1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

11 2011

「Xperia arc」OS2.3.4にバージョンアップ!

Xperiaシリーズの4機種「Xperia SO-01B」「Xperia arc SO-01C」「Xperia acro SO-02C」「Xperia ray SO-03C」へのアップデートが今週より行われています。
「PC Companion」を使用したアップデートは7日から、3G通信やWi-Fi経由でのアップデートは10日からの提供開始でした。

xperiaarcss102_50.jpg


arcユーザーの自分も勿論アップデートを。
arcではOSが2.3.3から2.3.4へバージョンアップします。

振り返ればarcの更新は今回で3度目になります。
最初の更新はOS2.3.3へのアップデートで、次が2.3.3で生じたバグへの対処でした。

前回PC接続でのアップデートに失敗していましたが、今回はPC経由だと端末単体よりも早く更新出来るので再チャレンジ!…したもののやはりダメでした(泣)。
メディア転送モードで認識してくれないんですよねぇ。

SE_Companion_003_70.jpg


「Sony Ericsson Update Service」を使用する手もあるのですが、これについてはまだ自分があまり理解しておらず、あれこれ調べる時間と手間を考えると、もう10日を待とうかという考えに至りました。

そして待望の10日を迎え、自分のXperia arcもようやくOS2.3.4へのアップデートを済ませました!
やはり端末から直接ダウンロードする方が圧倒的に楽ですね。

xperiaarc_093_30.jpg


ソフトウェアを書き換える際には一切の動作が出来なくなります。

xperiaarc_094_30.jpg


自分の場合は約10分で更新が完了しました!

xperiaarc_095_30.jpg


以下は更新内容のレポートです。
さて、arcでの更新内容ですが、主に「Xperia ray SO-03C」「Xperia PLAY SO-01D」のレビューで掲載した内容がarcでも実現しました。

・画面のスクリーンショット機能

今回の更新で個人的に一番嬉しかったのがこの機能です。
電源ボタンを長押しすると「スクリーンショットを撮る」というメニューが現れます。

xperiaarc_096_30.jpg


撮影直後に画像を他のアプリとも共有出来る様になっているのも便利です。

xperiaarcss117_50.jpg


以前はスクリーンショットを実現する為に苦労しましたが、もうそんな悩みともおさらばです!
ただし、先程の「スクリーンショットを撮る」というメニューが表示している画面等、一部撮影出来ない箇所も存在します。


・ホームアプリ

標準のホームアプリの仕様が一部変わりました。

フォルダは格納しているアプリの先頭から4つ目までのアイコンを並べたものに。
これでフォルダ名以外でも、格納されているアプリを大体把握出来る様になりました。
その代わり"フォルダっぽさ"はなくなった感じがします。

アプリ一覧画面では、右下の"並べ替えアイコン"をタッチすると、削除可能なアプリにはアイコンに×印が付き、そこからアンインストールが可能になりました。

xperiaarcss103_50.jpg xperiaarcss104_50.jpg


・テーマ

「Xperia ray SO-03C」でも採用されていたテーマ機能。
用意された7種類のテーマを変更する事によって、設定画面や電話等の背景色を変えられます。
壁紙も同時に変わってしまいますが、こちらは好きに変更して構いません。

xperiaarcss105_50.jpg


xperiaarcss106_50.jpg xperiaarcss107_50.jpg


・アプリ追加

幾つかのアプリが追加されていました。
そのせいで更新後は10MB程容量が減っていました。
削除出来るものもありますので、使わない場合は消してしまいましょう。

xperiaarcss115_50.jpg


・POBox Touch 4.3

POBox Touchは4.3に。
一番の特徴はボイス入力でしょう。
テンキー画面左上のマイクアイコンをタッチして話すと変換候補が現れます。
ただし、こちらはGoogleの音声検索を利用しているものですから、ネットワークへの接続が必須になります。

xperiaarcss109_50.jpg xperiaarcss110_50.jpg


・テザリングへの対応

個人的にはまだ不必要な機能なのですが、待望されていた方は少なくないでしょうね。

xperiaarcss108_50.jpg


・エリアメールへの対応

大震災を経験し改めて天災の恐さを知った昨今では更に注目を集めているこの機能も追加されました。

xperiaarcss111_50.jpg xperiaarcss112_50.jpg


・「お気に入りと通話履歴」ウィジェットの追加

よく通話をする人へのダイヤルが簡単になったり、着信履歴の参照もしやすくなると思います。
ただ、"お気に入り"って名称はどうなんでしょうかね。気に入っていなくても電話をしなければならない相手もいると思いますし…。

xperiaarcss113_50.jpg


・Facebookとの親和性

元々Facebookアプリはプリインされていたのですが、更に親和性が高くなりました。

xperiaarcss114_50.jpg


ホーム画面では、アイコンを移動させるシーンでステータスバーがFacebookの共有エリアに代わります。
ここに入れると、そのアプリを共有した状態でFacebookの投稿画面が表示されます。
一部共有不可能なアプリがありますが、可能なものはウィジェットでも大丈夫です。

xperiaarc_097_30.jpg


・静止画撮影の16倍デジタルズーム機能追加

これにより6Mサイズ以上でもズームが可能になりました。
ズームはボリュームキーにて行います。
ただ、デジタルズームですので個人的には使用頻度は低いかも(汗)。

xperiaarc_098_30.jpg


・PlayStation Certified対応

初代プレステゲームが遊べる機能。
コンテンツ配信開始は12月上旬を予定しているとの事で、現時点ではアイコンは存在するもののアクセスは出来ませんでした。

xperiaarcss116_50.jpg



その他にはディスプレイのオン/オフにエフェクトが入りました。
これは動画で見て頂いた方が伝わるので撮影してみました。
更に、それだけだと短いので、他の機能も試してみました。

1.ディスプレイをオン/オフ。
2."テーマ"を変更する事で、設定画面等での背景色も変更可能。
3.カメラ起動直後、タッチ撮影をオンにしている場合は画面中央に一瞬"タッチ撮影可"のアイコン。
4.更に、カメラ撮影画面でのサムネイル参照は、画像アプリにて行う仕様に変更。
5.ホーム画面でアプリアイコンを上へドラッグしてFacebookで共有する画面が表示。
の順番になっています。




ただ、個人的にはrayみたいにもっとCRTディスプレイっぽくても良かったのにと思っています。




まだ細かな改善も多くあり、以上の様に内容盛りだくさんのアップデートとなっています。
全体的にはより使いやすくなった印象で満足しております。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment