1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

22 2012

「MEDIAS LTE(N-04D)」レビュー

スマートフォンラウンジ梅田での先行展示機レビュー。
今回は「MEDIAS LTE(N-04D)」
MEDIASも遂にXi進出です!

n04d_001.jpg

注:スマートフォンラウンジに展示されているのは試作機も含まれていますので、実際の製品とは異なる可能性がある事をご了承下さい。

MEDIAS LTE(N-04D)は、その名の通りLTEに対応。
対応しているエリア内であれば従来よりも通信速度が速くなりますが、まだまだ対応エリアが狭いという他に注意点を2つ。

1つは、現時点でリリースされているLTE対応端末はバッテリーの消費が早いという点。
もう1つは、ドコモの場合LTE対応端末は"Xi(クロッシィ)"という名称で展開されており、料金プランが専用のものに変更しなければならない点。
現時点では、LTE対応端末が"イコール優れている"とも言い切れない状況なのです。

n04d_002.jpg


端末上サイドに電源ボタン。
左端にはワンセグアンテナが収納されています。

n04d_003.jpg


右サイドにはmicroUSB端子と音量ボタン。

n04d_004.jpg


左サイドには充電端子が見える通り、MEDIAS LTE(N-04D)は防水にも対応しています。

n04d_005.jpg


背面は上部にカメラやらFeliCaやらが配置されていますが、全体的にのっぺりした感じ。
光沢のある黒は指紋が目立ちますね。

n04d_006.jpg


端末の厚みですが、フラットではなくカメラがある上部の方(下の写真では左側)がわずかに膨らんでいます。
これは持ってみるとより明確に感じました。

n04d_007.jpg


ワンセグアンテナを伸ばしたところ。
MEDIAS PP(N-01D)ではアンテナは右側に配置されており、それ以前のモデルは折りたたむタイプでした。
同じMEDIASでもハードウェア設計は結構異なっているみたいですね。

n04d_008.jpg


画面ロック解除はMEDIAS PP(N-01D)と同様に鍵アイコンをタッチするタイプ。
この方式だとポケットに入れていて誤って反応しないかが心配です。

n04d_009.jpg


展示機のAndroidバージョンは2.3.6でした。

n04d_010.jpg


内蔵ストレージは2GB以上。
今までのMEDIASシリーズは400MB程度で、MEDIAS PP(N-01D)では約955MBまでステップアップしましたが、更に倍増と、ここは特筆すべき点でした。
RAMは約700MB。

n04d_011.jpgn04d_012.jpg


フォントは3種類から選択可能です。

n04d_013.jpg


カメラで撮影した画像。
毎度のホワイトバランスが崩れる問題ですが、この機種では心配ありませんでした。

n04d_014.jpg
クリックすると拡大表示します

- - - - -

ソフトの仕様はMEDIAS PP(N-01D)と共通点が多いのでそちらも参考にして頂ければ(リンクはコチラ)と思います。

持ってみてまず感じたのは「ゴツいなぁ」でした。
サイズ的にはOptimus LTE(L-01D)と同等なのですが、角が尖っている分こちらの方がよりそう感じました。

LTEに加え、おサイフ・ワンセグ・赤外線・防水とフルスペックなモデルですが、既にARROWS X LTE(F-05D)が登場している現状ではこのサイズがマイナスポイントとなるかもしれません。

もう1つ気になったのは、これはMEDIAS PP(N-01D)もなのですが、カラー展開が1色のみというところ。

気になる点もありますが、まだまだラインナップが少ないXi端末に全部入りモデルがまた1つ加わり選択の幅が広がりました。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment