1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

03 2012

「MEDIAS ES(N-05D)」レビュー

現在スマートフォンラウンジではXperia NX(SO-02D)/acro HD(SO-03D)の他にMEDIAS ES(N-05D)も先行展示されています。
今回はそのMEDIAS ES(N-05D)のレビューです。

MEDIASシリーズに薄型モデルが帰ってきました。
今度の薄型MEDIASはただスリムなだけではありません!
ちなみにペットネームの「ES」は"Extra Slim"の略です。

n05d_001.jpg

カラーはWhite、Pink、Blackの3色展開。
この内Blackのみが展示されていませんでした。
acro HDもですが、最近のスマートフォンラウンジは必ず全色展示しているわけではなく、ここは残念です。

Whiteは前面にラメが入っており、背面は白と言うよりシルバーな仕上がり。

n05d_002.jpg n05d_003.jpg


Pinkは鮮やかな色で、こちらも前面にはラメがあります。
背面はグラデーションがかかっています。

n05d_004.jpg n05d_005.jpg


(追記:後日モックではあるもののBlackが展示されていました。艶のある質感でPink同様にグラデーションがかかっています。)

n05d_015.jpg n05d_016.jpg


背面の写真を見て頂くと分かる通り、音量ボタンはサイドではなくここに配置されています。サイドが極端に薄いからなのでしょう。
MEDIAS WP(N-06C)はカメラの横にあって不自然でしたが、こちらはそれ程気にならないかと思います。

側面で唯一ボタン類がある上サイドには、電源ボタン/microUSB端子/ワンセグアンテナがあります。

n05d_006.jpg


ワンセグアンテナは伸縮式ですが、伸ばしきっても短めです。

n05d_008.jpg


下サイドから見たところ。
薄型端末の中には、カメラ周辺がかなり盛り上がっているものも多いですが、MEDIAS ES(N-05D)はやや膨らんでいる程度で全体的に薄いです。
ただ、両端は尖った形状なので、片手で握ると少し痛いのが気になりました。

n05d_007.jpg


ソフトウェア面はMEDIAS PP(N-01D)MEDIAS LTE(N-04D)と共通点が多いです。
展示機のAndroidOSは2.3.6でした。

n05d_009.jpg n05d_010.jpg


内蔵ストレージは2GB弱と大容量。MEDIAS PP(N-01D)よりも多いです。
RAMは約650MBと表示されていました。

n05d_011.jpg n05d_012.jpg


カメラで撮影した画像。
スマートフォンラウンジの様に白を基調としている被写体を撮影するとホワイトバランスが崩れるのはこの機種に限った事ではありません。
左側にあるライトのせいかもしれませんね(汗)。
仕上がり自体は「Exmor R for mobile」を搭載しているだけあってかキレイだと思います。
画素数は810万画素です。

n05d_013.jpg
クリックすると拡大表示します

- - - - -

ただ薄いだけの機種ではなく、HD液晶や「Exmor R」搭載のカメラ、デュアルコアCPUとスペックも充実。
また、薄型という事でバッテリー容量が気になるところですが、1,400mAhとなっており、さすがにMEDIAS PP(N-01D)の1,700mAhには劣るものの、先代の"薄型MEDIAS"であるWP(N-06C)の1,230mAhよりは進化しております。

ドコモの冬春MEDIASはPPにしろLTEにしろ黒1色だけで寂しかったですし、その点でもESは結構魅力的な端末ではないでしょうか。

n05d_014.jpg
1枚もののパンフには薄型を実現した設計図も掲載されていました。




関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment