1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

31 2012

マイゲームアワード2012

皆様の閲覧のおかげもあって、当ブログも3年目を迎えようとしています
そして、年に1度のこの企画も3回目今年1年間のゲームを振り返る「マイゲームアワード」です。

game006.jpg


※過去に購入レポートを掲載したものに関してはリンクを貼っています。

今年購入したゲーム機本体は…
 ・ファイアーエムブレム 覚醒 スペシャルパック(3DS)
 ・ニンテンドー3DS LL(購入レポート その1 その2
 ・Wii U プレミアムセット

そして、今年ノミネート(購入)したのは以下の通り。

Wii
 ・星のカービィ 20周年スペシャルコレクション

Wii U
 ・New スーパーマリオブラザーズ U
 ・ニンテンドーランド

ニンテンドー3DS
 ・リズム怪盗R (キャンペーン当選
 ・シアトリズム ファイナルファンタジー
 ・新・光神話 パルテナの鏡
 ・ファイアーエムブレム 覚醒
 ・マリオテニス オープン
 ・New スーパーマリオブラザーズ 2
 ・ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング
 ・新 絵心教室
 ・ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー
 ・とびだせ どうぶつの森
 ・ペーパーマリオ スーパーシール

3DSダウンロード専用ソフト
 ・電波人間のRPG
 ・ザ・ローリング・ウエスタン
 ・3Dクラシックス 星のカービィ 夢の泉の物語
 ・クラブニンテンドーピクロス(クラブニンテンドー特典)

PlayStationVita
 ・ペルソナ4 ザ・ゴールデン

最近ゲームをする時間がなくなってきているのですが、それでもこうして振り返ると結構購入していました(汗)。

さて、今年の大賞は何なのか、今年はTOP5をご紹介!

<マイゲームアワードリンク>
2010年 2011年

5位「ブレイブリーデフォルト」

bdff_001.jpg


スクエニの新作RPGが今年のゲーム第5位です。

世界観やシステムが自分好みで、通信を使ったお遊びも高評価です。
また、Twitterでの購入レポート告知ツイートが、ブレイブリーデフォルト公式アカウントにリツイートして頂けるという嬉しいハプニングもありましたw。

4位「とびだせ どうぶつの森」

doubutsu_001.jpg


第4位は個人的に期待していたどうぶつの森。
全シリーズプレイしてきましたが、携帯ゲーム機であるDS「おいでよ どうぶつの森」が手軽に楽しめたのが良かったので、3DS版にも期待していました。

フレンドコードを登録している人の村に手軽に遊びに行けるし、すれちがい通信で他の人の家を見学出来たりと新機能も魅力的
パッケージ版は売り切れ続出している様ですが、その人気も納得の出来です。

ただ出来は悪くないのですが、良くも悪くも期待通りでかなり迷った挙げ句TOP3圏外となりました。

というわけで、ここからはいよいよTOP3です!


銅賞「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」

p4g_002.jpg


自分にとって初めて購入する事になったPlayStationVitaソフトが3位です。

昨年末にVitaを購入して以来、専用ソフトを1本も購入していなかった状態で、何か手に入れておきたいと思った中、ノーマークでしたが評判が良かったので買いました。
作品の面白さに加えて、このソフトを通してVitaのディスプレイの美しさをより感じる事が出来ました。

ちなみに現時点でまだ唯一のVitaソフトです(汗)。


銀賞「New スーパーマリオブラザーズ U」

mario_087.jpg


Wii U本体と同時に発売されたNewマリオシリーズ最新作が2位。

自分の中でWii U、特にゲームパッドに期待していたのが、テレビの前でどっしりプレイする必要がないという事。
ゲームパッド単体でプレイ出来るのは携帯ゲーム機並の手軽さがあります。


大賞「ファイアーエムブレム 覚醒」

fireemblem_108.jpg


購入レポートの際に宣言していた通り、やはり大賞は迷わずこれになりました。

大きな要因はやはりこのシリーズのファンだという事。
勿論マリオシリーズや任天堂作品を中心とした他の作品も好きなのですが、2年振りそして5年振りの完全新作という待望のソフトでした。
発売日まで待てずに久々にフライングゲットしたタイトルでした。

現時点で最も長時間プレイしているソフトです。

game007.jpg


発売前は、何か盛り上げたくてこのブログでファン投票やシリーズを振り返る連載もやりました。
Twitterのファイアーエムブレムファンアカウントは気が付けば1,000を超えるフォローを頂いておりました。

そして、本作はプロモーションが活発だったのも大賞に選んだ要因の1つでした。

これまでに、オリジナルプリペイドカード、クラニン特典のサントラ、設定資料集、その他にもカレンダーやガム等が発売されました。
更に極めつけは限定版の本体まで発売!

fireemblem_193.jpg


ファイアーエムブレムシリーズでここまで力が入った活動は初めてではないでしょうか。
売上本数も現時点で約50万本とシリーズの中でも好調。

有料の追加コンテンツにも対応していますが、自分はこれまでのを全て購入。
期間限定で無料や割引のもあり、それらを適用しても7,150円と、ソフト単体よりも高くなりました…。
内容を考えても割高な感じもしますが、やはりファンとしてはゲットしておきたくなってしまいました(汗)。

発売された4月前後は、購入検討していたソフトも買う気を失ってしまうくらい頭の中がFE覚醒でいっぱいにw。

シリーズ集大成の名に相応しい作品だと思います!


ラズベリー賞「New スーパーマリオブラザーズ 2」

mario_077.jpg


購入前の期待値を下回った作品に贈るラズベリー賞。
今年は「New スーパーマリオブラザーズ 2」でした。

一番の要因は新鮮みの薄さ
誤解の無いように申しておきますが、出来は決して悪くありません
ただ、これまでの惰性といった感じが否めませんでした。

コインラッシュモードでは、同じコースを何度もプレイしてもらおうという意図がある様に感じるのですが、それが"やらされている感"が強かったです。

有料の追加コンテンツにも手が出ず仕舞い。
ただ、2013年1月31日まで期間限定で無料配信している「おうごんのクラシックコースパック」は期間内にダウンロードされる事をオススメします。

大好きなマリオシリーズだからこそ、敢えて厳しく評価しました。

- - - - -

というわけで大賞は「ファイアーエムブレム 覚醒」。
ファンだからこその順位ですが、ファイアーエムブレムシリーズを知らない方にもプレイして頂きたい出来だと思います。
2位、3位はハードの性能や魅力を教えてくれた作品をランクインさせました。

clubnintendo_31.jpg


最後に、今年クラブニンテンドーで交換した特典をご紹介。
 ・パステルカラータッチペン(スーパーマリオブラザーズ)
 ・新・光神話 パルテナの鏡 ミュージックセレクション
 ・ファイアーエムブレム 覚醒 ミュージックセレクション
 ・星のカービィ Wii ミュージックセレクション
 ・星のカービィ 20周年記念メダル
 ・クラブニンテンドーピクロス
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment