1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

27 2012

3DSのダウンロードカードを購入しました。

いよいよ明日「ニンテンドー3DS LL」が発売されます。
それと同時に発売されるのが「Newスーパーマリオブラザーズ2」と「鬼トレ」ですが、任天堂はこれらのタイトルからダウンロード販売も開始します。

で、自分は「鬼トレ」に関してはダウンロード版を購入する事にしました。

onitore_001.jpg
発売日より前に販売開始されていました


ダウンロード版の購入は、
 1.店頭でダウンロードカードを購入する
 2.オンラインショップでダウンロード番号を購入する
 3.ニンテンドーeショップで直接ダウンロード購入する
の3通りがあります。

3.はこれまでリリースされてきたバーチャルコンソールやダウンロード専用ソフトと同じ購入方法ですね。
今回は目新しさもあって「1.ダウンロードカードを購入する」にしました。
オンラインショップやダウンロードカード取扱店は限られているので、そこは要注意です。
取扱店は任天堂ホームページで案内され、更新もされていますのでご確認下さい。

3ds_294.jpg 3ds_295.jpg
ヨドバシ梅田にて


今回はそんなダウンロー版についての言及と、ダウンロードカードの購入レポートです。
ダウンロード版のゲーム内容については従来のパッケージ版と全く同じですが、両者を比較した場合、ダウンロード版はいちいちソフトカードを挿し変えなくて良いという優位点がある一方で、ダウンロードをした本体でしかプレイ出来ないのと、SDカードに空き容量が必要なのがネックです。

容量はゲームごとに異なり、「Newマリオ2」は370MB(2,950ブロック)、「鬼トレ」は200MB(1,600ブロック)となっています。
3DS本体に初めから付属しているSDカードの容量が2GB(LLは4GB)ですので、これくらいなら余裕なのですが、他にも体験版やバーチャルコンソール等のソフト、3DSで撮影した画像も保存していくと考えると物足りない方も多いかと思います。
別途大容量のSDカードを用意すれば良いのですが、いずれにしろ容量には限りがあるのは注意せねばなりません。
SDカードのデータ移動はいつでも出来ますので、今後の利用状況を見て判断されると良いでしょう。

3ds_298.jpg


中古としての売買が出来ず、価格面での柔軟性に欠けるのもダウンロード版の欠点です。

更に、PlayStationNetworkとは違い、3DSソフトのダウンロード版はパッケージ版との価格に差がありません
ダウンロード版はゲームカードもパッケージも必要ないわけで、PlayStationNetworkでは約1,000円程安く提供されています。

それどころか、量販店等で購入した場合はパッケージ版の方が安く売られているところもあります
例えばNewマリオ2の場合、ヨドバシカメラではパッケージ版が4,320円のポイント10%還元に対し、ダウンロード版はポイント還元率は同じものの定価である4,800円で販売されています。
また、ヤマダ電機ではパッケージ版が4,080円のポイント5%還元に対し、ダウンロード版は4,560円のポイント1%でした。

価格を店舗側で自由に設定することが出来るのが3DSダウンロード版の特徴ですが、ダウンロードカードは店舗で購入するわけですから、せめてパッケージ版と同額にして頂きたいものです。

3ds_299a.jpg


早期購入特典があるソフトもダウンロード版では貰えません
自宅でダウンロード購入した人に特典を送るのは難しいわけですが、店舗でダウンロードカードを購入しても現時点では非対応。
ただし、この件に関しては現在任天堂側も対応を検討されている様です。


「ダウンロードソフト」という性質上の問題もありますが、任天堂の展開の仕方(特に価格面)がダウンロード版の価値を下げているのではないでしょうか。
ソフトの挿し変えと言っても、並行させてプレイしているゲーム本数なんて限られているでしょうし、よほどの理由がない限りにはこれまで通りパッケージ版を選択した方が良さそうだなと感じています。


で、ここまでダウンロード版に悲観的な自分がなぜそれを選んだかと言うと、先程述べた「よほどの理由」があったからです。
現在ダウンロード版に限りキャンペーンが行われているのです。

3ds_296.jpg


ポイントが増量されるのも勿論嬉しいのですが、ここでしか手に入らない「ドンキーコング」のバーチャルコンソールが自分にとっては大きいです。
全くいやらしい手を使ったもんですww。

3ds_297.jpg


「Newマリオ2」「鬼トレ」の両方共ダウンロード版にすれば更にポイントが貰える(キャンペーン3)のですが、自分の場合Newマリオ2は手元にパッケージやゲームカードを置いときたくてパッケージ版を、鬼トレは毎日少しずつ行うのが効果的なので、いちいちカードの挿し変えを要しないダウンロード版を選びました

ダウンロードカードをレジへ持って行くと、クレジットカードや商品券では購入出来ない点、SDカードに空き容量が必要な点、返品が出来ない点等の注意事項を受けました。
実はNewマリオ2は既にパッケージ版を予約しているのですが、その時も「こちらはパッケージ版(つまりダウンロード版ではない)ですがよろしいですか?」と尋ねられましたし、当面はお客さんへの周知を要する事でしょう。

店頭でダウンロードカードを購入すると、パッケージ版みたいにゲームカードや取説なんかは手元に残りませんが、説明用紙が付いたカードが手に入るわけで、こういったものの収拾に興味がおありの方はネット経由で購入するよりオススメです。
これら目当てでパッケージ版・ダウンロード版の両方買っちゃう人って…いませんかねw。

onitore_004.jpg


ダウンロードカードが付いた用紙は、3DSのパッケージと比べると少し小さいです。

onitore_002.jpg


中面の上側は、パッケージ版の裏面と同じでソフトの簡単な説明が掲載されています。
必要な空き容量もここに明記されています。

onitore_003.jpg


ダウンロードカードが発売日よりも前に入手出来たからと言って、その日からプレイ出来るわけではありません。
発売日当日の午前9時から配信開始されます。
この辺の手順や注意事項は裏面にも記載されています。

onitore_005.jpg


今回はキャンペーンも後押ししてダウンロード版を購入しましたが、今後は任天堂の対応次第ですかね(汗)。

ともあれ明日は任天堂ファンにとって大きな一日。
自分は3DS LLもNewマリオ2も既に予約しており準備万端です!

3ds_300.jpg

関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment