1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

24 2012

「Sony Tablet Sシリーズ」レビュー ~アクセサリ編~

現在ソニータブレットSシリーズをレンタルしているわけですが、アクセサリもお借りしているので、今回はそのアクセサリ(カバー/クレードル/キーボード)についてのレビューを。

sonytablet_054.jpg
アクセサリも豊富なレンタル一式


ちなみにソニータブレットSシリーズに関しては、当ブログ内にて過去にレビューだけでなく開発者トークショーの記事のアップしておりますので、そちらもご参照頂ければと思います。

 ・「Sony Tablet」を触ってきました。(S)
 ・「Sony Tablet 企画・開発者トークショー」へ行ってきました。
キャリングカバー(SGPCV1)

sonytablet_057.jpg


ソニータブレットを常に保護出来るカバーです。
しかも凹みがあるので、このカバー単体でスタンドとしても使える優れもの。
カラーは写真にあるブラックの他にも、ブラウンが用意されています。

sonytablet_061.jpg


本体とは上部の粘着ゲルシートと背面のマジックテープとで接着します。

sonytablet_058.jpg


本体の上部にはマイクが、背面にはカメラが搭載されていますが、そこはきちんと穴が開いておりますのでご安心を。

sonytablet_060.jpg


少しネックなのは、背面のマジックテープに合わせて本体の背面にもマジックテープを付けなければなりません。
これはしょっちゅう付け外し出来るものではありませんので、カバーを付けたり外したりして利用されたい場合は、この外観に注意が必要です。

sonytablet_059.jpg



専用クレードル(SGPDS1)

sonytablet_062.jpg


このクレードルは角度を15度と25度の2段階に調節が可能です。

sonytablet_063.jpg


ソニータブレットSシリーズの充電にはmicroUSBではなく独自の端子を用いるわけですが、これはこのクレードルの為だというのを以前開発者トークショーで知りました。
サッと置けてサッと外せる様に設計されたという事でしたが、確かに付け外しは非常にスムーズでした。

sonytablet_064.jpg


裏面はこんな感じ。
ケーブルは逆には挿せませんので、必ずクレードルの右側にケーブルが伸びる格好となります。
ゴム足のおかげもあって、クレードルに挿したままタッチ操作をしても容易にずれることはありません。

sonytablet_065.jpg


クレードルを使用して充電した際は、特定の動作を起動する事も可能となっています。

sonytablet_066.jpg


フォトフレームや時計代わりとしても活躍するかもしれませんね。

sonytablet_067.jpg


ちなみに、先述のカバーを付けた状態でもクレードルへの設置は可能です。
さすがは純正品です。

sonytablet_068.jpg



Bluetooth キーボード(SGPWKB1)

sonytablet_069.jpg


専用のキーボードも用意されています。
持ち運び出来るタブレットに合わせて、キーボードもスリムです。

sonytablet_070.jpg


単三電池2本で動作します。

sonytablet_073.jpg


特徴的なのは、AndroidOSに合わせて、戻る/ホーム/タスク/メニュー/検索のキーが設けられています。

sonytablet_071.jpg


VAIO LシリーズのBluetoothキーボードと比較。
テンキー部の分だけVAIOキーボードの方が横に伸びていますが、キーの大きさは同等で、縦の長さもほぼ同じでした。

sonytablet_072.jpg


このキーボードは"英文字配列"という主に海外で使用されているキーボードの並びになっています。
日本語配列のVAIOキーボードと比べると、
 ・ひらがな(かな入力用)がプリントがされていない。
 ・変換・無変換・全角/半角キー等のキーがない。
 ・Enterキーのサイズが小さい。
 ・スペースキーが大きい。
 ・記号キーの位置が違う。
といった違いがあります。

個人的には日本語配列の方がタイプしやすいです。
特にEnterキーが小さいのは自分としては致命的とも言える欠点でした。
ブラインドタッチは出来ないのですが、よく考えるとEnterキーを押すときはキーボードを見ていない事に気付かされました。

使用感もVAIOキーボードには劣りました。
キーのサイズは同じですが、ストロークが浅めです。
これは慣れで解消出来るのかもしれませんが。

- - - - -

以上、アクセサリレビューでした。
お値段との相談となるでしょうが、どれもタブレットライフを快適に送るのに役立ちそうなものばかりでした。

個人的には、クレードルは"買い"かなと。
挿したまま快適に操作出来ますし、日頃の置き場所としても便利ではないでしょうか。
キーボードは利用スタイルによって評価が分かれるところかもしれません。
カバーは純正品でなくてもというのと、背面にマジックテープを付けるという点が引っかかりました。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment