるのも外すのも悪戦苦闘。

そしてやっとの思いで装着完了。
梨地のザラザラ感からツルツルとした質感に変わりました。
アルミボディのひんやりした感じもなくなったので、この寒い季節には手が冷えなくて良いかもしれませんw

mac_025.jpg


装着後改めて見てみるとやはり薄さを実感します。
エッジの尖った部分もエアージャケットを着ける事で柔らかくなり優しい触り心地に変身。

mac_026.jpg


排気口の繋ぎ目にも合わせて穴が開けられています。

ところで、ネットで事前に調べてみたところ、最近のモデルで採用された左サイドにあるデュアルマイクには非対応で穴が開いていないという報告を目にしました。
しかし今回自分が購入したエアージャケットにはデュアルマイク部分にもきちんと穴が開けられています

せっかく対応しているのにパッケージで判断出来ないのは残念。
Airはきちんと対応版にはシールが貼られているので是非Proもそうして頂きたいところです。

mac_027.jpg


付属品としては、足部分に使う吸盤と、ジャケット取り外しに使うカード状の厚紙があります。

吸盤は予備として1つ多く用意されているものの、すぐ取れてしまうと不評みたいなので使わないでおこうと思います。

厚紙は、本体とジャケットの隙間に入れて取り外す様なのですが、先程も述べた通り、エアージャケットはかなりジャストサイズで作られているので厚紙を使ったとしても気軽に取り外すのは難しいと思われます。
まぁ頻繁に取り外しをするものではありませんが。

mac_029.jpg


付属品の吸盤を使わないとなるとツルツルしているジャケットがそのまま足となるので、滑りやすくなってしまうのは要注意。

mac_028.jpg


薄くてツメも短いので、片手で持とうとすると外れそうになっちゃうのも気になっているところです。

mac_030.jpg


この様に不満もなくはないですが、やはり品質は素晴らしいエアージャケット。
一番のネックは価格が高い点でしょうか。
自分が購入したPro13インチ用はパワーサポートのWeb通販では6,480円。
ヨドバシでも5,440円しました。
ちなみにクリアブラックは5,200円と、同じサイズでも少し安く売られていました。
クリアの方が人気ということでしょうか。

もっと安いカバーもありますが、分厚かったりすぐに傷む可能性は高くなると思われます。
でまた他のカバーを購入する事になるのなら、初めから良いものを使う方が良いかもしれません。

「MacBookの見た目は損ないたくないけれども傷から守りたい」そんな思いを叶えてくれるのがエアージャケットではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト



Apple 購入レポート レビュー

0 Comments

Leave a comment