1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

12 2011

「ARROWS X LTE(F-05D)」レビュー

先週行って来たドコモの内覧会で一番注目を集めていたのが「ARROWS X LTE(F-05D)」でした。

冬春モデルの中で一番の"全部入り"端末であり、まだスマートフォンラウンジでも先行展示がされていない事も加わってか、常に3,4人は並んでいる程の人気でした。
スマートフォンラウンジでも一番問い合わせが多いとラウンジの店員さんはおっしゃっていました。

おそらくまだ試作機の段階ではあるとは思うのですが、自分も触って来ましたので軽くレポートしたいと思います。

f05d_001.jpg


(追記:《「ARROWS X LTE(F-05D)」レビュー その2》)
注:試作機ですので実際の製品とは異なる可能性がある事をご了承下さい。

上に挙げた写真を参照して頂くと分かる通り、ロック解除方法はカギのアイコンをタッチするタイプです。
この冬春もでるから見られた画面で、他にも「Optimus LTE(L-01D)」「LUMIX Phone(P-02D)」等でアイコンデザインを含め全く同じものが採用されています。
これだけ複数のメーカーが採用しているという事はドコモ側で用意されたものなのでしょうかね。

さて、この端末はXi(クロッシィ)に対応しており、Xiロゴもプリントされています。
Xi端末は基本料金のプランも変更になりますのでご注意下さい。

f05d_002.jpg


カラーはマゼンタとブルーブラックの2色。
マゼンタの背面はグラデーションがかかっています。
ブルーブラックは光に当てるとラメが入っていてキレイですが、一方で指紋が目立ちました。

f05d_003.jpg f05d_004.jpg


端末上部にはmicroUSB&HDMI端子が共通のフタに収納されており、その左側のフタにはイヤホン端子が収納されています。
左サイドは電源ボタンとボリュームキーがあります。

f05d_005.jpg


右端に見える丸いのはワンセグ用のアンテナです。

f05d_006.jpg


ワンセグのアンテナですが、最近の端末はアンテナ線を本体の色と一部同じにしているものも多いですが、この端末は全部シルバーでした。

f05d_008.jpg


右サイドや下部にはボタンはありません。

f05d_007.jpg


外観の配置は「REGZA Phone(T-01D)」とほぼ同じです。
合弁会社「富士通東芝モバイルコミュニケーションズ」の製品として共通化が図られているのでしょうね。

ただ、「REGZA Phone(T-01D)」には搭載されていた富士通の代名詞的機能である指紋認証はこの端末には非搭載なのは少し残念。富士通端末だからこそ搭載して欲しかったです。

さて、ここからは少しソフトウェアも見ていきます。

Androidバージョンは2.3.5。
内蔵ROM容量は約2GB弱といったところ。
「REGZA Phone(T-01D)」は約500MBで、過去の富士通製品のAndroid端末と比べてもかなり大きくなりました。

f05d_011.jpg f05d_010.jpg


ステータスバー内には各種設定項目が収納されています。

f05d_009.jpg


収録されているホームアプリも「REGZA Phone(T-01D)」と同じでした。

f05d_012.jpg


カメラのUI画面。

f05d_013.jpg


- - - - -

他のXi端末と比べると、防水・ワンセグ・おサイフケータイに対応しながらも、質量は一番軽いです。
スペック上で負けているのは、受信速度が最大14Mbpsではなく7.2MbpsだったりCPUの性能があったりしますが、体感ではそれほど気にならないかもしれません。

「REGZA Phone(T-01D)」との共通点は多く、カメラは共に有効画素数1310万画素ですから同じものが使われていると推測出来ます。
他にも、ディスプレイサイズが同じ4.3インチで、CPUは共にOMAP4430(1.2GHz)というデュアルコアを採用。

なんとサイズも高さと幅はどちらも129mm×64mmとなっており、質量も129gと同じでした。

機能としては、「ARROWS X LTE(F-05D)」にはXiが、「REGZA Phone(T-01D)」には指紋認証機能があるのが大きな違いでしょうね。
ちなみに、どちらも「おくだけ充電」には非対応です。
あとは合弁会社とは言え「F」や「T」のブランドも影響するかもしれませんし、見た目・質感・カラーバリエーションでの好みも分かれそうですね。

docomo_017.jpg


Xiに対応しているのは必ずしも良いわけではなく、先程述べた様に基本料金のプランが変わります。
基本的に「タイプXi」の1種類しか存在せず、2年契約だと780円/月ですが通話料は21円/30秒。
700円/月の「Xiカケ・ホーダイ」というオプションもありますが、通話が無料になるのは相手がドコモ回線の場合のみ。
スマートフォンラウンジの店員さんも「他社通話が多くてLやLLプランにされている方は高くなるかもしれません」と案内されていました。
パケット通信の料金プランもXi用に変わりますが、こちらは従来から大きな変更はありませんので、基本料金のプランをどう捉えるかがポイントになりそうです。



関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment