1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

10 2014

「iPad mini Smart Cover」&「エアージャケットセット for iPad mini Retina」購入レポート

11月半ばの購入レポート以来、ブログでは話題の無いiPad mini Retinaモデルですが、日常で無くてはならないアイテムとなっております。
今は特に家の中で大活躍!
片手でも持ち運べるスリムながらも大きなディスプレイと大容量のバッテリー、そして久々のiOS端末はAndroidと比較して良い面も悪い面も気付かせてくれます。

ipad_012.jpg


外に持ち運びする事もあり、ケースを買おうと思いながらもこれまで保留にしていましたが、先日アップル純正の「iPad mini Smart Cover」パワーサポート製の「エアージャケットセット for iPad mini Retina」を手に入れました。

ipad_016.jpg


という事で、今回はこの2つの購入レポートです。

まずは純正スマートカバーから。

アップルはiPad用に背面も保護出来る「スマートケース」も販売していますが、革製の実物を見ると汚れが目立ちそうだったのでこちらを選びました。
値段は4,080円。純正だけあってお高めですね(汗)。

カラーはイエロー
ブラックは重い感じがするし、iPad mini用の他の色はポップ過ぎる中で消去法で選びました…

ipad_017.jpg


箱の裏側には説明と共に開ける為のシールがあります。

ipad_019.jpg


箱を開けてスマートカバーとご対面。
底には取り付け方のイラストがありました。

ipad_020.jpg


表はクリーム色、裏はやまぶき色といった感じ。

ipad_021.jpg


カバーはサイドを取り付けるだけの簡単仕様。
正面右側には音量ボタン等があるので、左側にのみ取り付けが可能です。

ipad_022.jpg


磁力でしっかり付いているのでカバー側を持ち上げても取れません。
ただ、もしもの事を考えてこういう使い方はしない方が良いと思います。
撮影する時もヒヤヒヤでした(汗)。

ipad_028.jpg


固定側の反対の端(右側)にある磁力で引っ付いていますので、カバーを閉じた状態で逆さまにしても取れません。

ipad_027.jpg


手で持つ場合はカバーをひっくり返します。
ここでも端(右側)の磁力がゆるくですが効いており、右側がペロッとめくれない様になっています。
また、裏側がザラザラしているのがすべり止めとして効いています。

ipad_026.jpg


カバーを開ければディスプレイが点き、閉じると消えます。
地味ながらもこれが便利。

ipad_023.jpg


このカバーの更に便利なところが、三角に折りたためばスタンドに早変わり
こちらはタイピングしやすい角度。

ipad_024.jpg


こちらはビューアーとして使える角度。
2つのパターンをケースバイケースで使い分けられます。

ipad_025.jpg



続いてはパワーサポートのエアージャケット

アップル製品のアクセサリの中で、高品質で知られるパワーサポート製
待望のiPad mini Retinaモデル用が昨年末に発売されました。

カラーはクリアを選択。
他にラバーブラックがあります。
エアージャケットは、スマートカバー対応/非対応の2タイプ×2色の4タイプが展開されています。

ipad_018.jpg


セット内容は、カバーの他に液晶保護フィルムとクリーナーが付属していました。
保護フィルムは既に貼っているので、こちらは使わず。

ipad_029.jpg


今回購入したエアージャケットはスマートカバーも使えるタイプ
スマートカバーも固定しているので、カバーの取り外しは出来なくなります
ここは、自分としては気軽に取り外し出来る方が良かったです。

ipad_030.jpg


ケースがある事で、先に挙げたひっくり返してもゆるく磁力で固定されるのは更にゆるくなってしまいましたが、それでわずかに作用しています。
ちなみに、カメラはこの端だけめくれば使えます。

ipad_033.jpg


四隅には継ぎ目がなくとてもキレイです。

ipad_031.jpg


驚いたのは、スピーカーの穴もジャストサイズ
精度の良さを感じます

ipad_032a.jpg


このエアージャケットは3,480円とこちらも安くはないですが、それだけのクオリティはあります。

多少の傷には復元作用を持っているとの事ですが、どの程度のものかはこれから使ってみての判断ですね。
ただ、ここまで完成度が高いとこのカバーもカバーしたくなりますw
関連記事
スポンサーサイト



iPad レビュー 購入レポート

0 Comments

Leave a comment