1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

20 2012

「Q-pot.Phone(SH-04D)」レビュー

先日スマートフォンラウンジ梅田にて「Q-pot.Phone(SH-04D)」が先行展示されていましたので、おなじみの展示機レビューをお届けしたいと思います。

sh04d_001.jpg

注:スマートフォンラウンジに展示されているのは試作機も含まれていますので、実際の製品とは異なる可能性がある事をご了承下さい。

アクセサリーブランド「Q-pot.」とのコラボレーションケータイ
過去にも「SH-04B」「SH-04C」とリリースされており、第3弾は初のスマートフォンとして登場です。

5万台の限定品という事で、気になっている方はお早めに!
余談ですが、毎回Q-potケータイの型番が"04"なのはあえてなのでしょうかね。

sh04d_002.jpg


なんと言っても特徴的なのは、そのデザイン。
チョコレートをイメージした仕上がりで、フロント下部は溶けたチョコレートをイメージしています。
また、ホーム/メニュー/戻るのキーはボタン式で、ホームのアイコンはQ-potロゴです。

sh04d_003.jpg


背面には板チョコ。
ある程度凹凸はありますが、持ってみて気になる事はありませんでした。
それ以外のゴールドの部分にはQ-potロゴがプリントされているこだわりよう。

sh04d_004.jpg


この端末は防水対応。
左サイドにはmicroUSB端子がフタに収納されていますが、上サイドにあるイヤホン端子にはフタがありません。
防水対応だと大抵は各端子にフタがあるのですが、そうなると利用しづらくなるという欠点もあるのでこの点は素晴らしいと思います。
更に「おくだけ充電」に対応していますので、充電時にいちいちmicroUSB端子のフタを開ける必要はありません。
この「おくだけ充電」の充電台もオリジナル仕様だそうです。

sh04d_005.jpg


右サイドには上から電源ボタン、音量ボタンに加えて検索ボタンも配置されています。
デザインを優先した為がサイズは小さめです。

sh04d_006.jpg


下サイドにはストラップホールと背面カバーを開ける為の凹みがあります。

sh04d_007.jpg


シャープ製Android端末はスクリーンショット機能を搭載していますが、この端末にも搭載されていました。
方法はいつも通りの電源+ホーム。

画面ロックの解除方法も最近のシャープ端末と同じですが、キーアイコンがオリジナルのものになっています。
よく見ると上部にある電波アイコンがナイフ/フォーク/スプーンに、電池アイコンがチョコレートになっています。

sh04d_008.jpg


展示機のAndroidOSは2.3.4でした。

sh04d_009.jpg


内蔵ストレージは1.2GB以上。
位置付けはエントリーモデルかと思われますが、これだけストレージがあるのは嬉しいですね。
RAMは約275MB。

sh04d_010.jpg sh04d_011.jpg


こちらはプリインストールのホームアプリ画面。
各種ウィジェットのデザインもQ-pot仕様になって統一感を増しています。

sh04d_012.jpg sh04d_013.jpg


アプリ一覧画面もおなじみのシャープ仕様ですが、左下にあるホームへ戻るアイコンがちょっとオシャレになっています。

sh04d_014.jpg


通知領域も最近のシャープ仕様同様です。
この画面を、ごちゃごちゃしていると考えるか、便利と考えるかは個人によって変わるかと思います。

sh04d_015.jpg


カメラ撮影画面のUI。
シャッターボタンが搭載されていないので画面上のカメラアイコンをタッチするのですが、位置が下だと不便かもしれません。
SH-02Dではホーム/メニュー/戻るのキーがタッチセンサー式だったので、誤ってそちらも触ってしまう場合があったかと思うのですが、こちらはボタン式ですからアイコンは右にあった方が良かった気が…。

sh04d_016.jpg


下の写真が実際に撮影したもの。
カメラの有効画素数は800万画素。
スマートフォンラウンジでの展示機レビューではおなじみとなりつつあるホワイトバランス問題ですが、この機種は設定を変更する事なくオートでも問題ありませんでした。

sh04d_017.jpg
クリックで拡大表示します


(追記:後日「おくだけ充電」のチャージャーが展示されていました。)
sh04d_018.jpg
大きさは端末と同等で、厚みが結構あります。

sh04d_019.jpg
裏はこんな感じ。

sh04d_020.jpg
"CHOCOBED"という名称だそうです。

- - - - -

全体的な完成度も高く、持ったときの軽さが印象的でした。

気になる点も挙げると、バッテリー容量。
シャープ端末は昔からバッテリー容量が少ないんですよね。
Q-pot.Phone(SH-04D)は1230mAhです。

「人と変わったケータイが欲しい」って方には最有力候補ではないでしょうか。
歴代のQ-potケータイの人気を考えてからも予約は必須かと思われます。



関連記事
スポンサーサイト



3 Comments

hiro  

展示会の時・・・

おはよう、hiroです。
もし今後、ドコモさんのスマートフォン発表会や展示会などのイベントの際、LYNX3Dの今後について担当の方に聞いていただけませんか。
あいにく近辺では展示会や発表会がないのでよろしくお願いします。
せめて、2.3まではバージョンアップしてほしいです。

2012/01/21 (Sat) 08:50 | EDIT | REPLY |   

ヒロナ  

Re

現時点で開催が予想される展示会と言えば夏モデルの内覧会で、かなり先になりますね…。
スマートフォンラウンジの店員さんに聞いても分からないと言われるだけですし。

2012/01/21 (Sat) 18:42 | EDIT | REPLY |   

hiro  

がんばって・・・

ヒロナさんへ
確かに次の発表会などは4月ごろっぽい予感がします。
一方でLYNX3Dは発売から1年(既に生産終了ですが・・・)を迎えたわけですが2.3に最低でもバージョンアップがんばってほしいところです。
僕が買った後すぐにAQUOSPHONEに化け、しかも機能が充実していったことはがっかりしました。
ドコモさんのほうもエリアメールに対応していただけたのがよかった点ですが・・・。
わずか1年で払い箱はごめんです。
では、また。

2012/01/24 (Tue) 20:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment