1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

02 2011

「ドコモ公衆無線LAN(Mzone)」が無料に!

10月1日よりドコモの公衆無線LANサービスの無料提供が開始されました。

docomo_006.jpg


ドコモは「Mzone」という名称で公衆無線LANサービスを展開しており、従来は315円の有料サービスなのですが、2013年3月31日までのキャンペーンとして無料で利用出来るようになりました。
Mzone提供エリアはホームページにて確認出来ます。

プロバイダはspモードやmopera U、ブラックベリーサービス等を利用されている方向けで、iモードは対象外です。

3G通信に比べ高速というメリットもありますが、一番の魅力は通信料がかからない点でしょう。
これを上手く活用すれば、月々の請求額を安く抑える事が出来るかもしれません。

申し込みはパソコン(My docomo)、ケータイ、電話、ドコモショップのいずれかで可能です。

無線LANの提供ですので、使用する端末は問われません。
つまり、例えばiPod touchを接続する事も可能です。
(注:ただし、二重ログインは出来ません。)

ドコモのスマートフォンをお持ちの方なら是非ともオススメしたいキャンペーン!…ではあるのですが、注意点もあります。
実際の利用方法も含めもう少し詳しく見ていきます。
申し込みをすると2つのIDとパスワードが発行されます。

1つは、各端末にWi-Fiネットワークを登録させる際に使用します。
もう1つはMzoneを利用する為のユーザーログインに使用するもの。

実際にXperia arcを例に見ていきます。
「Wi-Fi設定」の項目の一番下に「Wi-Fiネットワークを追加」という箇所があります。
そこを選択すると「ネットワークSSID」という項目がありますので、"docomo"と入力します。
「セキュリティ」は"WEP"を選択。
そして「パスワード」には申し込み時に発行されたものを入力します。

docomo_003.jpg


これで端末にアクセスポイントの情報を登録出来ました。

次はそのアクセスポイントへのログイン操作です。
Mzoneの提供エリアに居ると自動的にスキャンをして"docomo"に接続するはずです。
この状態でブラウザを立ち上げるとMzoneのログイン画面へジャンプします。しない場合は再読み込みをすれば接続すると思います。
ここで、発行されたユーザIDとパスワードを入力してログインし、接続完了の画面が出ると無線LANを利用出来るようになります。
ちなみにユーザIDとパスワードは30日間記録させる事も可能です。いちいち入力するのが面倒な場合は該当の箇所にチェックを入れておくと良いでしょう。

docomo_001.jpg docomo_002.jpg


このログイン操作はアクセスポイントが変わるたびに行う必要があります。
ある場所でログインをした後、同じMzoneサービスでも少し離れた別のエリアへ移動したらまたログインするのは結構手間なのが難点です。


しかし、スマートフォンには豊富なアプリがある事を忘れてはいけません。
他の場面でもそうですが、使い勝手が悪い箇所もアプリでカバー出来るケースは少なくありません。

現在自分が利用しているのは「Mzone Login」。
ユーザIDとパスワードを入力するのは一度だけ。上記の様に30日間という制約もありません。
エリア内でLANに接続されるとLOGIN/LOGOUTの箇所が赤くなり、操作が行える様になります。ブラウザを立ち上げて…よりかは手軽だと思います。

docomo_004.jpg docomo_005.jpg


もっと便利なアプリもあるのかもしれませんし、これから出てくるかもしれません。
是非とも便利なアプリを見つけてみて下さい。


そして冒頭で述べた通り、このキャンペーンには最大の注意点があります。
それは、無料で利用するためには「パケ・ホーダイ フラット」や「パケ・ホーダイ ダブル2」等の契約が必須となっている点です。
例えば同じパケット定額サービスでも、月390円から利用出来る「パケ・ホーダイ ダブル」なんかは対象外となります。
つまり「ある程度まとまったお金は払ってね」という事です。


現時点ではエリア数が少なかったり(今後増える予定だそうです)、エリアが狭い場所では移動しながらの利用には不向きだったり、パケット定額の適用条件があったりしますが、その点を考慮に入れた上で利用されてみてはいかがでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment