1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

07 2011

「ドコモ2011-2012冬春モデル内覧会」へ行って来ました。

今月5日と6日はドコモの冬春モデルの新商品内覧会が大阪で開催されていました。

docomo_2011-12_winterspring_002.jpg


前回は大阪ビジネスパークの円形ホールで、ブログにも前編中編後編と3回に分けてレポートさせて頂きましたが、今回の内覧会の大阪会場は梅田にあるクリスタルホールでした。
自分も5日に行って来ました!

docomo_2011-12_winterspring_001.jpg


docomo_2011-12_winterspring_003.jpg
当日はあいにくの雨模様


docomo_2011-12_winterspring_004.jpg
地下に降りて受付へ


展示されている機種ですが、スマートフォンラウンジで先行展示されていたものは既にレビューをアップしておりますし、それ以外の端末についても個別でレビューをアップしようと考えております。
ですので、今回は会場内の雰囲気をレポートしたいと思います。

docomo_2011-12_winterspring_006.jpg
会場内の様子

docomo_2011-12_winterspring_005.jpg
会場マップ


入口を入ってすぐの所に、シリーズ別のラインナップ一覧が掲載されていました。

docomo_2011-12_winterspring_008.jpg


その横にはドコモからのメッセージが。

docomo_2011-12_winterspring_007.jpg


それでは会場に入って行きます。

先程のラインナップ一覧の裏側にはドコモのオリジナルサービスを紹介するブースがあり、「dメニュー」「dマーケット」を体験出来ました。

docomo_2011-12_winterspring_011.jpg


Xi(クロッシィ)をPRするブースも用意されていました。
実は、後述する「ARROWS X LTE(F-05D)」はメーカーブースよりもこっちの方が待たずに触れました。

docomo_2011-12_winterspring_012.jpg


会場奥のステージでは各メーカーのプレゼンテーションが組まれていました。

docomo_2011-12_winterspring_009.jpg


自分が到着した時には、国内メーカーの方々による「スマートフォンサミット」が行われており、多くの方が集まっていました。
翌6日には海外メーカーの方々によるサミットが行われていた様です。

docomo_2011-12_winterspring_010.jpg


パナソニックブースにてスヌーピーのぬいぐるみを発見。
「LUMIX Phone(P-02D)」での撮影用被写体みたいです。
フィーチャーフォンのP-03Dにもスヌーピーコンテンツが内蔵されていました。
ただ、これよく見るとウッドストックを踏んづけてませんかね(汗)。

docomo_2011-12_winterspring_020.jpg


「REGZA Phone(T-01D)」は富士通のブースに。
"NECカシオ"ブースとは違い、"東芝"の表記はありませんでした。

docomo_2011-12_winterspring_021.jpg


内覧会では、まだスマートフォンラウンジに展示されていない「ARROWS X LTE(F-05D)」や「GALAXY NEXUS(SC-04D)」等が体験出来た一方で、「MEDIAS LTE(N-04D)」はケースに入ったモックのみでした。
他にも「Q-pot. Phone(SH-04D)」「SH-05D」の展示は見当たりませんでした。

docomo_2011-12_winterspring_022.jpg


今回のMEDIASはG-SHOCK連携も搭載されているとの事でG-SHOCKも展示されていました。

docomo_2011-12_winterspring_023.jpg


各メーカーのブースですが、一番賑わっていたのはシャープでした。
「AQUOS PHONE(SH-01D)」と「AQUOS PHONE slider(SH-02D)」の注目度が高く、何台か展示されていたにも関わらず、人が途絶えませんでした。

機種ごとだとダントツで「ARROWS X LTE(F-05D)」。
まだスマートフォンラウンジにも展示されていないというのと、今回の冬春モデルの中でトップクラスのハイスペックモデルなので、注目度が非常に高く「お1人様5分以内で」という制約があっても常に3,4人は並んでいる状態でした。
同様の注意書きは「GALAXY NEXUS(SC-04D)」でもありましたが、こちらは緩急の差があって、タイミングさえ良ければかなりゆっくり触れました。

docomo_2011-12_winterspring_024.jpg


閑散としていたのは、BlackBerry、ソニー・エリクソン、LGのブース。
スマートフォンと言えばiPhoneかAndroidが主流の国内市場において、まだBlackBerryは知名度が低いのでしょう。展示されていた「BlackBerry Bold 9900」の出来は良さそうだったのですけどね。
ソニー・エリクソンは展示していたのが既に発売済みの「Xperia ray(SO-03C)」と「Xperia PLAY(SO-01D)」だけだったのが要因でしょうね。
LGはメーカーの知名度でしょうか。展示されていたのは「Optimus LTE(L-01D)」のみでしたが、なかなか良い機種だけにもっと注目して欲しかったです。

また、人数としては少なかったのですが、フィーチャーフォンを熱心に触られている方や説明員に積極的に質問されている方が印象的でした。
スマートフォンはスマートフォンラウンジに行けばありますが、フィーチャーフォンを先行して体験出来る場は少ないですからね。

会場の出口付近には各機種のパンフレットがまとめて置いていました。

docomo_2011-12_winterspring_013.jpg


その他にも、会場の外には様々なコーナーが設けられていました。

まずはケータイ充電コーナー。
スマートフォン用もフィーチャーフォン用も置いていました。

docomo_2011-12_winterspring_014.jpg


ファミリーコーナーではタブレット端末を使ったゲームを体験出来ます。
その横にはキッズゾーンとしておもちゃでも用意されていました。
スタッフの方がお子さんの相手をしてくれていましたので、子供連れの方でも安心な内覧会となっていました。

docomo_2011-12_winterspring_015.jpg


無料のドリンクコーナー。
イスとテーブルもあり、ゆっくり休める様になっていました。

docomo_2011-12_winterspring_016.jpg


こちらは自動販売機。
電子マネー「iD」で支払うと10円で購入出来るという出血大サービス。
内覧会のちょっとした名物ですが、iDのプロモーションとしては効果的で、これを期に入会される人やおサイフケータイでの自販機決済の仕方を学ばれる方が大勢いらっしゃいました。

docomo_2011-12_winterspring_017.jpg


前回には無かった「初心者向けスマートフォンセミナー」のコーナーが新設されていました。
ここにも多くの方が出席されていて、スマートフォンへの注目の高さを感じました。

docomo_2011-12_winterspring_018.jpg


最後に、今回の内覧会で頂いたノベルティ一覧。
前回はメモ帳やmicroUSB充電変換コードなんかがありましたが、今回はクリーニングクロスやボールペンが多かったです。
おそらく一番人気だったのは富士通のくーまんボールペン。
夕方前には無くなっていました。
東芝のキャラだったくーまんも富士通端末を通してドコモデビューしてから1年足らずでがっちりファンを獲得したみたいですね。

docomo_2011-12_winterspring_019.jpg


前回に引き続き、非常に有意義な時間を過ごせました。
スマートフォンラウンジもですが、こういった場を提供して頂けるのも個人的にはドコモへの満足度向上に繋がっております。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment