1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

06 2013

「任天童子」をダウンロードしました。

4月3日より、クラブニンテンドー2012年度プラチナ会員の特典として発表されていた「任天童子」のダウンロードが開始。
3月末の予定でしたが、少し遅れての提供となりました。

clubnintendo_037.jpg


2012年度プラチナ会員向け特典は4つの中から2つを選ぶ方式でした。

clubnintendo_32.jpg


この中で自分はこの「任天童子」と「プレミアムマリオトランプ」を選択
ちなみに「プレミアムマリオトランプ」は既に届きました。

と言うわけで今回は「任天童子」のプレイレポートです。

clubnintendo_038.jpg

このゲームは、潜伏していたり突如現れる「異形」と呼ばれる魔物に注意しながら階層の奥へ進んでいくのが基本となります。

clubnintendo_040.jpg


移動は「護歩札(ごほふだ)」というものを使って行い、そこに書かれた数字分だけ動けます
この札には数に限りがあるのであまりウロウロ出来ません。
他にアイテムも存在しますが、今回は基本ルールという事で割愛。

clubnintendo_041.jpg


潜伏している異形の見つけ方ですが、3マス以内にいるとそのマス数が表示されます。

下の例では、2マスと表示されました。
上から移動してきた時には「4以上」だったので、真下か右下の2マスと推測出来ます。
その後、別の場所へ移動すると「3」となったので、緑色のアイテムが置かれている箇所に潜んでいるのが分かるわけです。

clubnintendo_042.jpg clubnintendo_043.jpg



3階では秘宝が手に入り、ここで一旦引き返す事が出来ます。
この秘宝、任天堂ファンならニヤリとする秘宝が幾つもあり、ここはさすがクラニン特典だなと思わせられました。

clubnintendo_044.jpg


引き返さず、4階移行へ進もうとすると限られたアイテムの中で進まねばならず高い戦略性が要求されます。


また、「任天童子倶楽部」というサイトが期間限定で開設されています。
自分のプレイをつぶやいて、他のプレイヤーと交流するのが目的ですが、異なる日に3回つぶやくと追加でもう1つ引換番号を入手する事が出来ます。

clubnintendo_039.jpg



なかなか面白いゲームではありますが、「DSiウェア」なのでグラフィックが乏しいです。
単にそれだけでなく、HOMEボタンを押して中断する事が出来ません
本体を閉じても液晶表示は消えますが完全なスリープ状態にはならず、プレイ時間は蓄積されていくのも注意が必要です。

3DSが広く普及している今なら3DSソフトとして提供してもらいたかったのが正直なところですが、秘宝集めに励みたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment