1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

29 2012

「Sony Tablet Sシリーズ」購入レポート

先日までソニーストアでレンタルしていたソニータブレットのSシリーズですが、なんと購入してしまいました!
…と言っても母親が

sonytablet_075.jpg
Wi-Fiのみの16GBモデル


そこで、今回はせっかく(?)なので購入レポートをアップしたいと思います。
機械オンチな母親がこういった製品を欲しがる事はかなり異例です。
「ケータイなんて絶対に持たない」と言っていたのに、買おうかと言い出した時以来の衝撃でした(汗)。


まず、母親が購入を決意した経緯について。
それはレンタルしていたソニータブレットを母親に見せたところから始まります。

兼ねてから手軽にブラウジング出来る環境が欲しかったみたいで、自分用のノートPCを購入しようかと思っていたみたいです。
そこでタブレットを触ってみると、PCよりも安価で手軽に使えるのに感動し、即決で購入する事となりました。
今までもPCを起動してブラウザを立ち上げてキーボード入力で検索するくらいは出来ていたので、そんなに操作に困りはしませんでした。
意外なところにタブレットの需要がありました。

確かに自分も3年半程前に初めてiPod touchを手にした時は、家中どこでもネットが出来る環境に感動しましたが、母親もまさにそれを体感したのでしょう。


というわけでタブレットを購入する事になったのが、ここで選択肢に外せないのがiPad。
やはりタブレットの先駆者ですし、iPhone同様に直感的で初心者には使いやすいという認識がありましたので。
主な使用がブラウザだったのでスイスイ操作するならiPadかなとも思いつつも、保証を考えるとソニータブレットかなぁとあれこれ悩みました。ソニータブレットもそこまで使いにくいってわけもありませんし。

自分だけ結論を出すのは難しいので、ここはやはり実際に母親に触ってもらおうとなり近所の電機店へ。
そこで結構あっさりとソニータブレットの方を選択し、なんとその場で購入となりました。


なぜ母親がソニータブレットの方を選んだかというと、価格が5,000円程度安かった事、傾斜があるので机の上に置いて操作しやすそうだった事、クレードルが魅力的だった事等が挙げられます。
本体価格は最近約5,000円安くなり、40,000円弱。
片手で持っても疲れにくい様にと採用された編重心デザインですが、この傾斜が母親にはポイントが高かったみたいです。
その分iPadよりも厚みがありますが、母親にはそれくらいの厚みがあった方が安心だとも言っていました。

sonytablet_087.jpg


で、購入したのが以下のセット。
クレードル・液晶保護シート・USBアダプターケーブルの3点を同時購入すると7,840円のところが3,980円になるという事だったのでそれも購入。
アクセサリレビューでも触れましたが、ソニータブレットを使うならクレードルは必須とまで言っても差し支えない程の良さでしたし、そのクレードルの定価(3,980円)で保護シートとアダプターケーブルが付いてくるなら"買い"かなと。

sonytablet_074.jpg



本体の箱を開けるとまず、「クイックスタートガイド」がお目見え。
更に、箱のフタ側には「はじめよう」というメッセージと共に電源ボタンを3秒押す事を促す図が。
以降にも感じる事ですが、全体的にアップル製品を意識した作りになっていますねぇ(汗)。

sonytablet_076.jpg


その「クイックスタートガイド」をのけると本体があり、その下には主な操作方法が図のみで表された1枚の紙が出てきます。

sonytablet_077.jpg


続いて中敷きを開けると、充電ケーブルとストラップが収納されていました。

sonytablet_078.jpg


先程の「クイックスタートガイド」ですが、極力シンプルになっております。
このあっさりとした説明書に両親は驚いていました(汗)。

sonytablet_079.jpg



クレードルはアクセサリレビュー(リンクはコチラ)でも述べた通りソニータブレットにするなら一緒に購入してしまった方が良いでしょう。

sonytablet_062.jpg



液晶保護シートですが、結論から言うとこの純正品はオススメです。

sonytablet_080.jpg


シートにはカメラ部に切り込みがあり、そこを目印に貼っていきます。

sonytablet_081.jpg


取説にも図解が載っています。
貼り方自体はオーソドックスな方法です。
シート自体に適度な厚みと固さがあるので、カメラのある上部の位置をしっかり決めれば、そこからゆっくり下へ下へとスライドさせるだけ。

sonytablet_082.jpg


画面の大きさからもホコリ等が入らないかが心配でしたが、実際に貼ってみると気泡も入りにくく意外と簡単に貼れました
経験論ですが、もしホコリや気泡が混入してしまった場合でも、一度全部貼ってしまった方が良いかもしれません。
そして、そこからセロハンテープ等を使ってシートを剥がし、気泡を抜いたり、もう一方用意したテープでホコリを取ると新たなホコリ混入を防げるかもしれません。

触り心地はサラサラとしており、指での操作がなめらかに出来そうですし、指紋が目立ちにくくなります。
また、他からの光の映り込みが抑えられもします。


sonytablet_083.jpg



USBアダプターケーブルは、データのやり取りに必要なもの。
これを介する事でUSBメモリ内のデータも簡単に送れます

sonytablet_084.jpg


昨今ではクラウド上でデータを管理するのも珍しくなりましたが、そういったサービスに無知な親が利用するには必須アイテムかなと。

sonytablet_085.jpg


接続すると自動的に認識し、送受信画面に遷移します。これは手軽で便利!

sonytablet_086.jpg



以上の3点セットはどれも便利なものばかりでした。
これがセットで安く手に入るなら購入しない手はないです。
カバーなんかは用途や色・形による好みがあるかと思いますので、セットに余計なものがないという点でもお買い得です。

というわけで急遽タブレットを手に入れた母親ですが、これから使いこなせるか見守っていきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment