1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

19 2011

「LUMIX Phone(P-02D)」レビュー

スマートフォンラウンジ梅田での先行展示機レビュー。
今回は「LUMIX Phone(P-02D)」です。
スマートフォンでは少ない、カメラ特化型の機種の登場です。

p02d_003.jpg

注:スマートフォンラウンジに展示されているのは試作機も含まれていますので、実際の製品とは異なる可能性がある事をご了承下さい。

端末上部にはmicroUSB端子。
この機種は防水対応なので、卓上ホルダと接続する為の充電端子が左サイドにあります。
充電端子がこの位置にあるという事は、おそらく横にして接続するタイプの卓上ホルダなのでしょう。
端末上部と下部のは固定させる為と思われる"溝"があります。

p02d_004.jpg


右サイドには、ワンセグアンテナ・電源ボタン・ボリュームキー・カメラボタンと多くのパーツが並んでいます。
横にして充電していても使用出来る様に、この位置に並んでいるのでしょう。

p02d_005.jpg


ワンセグアンテナで気になったのが、爪が短いとアンテナが出しにくかったです(汗)。

p02d_008.jpg


側面の左下にストラップホール。
下部に見えるもう1つの"溝"は先程で触れた卓上ホルダとの固定に使われるものだと思います。
フロント部の3つのキーの左には通話用のマイクが。

p02d_006.jpg


この機種の最大の特徴とも言えるのがカメラ。見た目にもインパクトがあります。
リングが大きいせいで、場合によっては縦に持ってもリングの下部が手に当たるのが少し気になりました。
デジカメっぽいデザインを目指しての事でしょうが、カメラがかなり目立ちますね。レンズ自体はそこまで面積を占めているわけではないのですが…。
フラッシュライトも搭載しており、他にスピーカー、Felica、赤外線ポートもここに搭載されています。

p02d_007.jpg


カラーは3色展開。
ゴールド。

p02d_009.jpg


レッドマゼンタ。

p02d_010.jpg


ブラック。

p02d_011.jpg


ロック解除画面は、先代のスマートフォンであるP-07Cとは異なり、この冬春モデルで「F(T)」「L」「N」が採用している、カギのアイコンをタッチするものに変更されていました。

p02d_012.jpg


Androidバージョンは2.3.5。
内蔵ROM容量は約1GB。先代のP-07Cより大きくなりました。

p02d_013.jpg p02d_014.jpg


プリインストールされているホームアプリは「docomo Palette UI」「ランチャー」に加え、パナソニックオリジナルの「フィットホーム」「タッチスピードセレクター」も用意されていました。
「フィットホーム」はP-01Dで、「タッチスピードセレクター」はP-07Cで採用されていました。

p02d_015.jpg


下の写真左側が「フィットホーム」。
「タッチスピードセレクター」は、一番左のページに、下の写真右側にある様に、アイコンが円状に並んでいるページが加わります。ここをクルクル回転させる事で片手でもよく使うアプリへアクセスしやすくなるわけです。

p02d_017.jpg p02d_016.jpg


パナソニックオリジナルのアプリやウィジェットもいくつかありました。
冬春モデルのシャープ端末で見かけたエコ機能の管理アプリと同じ様なものを見つけました。バッテリーが持たないと言われているスマートフォンのイメージを払拭させる為でしょうか。まぁ使う頻度が増えるから減りが早くなるってものも要因なんですけどね。
また、自分の情報が一目で分かる「パーソナルエリア」というウィジェットも発見。指で隠している箇所に電話番号が表示されます。個人情報がダダ漏れって観点からすると、評価は二分されそうですね。
(追記:「パーソナルエリア」は正しくはドコモオリジナルのウィジェットでした。)

p02d_018.jpg p02d_019.jpg


ワンセグの視聴画面。
P-07Cでも搭載されていましたが、チャンネルの切り替えにもタッチスピードセレクターが採用されています。

p02d_020.jpg


カメラについてですが、さすが"LUMIX"を名乗るだけの事はありました。
まず、起動がものすごく早いです。カメラボタンを押した瞬間に起動するくらいのスピードです。
そして、そのカメラボタンの押し心地も上手く調整されています。柔らかすぎて誤操作するなんて事はありませんし、逆に固すぎて押しにくい事もありません。
店頭で置かれているモックでもこの押し心地が体感出来る辺りにパナソニック側の自信を感じます。
UIも大きなアイコンで操作しやすかったです。

p02d_021.jpg


そして下にあるのがLUMIX Phone(P-02D)で撮影した画像。
カメラ特化型機種という事で今回は2枚掲載してみました。

p02d_022.jpg

p02d_023.jpg
クリックで拡大表示します。


- - - - -


正直、個人的にはP-07Cはハード・ソフト共にイマイチな感じがしてならなかったのですが、P-01Dを経て遂にパナソニックの"LUMIX"の名を借りたハイスペック端末が登場しました。
機能の豊富さに加え、CPUはデュアルコアが採用されています。

大阪という場所柄かもしれませんが、よく"Pファン"の方を見かけます。
夏の内覧会ではP-07Cに注目が集まっていましたし、今回の「LUMIX Phone(P-02D)」もスマートフォンラウンジや秋の内覧会で「これ欲しいな」と話されている方も。
市場の動向が気になりますね。



関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment