1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

10 2011

「ARROWS X LTE(F-05D)」レビュー その2

本日より「ARROWS X LTE(F-05D)」の予約受付が開始されました!
そして来週17日にはいよいよ発売されます。心待ちにされていた方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。
発表時から注目度は高く、内覧会では長蛇の列が出来、スマートフォンラウンジでも常に誰かが触っている状態が多い人気機種。

f05d_001.jpg f05d_003.jpg


実はこのブログのアクセス解析を見てみたら、ARROWS X LTE(F-05D)について検索されて来られた方が多数いらっしゃる事が分かりました。
「拍手」も多く頂いている事から、今回はレビュー第2弾として前回では触れていなかったところを見ていきます。
前回のレビュー(リンクはコチラ)と併せてご覧下さい。

また、今回は主にソフトについてという事で、おそらく同じ富士通の冬春モデルである「ARROWS Kiss(F-03D)」「ARROWS μ(F-07D)」「REGZA Phone(T-01D)」との共通点もあるかと思います。

前回は内覧会の端末でしたが、今回はスマートフォンラウンジでも展示されだした端末です。
ラウンジで展示されているものも試作機だと思われますので、実際の製品とは異なる可能性がある事をご了承下さい。
まずは富士通オリジナルのホームアプリ「NX! comfort UI」を用いたアプリ一覧画面。

右下のアイコンでアイコン式とリスト式の切り替えが可能です。

f05d_014.jpg f05d_015.jpg


左下のアイコンではアプリの並べ替えが行えます。
先程の画面は「カテゴリ」順でした。

f05d_016.jpg


「カテゴリ」順では、カテゴリごとでの並べ替えやカテゴリ名の編集も出来ます。

f05d_020.jpg f05d_017.jpg


「並び順の編集」を選択すれば編集モードになり、アイコンをドラッグして自由に移動出来ます。
もちろんカテゴリ名は編集出来ますので、下の写真の様に「設定」アイコンを「エンターテインメント」カテゴリへ移す事が出来ます。

f05d_018.jpg f05d_019.jpg


こちらはアプリの並び順に関係ありませんが、新しくインストールしたアプリには「New」のマークが付いています。
いくつかまとめてアプリを入れても「あれ?あのアプリどこいったっけ」となる心配はなさそうですね。

f05d_021.jpg


続いてはワンセグ画面。
右下の「テンキー」を選択するとチャンネル切り替えに使えるテンキーが画面上に現れます。
ここから録画が手軽に出来るのも便利そうです。

f05d_022.jpg f05d_023.jpg


こちらは横画面にしてテンキーを表示させてみました。

f05d_024.jpg


お次は電子辞書機能。
富士通端末は古くから電子辞書機能を搭載しているのですが、スマートフォンにも搭載されています。

f05d_029.jpg f05d_026.jpg


しかも簡易なものではなく、広辞苑をはじめとする13もの辞書が収録されております。
一番下を見ると追加も可能みたいですね。

f05d_027.jpg f05d_028.jpg


あとは、日本語文字入力に「NX!input」というものが搭載されていますが、そこで手書きの文字入力も可能という事で試してみました。



この機種で忘れてはならない大きな特徴が「LTE」。

f05d_025.jpg


通信速度計測アプリを使って計ってみたところ以下の様な結果に。
左は自分が試したもので、右は結果画面の中で一番早かったものです。
多少環境にも左右されるとは思いますが、自分のarcが3G通信で下り2Mbps上り0.1Mbps程度で、家のWi-Fi通信でも上りこそ上回る時がありますが下りはせいぜい数Mbpsなのを踏まえると、かなりの高速通信です。

f05d_030.jpg f05d_031.jpg




関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment