1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

02 2011

「P-01D」レビュー

スマートフォンラウンジ梅田にて先行展示中の冬春モデル簡易レビュー。
第6回目は「P-01D」です。

p01d_001.jpg

注:スマートフォンラウンジに展示されているのは試作機も含まれていますので、実際の製品とは異なる可能性がある事をご了承下さい。

端末上部には、左からイヤホン端子、microUSB端子、ワンセグアンテナが配置されています。
左サイドには電源ボタン。

p01d_005.jpg


で、そのワンセグアンテナを伸ばしてワンセグ視聴を試みたのですが、しばらく待っていても一向に開始しませんでした(汗)。
おそらく試作機だったからでしょう。

p01d_007.jpg


右サイドにはボリュームキー。
下部にある小さな穴は通話用のマイクです。

p01d_006.jpg


カラーは、昨今のスマートフォンには珍しく4色展開。
グリーン、マゼンタ、ホワイト、ターコイズがラインナップされています。

p01d_002.jpg


p01d_003.jpg


p01d_004.jpg


Androidバージョンは2.3.4。
内蔵ROM容量は約340MB。標準モデルだけにスペック的には弱めです。

p01d_008.jpg p01d_009.jpg


ロック解除画面はAndroid標準の"プレーンなやつ"でした。
ただし、P-07Cではオリジナルの画面を用意していましたし、F-12Cは過去にこの画面の展示機がありましたが後に変更された経緯がありますので、P-01Dも変更されるかもしれません。

p01d_010.jpg


ホームアプリは「docomo Palette UI」「ランチャー」に加え、P-07Cで採用されていた「フィットホーム」もあります。

p01d_011.jpg


フォントは2種類から選択可能でした。

p01d_012.jpg p01d_013.jpg


こちらはカメラで撮影した画像。
ちなみに、有効画素数500万画素です。

p01d_014.jpg
クリックで拡大表示します



- - - - -

今月10日に発売が決まったP-01D。
それに先立って明日3日から予約も開始されます。

最近のスマートフォンはペットネームを設けるのが主流ですが、P-07Cに続きP-01Dも型番だけです。

コンパクトでいて、4色から選べるポップな端末ですが、ソフトウェアの動作が不安定なのが残念でした。
試作機だからだと思うのですが、発売はもうすぐですし、どこまでチューンナップされているかが気になるところです。

さて、スマートフォンラウンジではこれまでレビューをしてきた6機種の他に「BlackBerry Bold 9900」「GALAXY Tab 7.0 Plus(SC-03D)」も展示されていましたが、冬春モデルレビューリレーはここで一旦終了して、これらについては後日改めてレポートをアップさせて頂く予定です。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment