1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

04 2012

第3回ファイアーエムブレムファン投票「一番印象に残っているマップは?」

「ファイアーエムブレム 覚醒」発売を記念して行っているファイアーエムブレムファン投票。
第3回の結果発表です!
今回のお題は「歴代のシリーズで一番印象に残っているマップは?」です。

これまでの投票と違って"好きなもの"ではなく"印象に残っているもの"ですので、攻略に苦戦したマップも投票頂いております。

fireemblem_025.jpg
「覚醒」で登場するマップ


投票データは以下の通り。

集計期間:3/25~3/31
投票方法:FEファンアカウント(@fireemblem_fan)に返信またはダイレクトメッセージ
総投票数:46票

今回も得票数の多かったものから順にご紹介していきます。

<FEファン投票リンク>
 ・第1回「好きな作品は?」
 ・第2回「好きなシステムは?」
 ・第4回「好きなキャラクターは?」113位~12位
 ・第4回「好きなキャラクターは?」TOP10発表!

聖戦の系譜 第2章「アグストリアの動乱」(5票)

fireemblem_021.jpg


・移動他イベント色々が大変忙し過ぎました
・それまでの作品だと、敵ユニットは移動力をフルに使って突っ込んでくるだけでしたが、整然と隊伍を組んで進軍してくるザイン隊を初めて見た時は脅威を感じましたね。
・このマップは曲が好きで頭からはなれません
・騎馬隊同士の激突、値切りの腕輪の為のスピード戦略の考案、中立軍と戦況によって変わる各国の思惑が揺れる所などの他、闘技場で仲間になるキャラがいたり、追撃リングなど嬉しいイベント山盛りなので。
・聖戦らしいマップの広さと入り乱れる各勢力、そしてマップBGMと世界ひろし。


聖戦の系譜 第5章「運命の扉」(5票)

fireemblem_022.jpg


・あんなに悲しい話は他にない
・初めてプレイしたFE作品でまさかあの展開は…。キュアンとエスリン夫婦が親世代で一番好きだったのでショックが大きすぎました;その後もシグルド達が…
・イベントとはいえメティオ地獄とヴェルトマー城とアイーダ...そしてディアドラ、あのマップが頭から離れません。
・あのラストシーンは何度プレイしても…(;o;)です。


蒼炎の軌跡 第11章「流れる血の色は」(5票)

fireemblem_023.jpg


・やはりしっこくハウスが・・・w初見だったので即リセットでした^q^
・プレイした人は皆漆黒に絶望したのではないですかね(笑)
・何といっても「しっこくハウス」のインパクトが絶大。街の住人に対するセネリオの辛辣なセリフも見どころ。
・あんなマップど真ん中の民家からボス級キャラがでてくるなんて…最早ネタです(笑)
・民家から突然漆黒の騎士がでてきて、自軍が追いかけまわされたのはいい思い出ですw。


暁の女神 第二部終章「女王エリンシア」(3票)

fireemblem_024.jpg


・プレイする度に良いマップだと改めて感じます!
・BGMもシチュエーションと相まって、非常に燃えた章です。
・防衛マップながら全滅も狙える面白いマップ。BGMと相まって何度も挑戦したくなります。


紋章の謎 第1部16章「ブラックナイツ・カミュ」(2票)
・ 初回プレイでは城回りのパラディンの罠にかかり飛んできたグラディウスにやられました。カミユ倒せても闘技場で乙る恐怖…!
・何がってあのカミュの存在感!下手なキャラではグラディウスで即返り討ち。選抜メンバーで1ターンのうちに畳み掛けないと死人が出る緊迫感。間違いなく最強のボスキャラです。


トラキア776 第18章「王都解放」(2票)
・ゼーベイアの糞野郎は許す訳にはいかない。
・難しくてやり直しに泣いたので


封印の剣 北ルート第11章「西方の勇者」(2票)
・村訪問、クレイン隊・ティト隊生存、エキドナを仲間にするのを同時にこなすのがしんどかった…。
・村防衛にクレインとティト説得、同盟軍保護と忙しすぎるマップでした。


暁の女神 第三部13章「血の代償」(2章)
・自分が育ててきた自軍がそのまま相手になるのがとても印象に残っています。愛着のあるキャラクターがアイク軍に多かったのでとても苦戦したのを覚えています。
・なんといっても暁の団vsグレイル傭兵団!!強く育ちすぎた傭兵団には実に苦労させられました。このマップでサザvsアイク団長をするために、いつもサザをできるかぎり強く成長させます!w


新・紋章の謎 第8章「ソウルフル・ブリッジ」(2章)
・神器三つに包囲される中、引きつつも押していかなきゃいけない緊張感が好きです。あとシーダの押しと引きの粋を極めた勧誘トークも。
・単騎駆けしてくるカインに心を打ちぬかれました


外伝 第1章「ソフィアのしろ」(1票)
・小学生の頃は「打倒ドゼー」が近所の友達との合言葉でした。りゅうのたてを手に入れたときの感動が忘れられません!

紋章の謎 第1部1章「マルスの旅立ち」(1票)
・スーファミの頃、初めてプレイしたときの記憶がよみがえります

紋章の謎 第2部6章「悪の巣」(1票)
・小学生のころ詰まった思い出・・・

紋章の謎 第2部終章2「竜の祭壇」(1票)
・シリウスの説得シーンは一番好き(*´ω`*)

トラキア776 第4章「地下牢獄」(1票)
・増援が尽きるまでポイントを塞ぎ、牢獄を一回りして追っ手を振り切り離脱。初見クリアはほぼ不可能です。最後の扉を開け、終わった!と思った瞬間、目の前にズラリと並んだ敵を見たときの絶望感と目から鱗の攻略法。強烈な印象でした。

トラキア776 第14章「総攻撃」(1票)
・総攻撃に耐えながら、外伝マップの条件クリアし、10ターン(だっけ?)守ったらラストにベルクローゼン部隊がorz

トラキア776 第22章「渡河作戦」(1票)
・初見の鬼畜さと二周目以降の略奪祭のギャップがすごい。

封印の剣 第21章「封印の剣」(1票)
・育て抜いた精鋭で圧倒的な物量とターン制限を乗り切る緊張感と爽快感プライスレス! 秘密店など立ち寄るもいとをかし。

烈火の剣 エリウッド編第18章/ヘクトル編第19章「魔の島」(1票)
・レイラが仲間になると思っていた初見、レイラがいきなり殺され、さらにフロリーナを弓でやられ、フィオーラも説得できず。一気に女性3人を失ったトラウママップですが、悪い意味で1番印象に残ってます

烈火の剣 第26章外伝「決別の夜」(1票)
・外伝ですが、全員仲間にするし全員生存させるし会話は毎回全て発生させるので、私は必ず進む章です。その手前のニノとソーニャの関係が痛々しくて切ないのと、一面紫で道が浮き沈みするのが印象的。

烈火の剣 終章「光」(1票)
・黒い牙のキャラが強くなって再登場するのが好きでした。特に死ぬ間際のあの笑顔が…

蒼炎の軌跡 終章「帰還」(1票)
・マニアックのここがFE史上もっとも難しいと感じました 本当に最初はここをクリア出来る気がしませんでした 毎ターン手に汗握りました 恐らく1マップに20回近くリセットしたのはここだけだと思いますw

暁の女神 第一部序章「灰色の空の下で」(1票)
・初めてプレイしたFEが暁だったので。ザコ相手に負けて何度やり直しになったことか…。BGMも物語の始まりと厳しい現状、今後の展開を想像させられる曲調なので印象に残っています。

暁の女神 第一部終章「デイン復活」(1票)
・初回ハードでニケと漆黒さんを使わずに何とか、と考えて苦労した思い出が。

暁の女神 第三部終章「目覚めの刻」(1票)
・育てすぎた暁の団に苦労させられたのはいい思い出です。クリア条件も特殊でとても印象的でした。

暁の女神 第三部4章「名将の一手」(1票)

暁の女神 第四部終章「再生」(1票)
・[AREA2] ゼーンズフトのためにアイクが漆黒の騎士から逃げまわって最後にラグネルじゃなくまさかのハンマー特攻で一撃撃破が印象的です

新・紋章の謎 第19章「最後の決戦」(1章)
・紋章2部と違ってオレルアンズ3名の説得があり、高難易度では増援を防がないとクリアが難しい上ボス撃破のタイミングを間違えるとビラクが出現しないというバランスがよかったです。まさに詰め。

- - - - -

というわけで、なんとトップは3つが5票ずつ並ぶという結果に終わりました。
投票数が少なく1票2票が並ぶ中で、ここに票が集中しているのはそれだけ印象的なのでしょうね。
特に「聖戦の系譜」が2つ入っており、さすが第1回ファン投票1位の作品だなぁと感じました。

また、「暁の女神」からのランクインが多いのも注目すべき点でしょう。
シリーズ最大スケールの作品だけあって印象深いマップもあったと思われます。

ちなみに、「紋章」の1部は「暗黒竜」のリメイクだったり、DS版もそれぞれのリメイク作品で同じマップが採用されていたりしますが、今回は他の方と被る事がなかったので、投票頂いた作品名で発表しました。

- - - - -

さて、現在は「覚醒」発売前ではラストとなる第4回ファン投票を既に実施中。
遂に「好きなキャラは?」の投票を解禁しております。

今回は1人5票(重複可)まで投票が可能と、少しルールを変えました。
詳しくは以下のリンクを参考にして下さい。
第4回ファイアーエムブレムファン投票「好きなキャラは?」ルール説明
関連記事
スポンサーサイト



1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/04/05 (Thu) 14:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment