1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

20 2013

「ドンキーコング リターンズ 3D」購入レポート

久々にゲームソフトを購入。
3DS「ドンキーコング リターンズ 3D」です。

donkey_004.jpg


Wii版「ドンキーコング リターンズ」に追加要素を加えただけなので、Wii版を持っている自分はスルーするつもりだったのですが、先日Wii Uで続編を開発中と発表され急に欲しくなり(汗)、発売日を少し過ぎましたが手に入れました。

donkey_003.jpg
ドンキーコング トロピカルフリーズ


Wii版は2010年末に発売なので、2年半の月日を経て3DSでも登場となりました。
今にして思えば、この3DS版発売は続編への布石だったのでしょうか。
近年簡素化される取説ですが、本作は電子説明書の案内用紙があるだけ…
「ゲーム&ワリオ」の時もそうでしたし、来るとこまで来ちゃいましたね。

donkey_006.jpg


難易度は決して低くなかったWii版ですが、今回3DS版では「ニューモード」と呼ばれるライフが多めだったり便利なアイテムがある簡単なモードが搭載
そして、ライトユーザーだけを狙っているわけではなく、本編クリア後には「スカイハイエリア」という手ごわい8つのコースも収録されています。

donkey_005.jpg


「ドンキーコング リターンズ」は画面の奥や手前に移動する事が多く、3DSの立体視と相性が良いのではと思っていました。

実際にプレイすると、地面を叩いたりローリングアタックする等の操作でリモコンを振らなくて良いのが地味に嬉しいです。
そんなに直感的な動作でもないし、何より腕が疲れるんですよね。
特にタイムアタックなんてずっとローリングアタックなんてケースもありますし。

一方で、Wii版の画面に慣れたのか、3DSでプレイすると画面の小ささが気になりました。
画が細々していて目が疲れそうになります。
それでもほどよい難易度に何度もプレイしたくなります。
苦労したステージは攻略法を結構覚えてましたw


余談ですが、Wii版発売から約半年後にはクラブニンテンドーからサントラが登場していました。

donkey_002.jpg


Wii版ではエンディングまで辿り着けていない状況なのですが、今回はニューモードでエンディングを見たいと思います!
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment