1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

01 2011

「ARROWS Kiss(F-03D)」レビュー

スマートフォンラウンジ梅田にて先行展示中の冬春モデル簡易レビュー。
第5回目は「ARROWS Kiss(F-03D)」です。

f03d_001.jpg

注:スマートフォンラウンジに展示されているのは試作機も含まれていますので、実際の製品とは異なる可能性がある事をご了承下さい。

f03d_008.jpg


端末上部にはイヤホン端子、電源ボタン、ワンセグアンテナ。
この機種は防水端末なのでイヤホン端子にフタが設けられていますが、出来れば開け閉めしたくないのでここも防水だったら嬉しかったのですが、前回のREGZA PHONE(T-01D)同様にサイズの問題かもしれません。
右サイドにはボリュームキーがあります。

f03d_002.jpg


下部にはmicroUSB端子が、こちらもフタに収納されています。

f03d_003.jpg


背面の上にはフラッシュライト、カメラ、スピーカーが並んでいます。
そして、防水端末ですので卓上ホルダ用の充電端子が…ありませんね。
実は真ん中をよく見て頂くと「qi」と書かれたマークがあります。
これは「チー」と読み、ワイヤレス給電に関する規格を示します。
夏モデルの「AQUOS Phone f(SH-13C)」同様に「おくだけ充電」に対応しています。

f03d_005.jpg


カラー展開は、プレシャスホワイトとエレガントピンクの2色。

f03d_009.jpg


ピンクは見た目通り女性向け。
ではホワイトはどうかと言うと、どちらの色もフロント部のボタンがジュエリーカットされており、やはり女性向けな印象が強かったです。

f03d_004.jpg


この機種にはタッチペンが同梱されています。

f03d_006.jpg


f03d_007.jpg


更に、この機種にはPopteenとのコラボモデル「F-03D Girlds'」なる派生モデルも。

f03d_010.jpg


スペックは同等ですが、見た目が少し違います。
フロント部のボタンはホームボタンがリボンの形になっています。

f03d_011.jpg


インカメラ・アウトカメラ共にハート柄が。

f03d_012.jpg


Androidバージョンは2.3.5。
内蔵ROM容量は約300MB。これは結構少ないと思います。

f03d_020.jpg f03d_021.jpg


フォントは3種類から選択出来ました。

f03d_015.jpg f03d_016.jpg


上の2つはREGZA Phone(T-01D)にもありましたが、おそらく女性向けだから採用されたであろう「ハッピーN」というフォントも加わっていました。

f03d_017.jpg


ホームアプリはREGZA Phone(T-01D)同様に、「docomo Palette UI」「NX! comfort UI」「ランチャー」を収録。

f03d_014.jpg


「docomo Palette UI」のホームアプリに、「ハッピーN」のフォントを組み合わせるとかなりの女性仕様に仕上げる事が可能に。

f03d_013.jpg


「docomo Palette UI」にはきせかえの機能があり、ハート柄の他にも変更出来ます。

f03d_019.jpg


「NX! comfort UI」はREGZA Phone(T-01D)のレビューでも触れた通りで、「シーン」の設定も出来ます。
この機能は先程のきせかえ機能とは異なるもので、アイコン等の配置のパターンを幾つか記憶しておけるというものです。

f03d_018.jpg


こちらはカメラで撮影した画像。
ちなみに、有効画素数810万画素です。

f03d_022.jpg
クリックで拡大表示します


- - - - -

ご覧の通り「ARROWS Kiss(F-03D)」は女性がメインターゲットの機種。
かなり女性向けに作られている端末ですので、撮影するのが恥ずかしかったです(汗)。

スペックだけに頼らない、女性の為のオシャレな端末でした。
しかし、機能もある程度網羅されており、更におくだけ充電にも対応と、犠牲になっているものは少ないと思います。
内蔵ROMの少なさやCPUがデュアルコアでなかったりしますが、そういった点を重要視される方が少ないであろう女性向けという事で、良い割り切りと言えるかもしれません。

ソフトウェアはREGZA Phone(T-01D)と共通している箇所が多かったです。

現在先行展示されている冬春モデルの中では、このARROWS Kiss(F-03D)とP-01Dがコンパクトでした。

と言うわけで次回はP-01Dのレビューを掲載したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

ゆうさん  

教えて下さい

基本的な質問で申し訳ありませんが… メーカーが出してるスペックでは内臓ROM1G,RAM512MBとなってますが、プリインアプリなどでROM300Mまでに減ってるのでしょうか?
この機種のメモリーの少なさが気になってるもので… アプリはそんなにインストールしないとは思うのですが、写真はたくさん撮りたいです。SDカードで容量を増やせばカバーできますか?
とても詳しくわかりやすいレビューでした♪

2011/11/05 (Sat) 19:23 | EDIT | REPLY |   

ヒロナ  

コメントありがとうございます。
お褒めの言葉もありがとうございます。ブログを続ける励みになります。
内蔵ROM容量ですが、残りの約700MBはAndroidのOS等のこちら(ユーザー)が使用出来ないデータに使われています。
そして、300MBから削除不可のプリインアプリを引いた容量がこちらでアプリを入れられる容量となります。
なので300MBより少なくなってしまいます。
ちなみに、300MBだと自分のよく使うアプリだけを厳選する必要はあるかと思います。
しかし300MBクラスの端末は他にもありますので、全く使いものにならないというわけでもなさそうです。
メーカーサイト等では他の端末でも「内蔵ROM:1GB」と表記されていますが、知りたいのは"こっちの容量"なんですよね…。
なので自分のレビューではここをチェックする様にしています。
写真についてですが、先程の容量はアプリのインストールのみに使用するもので、画像や動画はmicroSDカードへ保存されます。
なので心配ご無用です。
ちなみに、一部ですがアプリの中でもSDカードへデータを移せるものもあります。

2011/11/05 (Sat) 21:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment