1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

20 2012

「AQUOS PHONE(SH-06D)」レビュー

スマートフォンラウンジ梅田での展示機レビュー。
今回は「AQUOS PHONE(SH-06D)」
先日開局発表された「NOTTV」対応機種第1弾です。

sh06d_001.jpg

注:スマートフォンラウンジに展示されているのは試作機も含まれていますので、実際の製品とは仕様が異なる可能性がある事をご了承下さい。

外観ですが、上部はmicroUSB端子があるのみ。
それと、前面の右上に通知ランプがあるのが分かりますね。

sh06d_002.jpg


右サイドはワンセグアンテナと電源/音量ボタン。
ボタンは密集している上に小さいので少し押しづらかったです。

sh06d_003.jpg


左サイドには充電端子とストラップホール。
防水対応なので充電端子があるわけで、NOTTVの視聴を想定してか横置きで使う卓上ホルダが同梱されるそうなのですが、あいにくラウンジには展示されていませんでした。

sh06d_004.jpg


下サイドはリアカバーを外す為の凹みがあるのみです。
形状としては背面はラウンドしているのが分かるかと思います。

sh06d_005.jpg


背面にはカメラやスピーカー等が上部に集まっています。

sh06d_006.jpg


カラーは上記の"White"の他に"Magenta Red"と"Blue Black"がありますが、この2色は非常によく似ています。
違いはフロントキーのボタンとフロント周辺。
背面はカメラの下にある「8.0M PIXELS」という文字だけ。

sh06d_007.jpg
sh06d_008.jpg


2色とも赤や青はアクセントであって、ベースカラーは黒です。
質感はマットで、しかもザラザラしているのは好みが分かれるかなという印象を持ちました。

sh06d_009.jpg
sh06d_010.jpg


見た目で分かるかもしれませんが、全体的に最近発売された「SH-01D」と共通点が多いです。(レビューはコチラ)

ただし、こちらにはイヤホン端子が無いのは要注意です。

改善点としては、ワンセグアンテナは真横までではなく、斜め上まで上がる様になっていました。
これで縦に持っての視聴もしやすくなります。

sh06d_011.jpg


SH-01Dと並べてみました。
大きさは少し大きくなっていますし、自分は特に厚みが増したのを強く感じました。

sh06d_012.jpg



ソフトウェアを見てみると、内蔵ROMが約2.7GB、RAMが約742MBとなっています。

sh06d_014.jpg sh06d_015.jpg


作りは従来のシャープ端末と同様でした。
ステータスバーに収納されている通知領域がごちゃごちゃしているのも相変わらず。
いちいち設定画面やそれに特化したアプリを用意せずとも、ここで各種設定が簡単に行えるのは便利でしょうし、この点は評価が分かれるところだと思います。

sh06d_016.jpg sh06d_018.jpg


シャープのプリインホームアプリですが、アプリ一覧を選択するとまずはタブの一覧が表示されたりと、SH-01Dを触った時とは一部変更点がありました。
最近発売されたシャープ製端末で採用されている仕様みたいです。

sh06d_019.jpg sh06d_020.jpg


カメラのUIはいつも通り。
シャッターボタンが無いのでカメラアイコンをタッチして撮影します。

sh06d_021.jpg


SH-01Dと劣るのが有効画素数。
SH-01Dは1210万画素で、こちらは800万画素という数字のみならず光学手ブレ補正といった処理能力も劣っています。
しかし、端末上といった小さなサイズで閲覧するなら大きなマイナスポイントにならないケースもあるので、これはユーザーのカメラに対する意識が評価の分かれ目でしょう。

実際に撮影してみましたが、同じ被写体でも時にはホワイトバランスが崩れて黄色っぽくなったりならなかったりと不安定でしたが、これは設定次第で回避出来ます。
下の写真での設定はデフォルトです。

sh06d_022.jpg
クリックすると拡大表示します



この機種の最大の特徴と言っても良いのは「NOTTV」というスマートフォン専用放送に対応している点でしょう。
パケット通信を使うネットよりも通信障害に左右されにくく、ワンセグよりも高画質という映像サービスです。

まだ放送されていないので視聴出来ませんがウィジェットは既に用意されています。

docomo_026.jpg sh06d_017.jpg


リアルタイムだけでなくシフトタイム視聴も可能で、チャンネルもニュース/スポーツ/ドラマ/バラエティ等豊富です。
更に書籍の読書も出来たりと、新たな可能性を感じるサービスです。

利用料金は420円/月。
これが高いか安かは放送を開始してからの判断になるでしょう。

docomo_027.jpg


エリアはまだまだ狭く、計画では2014年末をもってでも非対応のエリアもありますので、お住まいの地域がNOTTV対応エリアになっているかは確認の必要があるかもしれません。

docomo_028.jpg


最近のシャープ端末は電源+ホームボタンでスクリーンショットが撮影出来ますが、NOTTVが起動している場合は不可となっていました。
動画視聴中は勿論の事、バックで動いている時も出来ません。
ワンセグもですが、ホームボタンを押してもバックで動作していますので、終了させる時は戻るキーを押しましょう。

sh06d_013.jpg


肝心のNOTTVが体験出来なかったのは残念でした。
NOTTVをどう感じるかでこの機種の魅力は大きく変わると思います。

3月からNOTTVエリアの地域で対応端末のレンタルが出来るみたいなので、自分も応募してみようと思います。



関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment