1丁目6番地7号

ARTICLE PAGE

12 2019

強力な手ブレ補正が魅力 「GoPro HERO7 Black」購入レビュー

2018年は一眼カメラ関連への出費を繰り返し自分にとって”カメラの年”だったわけですが、実はアクションカメラも購入しておりましたw

これまでビデオカメラの類は一切持っていないのですが旅先の思い出を動画で残したくなるかもと思い、手軽なアクションカメラを前々から検討していました。
その最有力候補が「GoPro」でした。

しかし手持ち撮影を考えると手ブレの問題があるので二の足を踏んでいたのですが、新モデル「HERO7 Black」はジンバルが不要なくらい強力な手ブレ補正を搭載しているということで飛び付いてしまいました(汗)

gopro_002.jpg
新搭載の手ブレ補正機能「HYPERSMOOTH」



今回は開封と外観を中心にレビューします。





まずは開封していきます。

gopro_001.jpg



保証書は箱の中に入っているわけではなく、挟み込まれていました。
というのも箱を開けるには破る必要があるので、店頭印を押した保証書は後から入れられないことをこの後知ることになりますw

gopro_003.jpg



箱を開けようと、最初は上部のプラスチック部分と下部の紙の部分を引っ張ったのですが取れそうな気配はなくネットで調べました(汗)
まず底面から破っていくんですね(汗)
ちょうどここにシールが貼っていたのもあって気付きませんでした。

gopro_004.jpg



本体の下にある白い箱にはその他付属品が収納されています。

gopro_005.jpg



裏側にはGoPro本体が収納されているフレームの取り外し方が描かれています。

gopro_006.jpg



付属品を確認していきます。

まずは取説類とステッカー。
Appleの影響でしょうか、海外メーカーはよく自社のステッカーを同梱しますね…。

gopro_007.jpg



さらにその下にはバッテリーとUSBケーブル、ベースマウントが入っていました。
ベースマウントは接着面が真っ直ぐなのと少し緩やかな2種類が用意されています。

gopro_008.jpg



そしてこちらがGoPro本体とフレーム。
GoPro本体には三脚穴などは一切なく、何かアクセサリーを使う際には基本このフレームが必要となります。

gopro_009.jpg



製品に付属しておらず必ず買わなければならないものがあります。
それが記録に使うmicroSDカード
自分はこちらを購入しました。

gopro_010.jpg






GoProを購入した際、ヨドバシでは「推奨されたSDカードでないと正常に作動しない可能性が…」と言われましたが、店頭で販売されているmicroSDは値段が高いです。
こちらはそれよりも大容量かつ安価。今日現在まで何度か動画/静止画を撮影していますが、今のところ問題も見受けられません。

gopro_011.jpg



バッテリーとmicroSDは底面から挿入します。

gopro_012.jpg



もう1点、同時に購入したものがあります。
こちらは必須ではありませんが、保護フィルムです。

写真には「HERO7 Black」の名称はありませんが、互換性ありとのことでこちらは店頭でGoProと一緒に買いました。

gopro_013.jpg






レンズと背面のタッチスクリーンに加え、前面のステータススクリーンも保護できるものを選びました。

gopro_014.jpg



貼り付けてみると、ステータススクリーンのフィルムが小さめなのが残念…
他はジャストサイズなんですけどね。

gopro_015.jpg



下準備を終えたのでGoPro本体を簡単ながらチェックしていきます。

本体上部にはシャッターボタンとその横に小さなマイクの穴があります。
また、サイド部分に”BLACK 7”の文字があるので最新モデルというのが確認できますw

gopro_016.jpg



サイドのカバーを開けるとmicroHDMIとUSBーC端子が並んでいます。
GoPro自体は防水ですが、当然このカバーを開けるとその機能は失われる点は要注意です。

gopro_017.jpg



反対側のサイド部に電源ボタンがあります。
長押しで電源オン/オフの他に、起動時には静止画/動画のモード切り替えのスイッチも兼ねています

gopro_018.jpg



では電源を入れます。
まずは初期設定。言語を選ぶところから始まります。

gopro_019.jpg



途中、GoProアプリの案内もあります。
アプリを使えばスマートフォンでリアルタイムなプレビューや操作が可能となります。

gopro_020.jpg



そしてこちらがGoProの基本的な画面。
設定やプレビューなど全てタッチ操作で可能ですが、レスポンスはそれほど機敏ではないです…。
静止画/動画の切り替えは先述の電源ボタン以外に、画面を左右にスライドでも可能です。

gopro_021.jpg



ステータススクリーンには撮影モードやSDカードとバッテリーの残量が確認できるようになっています。
縦位置撮影の時はこの部分も縦に表示されました。

gopro_022.jpg



ー ー ー ー ー

以上、GoProを使い始めるところまでをお送りしました。
この小さな筐体で4K撮影ができてしまうんですから改めて驚きです。

gopro_023.jpg



HERO7は「Black」「Silver」「White」3バージョン販売されていますが、断然この手ブレ補正を搭載した「Black」がオススメです。

「Silver」「White」は手ブレ補正がないのに加え、バッテリーが着脱できないのも個人的にマイナス要素。
色の好みがあるかもしれませんが、値段重視の方は「Silver」「White」よりも前モデルを手に入れるのが良いかもしれません


肝心の手ブレ補正撮影の映像は後日別のレビューで触ようと思っていますが、その前に次回は後日買い足したアクセサリをご紹介させていただく予定です。
関連記事
スポンサーサイト



GoPro レビュー

0 Comments

Leave a comment