1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

22 2012

「MEDIAS TAB(N-06D)」レビュー

スマートフォンラウンジ梅田での展示機レビュー。
スマートフォン向け放送サービス「NOTTV」対応端末のSH-06Dに続き、今回は「MEDIAS TAB(N-06D)」
MEDIASブランド初のタブレット製品は、ワンセグ/おサイフ/赤外線/防水/Xiと搭載機能が盛りだくさんなタブレット端末です。

n06d_001.jpg

注:スマートフォンラウンジに展示されているのは試作機も含まれていますので、実際の製品とは仕様が異なる可能性がある事をご了承下さい。

上部には左から、音量ボタン、左スピーカー、電源ボタン、microUSB端子、microSDカードスロット、右スピーカー、アンテナと並んでいます。
分かりにくい写真ですみません…。

n06d_002.jpg


ワンセグやNOTTV視聴に用いるアンテナですが、引き出すのが困難でした(汗)。

n06d_016.jpg


下部には、中央に充電端子があり、左側にはストラップホールが、右側にはSIMカードスロットとイヤホン端子があります。

n06d_003.jpg


カラーは"Silver"1色のみ。
個人的にはクールで良い印象を持ちました。

n06d_004.jpg


画面は7インチで、このサイズだと片手で軽々持ててコンパクトです。
横画面をメインに想定しているみたいで、プリントされているロゴやアイコンも横向きです。

n06d_006.jpg


更に興味深かったのが、音量ボタンの仕様です。
横画面での利用を考えての事か、左が音量ダウンで右が音量アップと、従来のスマートフォンやタブレットとは反対の動作をします。

n06d_013.jpg


ただしこの場合、縦にして利用すると、上が音量ダウンで下が音量アップというちぐはぐな動作になってしまいます。

この問題は、サイドの音量ボタンを左サイドに設けて、横にするには右に回転させれば解決すると思うのですが、多くの端末が右サイドに設けていて左回転を想定しているんですよねぇ。
利き手で持つ事が多いであろう右手だけで持っている場合に横にするには左に傾けるからでしょうか…。

n06d_014.jpg


通話用のスピーカーもあるのですが、いくらコンパクトとは言え町中でいつも通りのスタイルで通話するのはかなり目立つかと(汗)。

n06d_015.jpg



AndroidOSは、タブレット向けに3.xをリリースしていますが、なんと「MEDIAS TAB(N-06D)」のOSは2.3.6でした。
これは展示機だからなのではなく、製品版も発売時は2.3での提供となっています。
3.xの使い勝手が良いのか悪いのかは別問題として、ここは少し時代遅れな感じがしました。
今後のバージョンアップでどこまでサポートするのかが気になります。

n06d_009.jpg


内蔵ストレージですが、システムメモリ(本体)は約1.6GB、RAMは約670MBでした。
システムメモリはアプリのデータ保存に用いられます。

n06d_010.jpg n06d_011.jpg


更に、ユーザーメモリ(本体)は10.67GBとなっていました。
こちらは写真や動画等のデータ保存に使われるメモリです。

n06d_012.jpg


OSが2.3.6という事もあって、どちらかと言うと"でっかいスマートフォン"な印象がしました。
UIも歴代MEDIASとよく似ています。

ロック画面の解除方法はキーアイコンをタッチ。

n06d_005.jpg


ステータスバーの通知領域上部には各種設定のアイコンが並んでいるのも歴代MEDIASと同様です。

n06d_008.jpg


アプリ一覧画面もMEDIASではお馴染みの画面で、ウィジェットもここから参照出来る様になっています。

n06d_007.jpg


カメラですが、外側/内側共に有効画素数は200万画素です。

n06d_017.jpg


内側はともかく、外側で200万画素なのはかなり控えめなスペックですね。

n06d_018.jpg


撮影しようと思ったのですが、保護シールが貼られており勝手に剥がすのも良くないので断念しましたが、仕上がりは"とても良いとは言えない"のは想像にたやすいかと思われます。
撮影中はフラッシュランプがオレンジ色に点滅していました。

n06d_019.jpg


機能は豊富ですし、シルバーでクールなタブレットですが、OSとカメラが気になるところでしょうか。
NOTTVがまだ放送開始していないので、そこが確認出来なかったのは心残りです。



関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment