1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

14 2013

「モンスターハンター4」購入レポート

今回は「モンスターハンター4」の購入レポートです。
話題のゲームという事で自分も購入しました。

monsterhunter_001.jpg


今回モンハン4を買おうと思った一番のきっかけはネットで"一狩り"出来る点。
話題のゲームという事もあって一度はプレイしてみなければと思った次第です。

monsterhunter_002.jpg

購入しようと思ったのが遅かったので事前予約をしておらず、先週辺りから店頭でもネットでも予約受付終了となり、当日販売があるのか分からない状態で入手するしかない状況になっていました。
ダウンロード版ならそんな心配も要らないのですが、こういうゲームはパッケージ版の方が良いと判断しました。

ところで、発売日前日の昨日ヨドバシ梅田に寄ったついでにゲームコーナーも覗いてみたら、モンハン専用レジが用意されていました。

monsterhunter_013.jpg


関連グッズとして周辺機器もズラリ。

monsterhunter_014.jpg


そしてなぜかダウンロードカードの販売が中断されていました。
だったらそんなにごっそり並べなくても(汗)。

monsterhunter_015.jpg


そして本日発売日当日を迎えたわけですが、家電量販店では軒並み完売だったものの、事前予約を受け付けていなかった近所のゲームショップに昼前に向かうとあっさり購入出来ました(汗)。

ちなみに、そこのショップでは既に受付が終了した本体同梱版も新品で売られていました。
入手ルートが気になるところですが…。


さて、パッケージにはクラブニンテンドーのシリアルナンバー用紙、カプコンのインターネットアンケートの案内用紙、そして取説シートが同封されています。

取説シート表紙には電子説明書の目次が記載されています。

monsterhunter_003.jpg


シートの中は主に通信関連の説明が記載されています。

monsterhunter_004.jpg


「ごつくなるし右側のボタンが押しにくくなるから」という理由で自分があまりすきではない拡張スライドパッドにも対応しております。
これを装着するとカメラ操作が多少楽になります。

monsterhunter_005.jpg


ゲーム開始直後にこのスライドパッドを使用するか問われます。(後で変更も可能)

monsterhunter_006.jpg


次に、キャラクターを作成していきます。

monsterhunter_007.jpg


自分はこんな感じにしました。

monsterhunter_008.jpg


オトモアイルーはこんな感じ。

monsterhunter_009.jpg


最後に、下画面の構成を設定すればゲームスタート!
こちらも後で細かく変更が可能です。

monsterhunter_010.jpg



幾つかクエストをやってみましたが、購入前からネックに感じていたのが操作性。
スライドパッドを使用しない場合は、十字キーが下画面に表示される十字キーアイコンで操作します。
十字キーだと移動しながらの操作は難しいし、画面上のアイコンだと操作性は落ちてしまいます。
だったらいっその事、右スティックがあるVitaで発売した方が相性が良いんじゃないかと…。

monsterhunter_011.jpg


また、ダウンロードコンテンツが配信予定されており、先日配信された「モンハンダイレクト」では任天堂コラボとしてオトモアイルーのマリオ/ルイージ衣装やプレイヤーキャラのリンク衣装が配信される事が案内されています。

monsterhunter_012.jpg



自分はカメラ操作で3D酔いをしてしまうのが難点ですが、ようやく操作方法にも慣れてきたところです。
シリーズの醍醐味、協力プレイはまだですが非常に楽しみですね。
とりあえず熱が冷めない発売日当日にレポートをダーッと書いてみました。
では引き続き狩りに出かけて参ります。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment